プラスバンク(PlusBank)は投資詐欺(ポンジスキーム)なの?

無料オファー
山中武
山中武

山中武(@tyblogty)です。

ありえない利率を掲げた怪しい投資案件を目にすることも少なくありませんが、これまでそんな案件により沢山の人が資産を失ってきました。(私はPGA投資に騙されました)

今回紹介するプラスバンクは海外の金融庁の免許がある等といいながら、1日1万円が手に入るとする投資案件です。(1日1万円を稼ぐのであれば在宅ワーク「DEH」ですね)

LPを少し見ただけでも不審な点が目に付くのですが、名前に『バンク』と付いているだけに信用してしまう方もいるのではないでしょうか。

そこでここではプラスバンクの実態や問題点などについて検証していきたいと思います。

弊サイトの人気副業(順位不問)

  • トライアングル:1年間で5000万円を稼げました
  • POBL:5000円→8万円にする投資術
  • DEH:在宅副業で固定報酬2万円
  • RIB:初月137,912円→1年後1,623,717円を稼げました

山中武の厳選するネット副業で月100万円を稼ぐためのガチ教材40選

【無料レポート配布中】山中武の副業で月30万円稼ぐための戦略

プラスバンクとは

まずプラスバンクがどういった案件なのか、LPからわかる概要をまとめておきましょう。

一番強調されている点はプラスバンクに5万円預けると1日1万円の配当があるとされている点ですね。(1日1万円以上を稼ぐのであればDEHも推しですが、無在庫転売で稼ぐHIRPも推し。)

5万円で1日1万円だと1日で20%もの利益が出ることになります。プラスバンク自ら日本の銀行の7,300,000倍の利率といっていますが、これは正直逆にプラスバンクの怪しさを強調してしまっています。(投資で稼ぐのであればゼファーOMBですね。1日40万円以上のプラス)

日本の銀行の年利は0.001%、消費者金融の利息でも年20%以下です。投資の場合は年に10%の利益が出れば上々だとされています。こう考えると5万円から1日1万円などというプラスバンクの主張はほとんど絵空事であることがわかるでしょう。

プラスバンクの怪しさ

プラスバンクは稼げる投資案件であることに真実味を持たせるためかこんな主張をしていますね。

・プラスバンクは世界2位のネオバンク
・FINMA(スイス金融市場調査局)から金融ライセンスを得ている
・世界有数企業4社がプラスバンクに関わっている

ネオバンクは新しい銀行のような意味があり、銀行免許を持たないにもかかわらず既存の銀行と提携して金融サービスを行う業者のことを指します。そのサービスはネット上で提供される特徴があります。

アメリカでは既にネオバンクが浸透してきていますし、日本でも住信SBIネット銀行がネオバンクのサービスを始めたことで注目が集まっていますね。

ただ世界2位のネオバンクといわれても、どれだけ探してもプラスバンクなんて会社どこにも出てきません。このLP上でしか見られないので本当に実在しているのか怪しいところです。

FINMAのライセンスを保持しているかどうかは簡単に確認できるものではないので何とも言いませんが、ネット上に全く情報が出てこない会社がFINMAのライセンスを本当に所持しているかどうかは正直本当に怪しいです。

仮にFINMAのライセンスを持っていたとしても、日本で金融業を行うには日本の金融庁の許可がいりますがプラスバンクはこの許可を持っていないようですね。

世界有数企業4社との関係の件も、提携している会社名をはっきり言ってもらわないと判断のしようがありません。

極めつけがプラスバンクに参加するにはLINE登録が必要との点です。

FINMAのライセンスを持つようなまともな業者は投資の参加者を募るのにLINEを窓口にはしません。LINEを窓口と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、怪しい副業や情報商材を提供する業者です。

プラスバンクはLPで何の証拠も示さないままであまりにも大きなことを言い過ぎです。この情報で信用してしまう方もいるかもしれませんが、こういった案件を見慣れていると一目で怪しいとわかってしまいます。

プラスバンクの実態

プラスバンクをLINE登録すると、プラスバンクについて解説する動画を見られるようになります。

その内容がLPに輪に掛けて酷いです。

・プラスバンクは集めた資金をアービトラージで運用(ブックメーカーで稼ぐのであればBMMP
・プラスバンクに口座を開設すると最大1億円のキャッシュバック
・プラスバンクを他の人に紹介すると配当の金利が上がる

この時点でプラスバンクに関わらない方がいいことはわかりますが、念のためそれぞれの項目について詳しく見ておきましょう。

プラスバンクの投資モデルは現実離れ

プラスバンクが会員に高額な配当を支払える仕組みは、集めた資金をアービトラージで運用するからとのことです。あらゆる種類の市場でアービトラージを行うなどと言っていますが、世界中に無数にある市場の取引価格を把握する必要があるので物凄い労力が必要になります。

