バナナデスク(岡田崇司)さんは詐欺師ではありません。悪評判の理由は?副業 TMC YTM

情報商材

※弊記事は過去記事のリライトになります

山中武
山中武

山中武です。まずは本題に入る前の前座です。興味のない人は読み飛ばしてくださいね!

最近、ガンガン成果報告の上がってる川合翔太さんのX-Game。私のコンサル生の中でも、チラホラと月収10万円を突破してる人も増えてきました。

X-Gameのビジネススキームは自分の頑張りや、やり方次第で、本当に月100万円以上を稼げます。そのため、現在私も実践してます。ただ、私の中では「月20万円程度を楽して稼げればいいや…」このような感じで実践をしてます。

現在、X-Gameを実践されてるコンサル生Aさんは、たった1ヵ月間で31万8000円を稼ぐことに成功されました。正直、この成果は偶発的な要素もありますが、立派ですね。まじで稼ぐ人は何をやっても稼ぐ(その反対で何本情報商材を買ってもダメな人はダメですね)

(また、Aさんはインサイダービジネス(転売)やOMB(バイナリーオプション)も開始。早くも成果を出されてます)

また、Aさんは1ヶ月間で30万円を稼いだだけでは満足してなく、今から半年以内にX-Gameで月100万円以上の報酬を稼ぐ…と自信満々でした。立派なモチベーションですね。

Aさんはアドセンスアフィリエイトの挫折組。アドセンスは赤字で終わり…挫折した…と嘆かれてました(アドセンス教材は戸井邦男さんのプライドと草薙悠さんのFAAPと言ってました)

ただ、この経験は無駄にはならなくて、X-Gameのノウハウと過去の経験値を組み合わせることで、短期間に稼ぐことに成功してます。

私がこの冒頭文で言いたいことは、失敗を恐れて、何もしない人はおります。この気持ちは私もわかります。しかし、何もしなければ、失敗はしないかもしれませんが、成功もしません(キッパリ)

Aさんはアドセンスでは失敗しましたが、X-Gameや転売、投資では成功されてます。情報商材代金は簡単に回収しました。

最近は大手企業であっても不況になれば簡単に正社員を解雇します。ましてや派遣社員などの扱いは適当です。

40代・50代でリストラされた人が早く再就職するためにやるべきこと
40代50代でリストラされる…これは、決して他人事ではありません。これを見ている人の中には、実際にリストラを経験して再就職活動を行っている人も多いでしょう。 年齢的に再就職が難しいというのもありますが、現在の40代以上で長年同じ会社に...

そのため、本業の収入以外に50万円でもあれば、急に解雇されても、「あ、別に…」で終わりになりますよね(笑)そのため、私は1時間でも良いので副業でネットビジネスをやることを推してます。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

岡田崇司(バナナデスク)さんは詐欺師ではありません

岡田崇司(バナナデスク)さんは、ブログで稼ぐ「下克上」「オートウェブオートパイロットアフィリエイト」やYouTubeで稼ぐ「YTM」などでの情報商材を販売してて有名ですね。

(現在、これらの情報商材を購入しても意味はありません。ネット上には、これら以上の情報が無料で数多くあります。また、最近の傾向としては、アフィリで稼ぐのであればJMSは人気あります。私も実践中)

ネット上でバナナデスクさんのことを調べると「岡田崇司 詐欺」「バナナデスク 詐欺」…このような感じで叩かれまくってます(汗)

しかし、私はバナナデスクさんのことを「詐欺師」の範疇だと感じたことはありません。正直、情報販売者の90%以上は詐欺師だと思いますが、彼は残りの10%になります。

事実、下克上はバージョンアップを繰り返しながら、都合1万本以上を販売してます。ネットの世界では悪い噂は簡単に広まる。そのため、ダメな詐欺商材商材が1万本も売れるとは考えにくいです。

~補足~
バナナデスクさんと仲良しである田窪洋士さんが、以前、蝶乃舞(高嶋美里)さんと販売した高額塾「黒蝶塾」「ブラックバタフライ」は炎上しまくってます。尋常ではない数の塾生を集めて、誰も稼ぐことができなかった有名なダメ商材ですね。
~~~

しかし、価格と内容がアンマッチしてる「クロネコ屋の初心者向けアフィリエイト講座@副業で月3万円コース」は1万本以上売れてる。中にはこのようなケースもあります(苦笑)

とにかく、あの内容の情報商材を9000円で販売するのは「鬼」でしかありません(現在は「必ず売れるコンテンツの作り方大全」という1本15万円もする高額商材へシフトされてます。)

~補足~
ただ、私がクロネコ屋さん(イケハヤさんやバンコクマナブさん、キメラゴンさん)から学ぶことは「信者ビジネス」の構築方法になります。

(1)ツイッターで情報弱者層を集める
(2)日々尋常ではない数のツイートでこの方々を洗脳する
(3)高額な情報商材を売込む
(ダメな情報商材であっても苦情はありません。イケハヤさんのYouTube商材は5万円ですよ)

信者ビジネスのメリットは宗教などで原価1000円ほどの壺を100万円で信者の方々は購入しても「ありがたや~」と逆に喜んでますもんね。
~~~

岡田崇司(バナナデスク)さんが叩かれる理由

下克上などのフロント商材の出来は、価格相応だったとしても、高額なバックエンド商材の価格が内容と不釣り合い。これが原因で詐欺師と揶揄される原因になってます。

私は実際にバナナデスクさんの高額なバックエンド商品を購入した経験がありません。そのため、私には、高額バックエンド商品の良し悪しはわかりませんが、この高額商品が問題になってる感じは隠せません。

情報商材に100万円を払えば確実に稼げると幻想し勝ちです。でも、実際は稼げる人もいれば稼げない人がいます。(正直なところ、情報商材の代金と稼げる金額は比例はしません)

そこで稼げなかった人は「100万円も払ったのに…稼げないじゃないか…」となりますよね。その方々はアンチになって、怒りをネット上でぶちまける。そして、悪評が拡散されてるようですね。

所詮は情報販売者である

バナナデスクさんだけの問題ではなく、情報販売者の基本スタンスは自分が大金を掴むために、情報商材を販売してる。

そのため数千~数万円の情報商材を販売して、売上を立てるのもありですが、それだけでは小銭を稼いで終わりになります。

情報業界では有名なキャッチザウェブ(松井宏晃)さんも、基本的にはその流れですよね。まずは数千円の情報商材を販売して、リスト(顧客情報)を集める。その後、メルマガで上手に誘導をして高額商材を売込んでますよね。メルマガ塾、LINE塾、アド塾等、彼らも稼ぐためには売り込みに必死ですよね。

(私はAMCOMCでやられました)

そのため数十万円~100万単位の高額商材を販売する流れになります。業者によって、フロント商材を売ることで経費を回収して、バックエンド商品を販売することで初めて「利益」を出してるとこは多いです。

まとめ

私は過去バナナデスクさんの情報商材を購入したことがありますが、彼の販売してる情報商材はネットビジネス初心者向け。

(追記として、ハイブリッド式アダルトアフィリエイト「Wインパクト」は初心者には人気あります)

そのためブログなどで5万10万円を稼いでる人が購入をしても、参考になる部分は少なく、「購入をして失敗だった…」となるケースがあります。この点も詐欺師扱いされる点ですね…

また、昔々に販売した下克上やYTMなどは良かったです。しかし、最近のmoveさんは情報商材にするネタに困って、机上の空論のビジネススキームを無理矢理情報商材にしてる感じです。

そのため、このようなことをやり始めると「自分ブランド」の価値が下がるので、今後の販売に影響するのは事実です。

タイトルとURLをコピーしました