仮想通貨だけのアービトラージでもツールなどの力を借りてやっと多数の取引所の値段をチェックできるのに、投資における全ての取引項目でアービトラージをするなんて、現実離れした話しでとてもじゃないですが信用できません。

しかも取引所の差額は年々なくなってきていますし、あっても少額なので大金を得るには向いていない手法ですからね。

また1億円キャッシュバックに至っては、誰が好き好んで口座を開設しただけの理由でこんな額をプレゼントするというんでしょう。

絶対元本割れしないとしていることも含めて、主張に明らかに無理があります。

プラスバンクは過去の悪質な投資案件に酷似

そしてやはりというかやっぱり出てきましたね、マルチ商法に関する話が。会員が新しい会員を獲得すると何らかの利益があるのはマルチ商法の手法ですが、投資案件にマルチ商法を絡めた悪質な案件はこれまでいくつもありました。(ジュビリーエース、ジェンコの玉井暁氏は逮捕されました。)


マルチ商法は違法ではないものの、稼げる人は上層部のほんの一握りで一生懸命取り組んでも全く稼げない人が後を絶たない要注意のビジネスです。勧誘活動の中で友達や家族の信頼も失います。(>>MLMで稼ぐスターモバイル

そもそもFINMAのライセンスを持つネオバンクなるものが、わざわざマルチ商法を展開しているなんて考えにくいですよね。

過去のこういった案件の殆どはポンジスキームで、実際は投資なんて全くされていません。

後から入った人の資金を先に始めていた人に分配し、運営はお金が回らなくなった時点でためておいた資金を持ち逃げします。

こうなると支払った費用や預け入れた資金が帰ってくる可能性はほぼ0。これまでこういった案件に参加したがために何十万円、何百万円と失った人が沢山います。(ガチ投資で稼ぐのであればビットコインFX

投資案件プラスマルチ商法の組み合わせに出会ったら十分に注意するようにしたいです。

プラスバンクは超高額案件

いくつか配信される動画を見て最終的にわかるのは、プラスバンクが超高額の有料案件であることです。

・20万円支払いプラスバンク特別口座を開設しないと始められない
・+CASHなる別の案件も登場

なんと口座を開設するだけでまず20万円必要なんですよね。しかも会員に口座を開設させた後に、なぜか別の投資案件の紹介まであります。こちらの案件も有料案件とみてまず間違いないでしょう。

もし本当にプラスバンクに参加して1日1万円の配当があるなら、20万円なんて1ヶ月もかからずペイできてしまうと思うかもしれません。

ただ先ほども触れたようにLPや動画の内容を見るととてもじゃないですがまともに稼げる案件とは思えませんし、ポンジスキームの可能性もぬぐい切れません。

最初に口座開設費用と投資資金の計25万円を預けることにはリスクしか感じません。

実際既にプラスバンクに参加した人の口コミがネット上に上がっていて、『1日1万円なんて稼げない』『クーリングオフで返金を求めたがなかなかお金が帰ってこない』など参加者の不安な声が聞こえてきます。

プラスバンクのように元々の内容が怪しい投資案件でこういった口コミが出始めると、いよいよ参加は勧められません。

稼げないどころか資金を失う可能性もあるのでくれぐれも注意してください。

プラスバンクの運営は過去に別の情報商材を売っていた

プラスバンクの特商法に基づく記載を見てみると気になる事実が浮かび上がってきました。

運営会社の名前が株式会社Rice Childで東京都港区にあることがわかります。

この特商法に基づく記載は投資を行う会社とは思えないほど内容が薄く、この時点で不信感が募ります。

ただプラスバンクは世界第2位のネオバンクと言っておきながら、プラスバンクが一つの会社ですらないことに驚愕です。会社名を検索しても詳細が出てこないような小さな合同会社が運営している1つの投資案件でしかないことになります。

しかも合同会社Rice Childには過去にいくつも商材や副業案件をリリースしています。THE FLASH(ザ・フラッシュ)やSAVIOR(セイバー)それにフォースエリア(FA)なのですが、どれも稼げる可能性が低い悪質な案件ばかりです。

こんな業者がネオバンクなどというたいそうな言葉を掲げて、スイス金融市場調査局との関係までちらつかせて投資案件を展開している事実は個人的に本当に怖いです。

特商法に基づく記載を見ただけでプラスバンクの運営はネオバンクでも何でもないただの情報商材屋さんだとわかるので、間違っても参加しないようにしたいですね。

まとめ

プラスバンクはLPでも動画でも、少しでも投資について知識がある人から見るとありえないような利益やビジネスモデルが並んでいます。

銀行免許があるわけでなく金融機関と提携している証拠もない情報商材業者が運営しているにもかかわらず、ネオバンクなどと名乗り銀行業を思わせる表現が随所に散りばめられている時点で相当悪質と言えるでしょう。

実現がほぼ不可能なアービトラージの話が出てマルチ商法で運営されるとのことで、ポンジスキームの疑いもあります。

口コミも悪い内容ばかりなのでくれぐれも関わらないようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました