ともさん(丹波智則)のレバリエイトの評判は?詐欺ではありません!アフィリエイトディスカバリー

高額塾

山中武です(ツイッター:@tyblogty)。まずは本題に入る前に…
(興味のない人は読み飛ばしてくださいね!)

最近、イケイケドンドンのNRL。たった1ヵ月間ほどで10万円以上の利益を出された方の数は尋常ではありません。NRLの凄さは即金で稼げる点だけではなく、実践者全員、作業をすることなく稼げる点です。

=====

私はツイッターでもよく言及をしておりますが、記事を執筆する上で尋常ではなく大事なこと。それは、「ペルソナ」をガツンを設定して執筆することです。

ペルソナを設定してませんと、ぼんやりした文章になるので、誰の心にも響かなくなります。

しかし、「27歳・男子・若はげ・30才までに・結婚希望」このような感じで設定をすると、大多数の人間の心には刺さり難い文章にはなりますが、一人にはガツンと刺さる。そのため、ペルソナ無しのぼんやりした文章を書くよりメリットはあります。

記事に感銘をした人がいないと、

・精読率は下がるため、商品やサービスは成約しません
(ブログをやってるのは趣味ではなくお金儲けですよね)

・記事からの離脱率が低いとグーグルからの評価は下がります
(ツイッター集客を軸にしてる人であればともかく、検索エンジン集客の人はGoogleに評価を下げられるとオワコンになります)

ペルソナを設定して記事を書けば、自分の希望する属性の方々が集め易い傾向にあります。

でも、ペルソナを設定しないまま、記事を淡々と書くことは、本来自分の望む属性の方々集め難いです。

ただ、とりあえずPVは増えるため、アドセンスなどのクリック課金広告を貼っておけば、多少は金になるかもですが、私個人の意見としては、デメリットのほうがデカイです。

=====
また、ここで大事になることは「ペルソナ」と「ターゲット」の違いです。一見、同じように見ますが、ペルソナは一人ですが、ターゲットは複数人を意味します。

ですので、基本戦略としては、ペルソナは一人に絞る。しかし、ターゲットはあまり絞りません。

その理由は「20代の男子」をターゲットに絞ると、「20代の女子」や「30代以降の男子」を除外することになりますよね。

ですので、ターゲットをガチガチで決めると、範囲があまりにも狭くなるため、注意は必要ですね。

ただ、前述したような「27歳・男子・若はげ・30才までに・結婚希望」をペルソナにして記事を書いた場合、具体的な数字を出すと範囲は集客範囲は狭くなります。

ただ、私がこのようなことを書くと、ペルソナの基本は一人に向けて発信するのですし、「記事を読んだ人はその人しか刺さらんでしょ…」と思うかもしれません。しかし、実際は同じような悩み、同じような考えを持ってる人が案外集まります。

先の例では「27歳」や「30才」という数字をペルソナに設定してますが、この属性に酷似した人は集まります。

なので、記事を書く上での戦略はペルソナは決めるが、ターゲットをあまり絞らないこと。まずは全員に向けたぼんやりした記事はやめましょう。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

レバリエイトの概要

レバリエイトはメールを使ったネットビジネスのノウハウを教えてくれる商材で、「ともさん」(丹波智則氏)という元アフィリエイターによって提供されています。

現在は情報販売者側になり、LINEで稼ぐLMC等の高額塾をキャッチザウェブさんと組まれて運営されてます。

~~~
私は過去、キャッチザウェブさんのAMCOMCに在籍をした経験がありますが、サポートの質は最低。キャッチザウェブさんは全うな情報販売者だと思いますが、「今後彼らの情報は絶対に買わんへん」と私は胸に誓ってます。まじ。
~~~

過去に何回か期間限定で募集されていて人気のようなのですが、果たして一体どんな商材なのでしょうか。

この商材自体は「無料」なんですが無料で一体どれくらいのノウハウを教えてもらえるのかも気になります。

ここではレバリエイトについて、どんな商材なのかや評判はどうなのかを見ていきながら、このサイト独自の評価を紹介していきます。

=====

最初のところでもいったようにレバリエイトはメルマガを使ったネットビジネスのノウハウです。

ネットビジネスというとブログを使ったアフィリエイトが思い浮かぶと思います。ただ不特定多数に公開しているブログで商品を紹介するより、興味がある人だけが登録してくれるメルマガで商品を詳しく紹介する方が成約率が上がるというのがレバリエイトの考え方になります。

既にブログやYouTubeでアフィリエイトをしている方達に、「メールマガジンも取り入れたらもっと収益が上がる可能性がありますよ」というスキームになります。

注目なのはレバリエイトへには無料で参加できるところでしょう。アフィリエイトのノウハウを紹介する商材は大抵有料商材で、無料というのは珍しいですよね。

~~~
みのごり(奥村明久氏)のシステムアフィリエイトプロジェクトも同じですが、この無料部分でめちゃ学べます。その理由はメルマガで稼ぐのは、そこまで難しくはありません。
~~~

レバリエイトの内容は4回の動画教材です。レバリエイトに申し込むとメルマガで計4回の動画が送られてきます。

内容をまとめると…

1回目:レバリエイトの戦略
2回目:ファンを増やし売り上げを伸ばすレバリエイトマップの使い方
3回目:レバリエイトの実践方法
4回目:有料のメールマーケティングマスター講座の紹介

になります。

最初の動画4回は無料でも「ともさん」のメルマガアフィリエイトのノウハウを全て知りたい場合は有料講座に申し込む必要があるようですね。しかもこの講座は298,000円と結構高額です。

(個人的にはメルマガ塾に30万円を払う価値はないと思う。大変なのはリスト集めだけだと思う。補足として、私のコンサル生さんはオロチでリスト集めをしてる人もおります。)

レバリエイトを独自で評価

ここで「結局有料なんじゃないか!」と思った方は少し待ってください。高額塾への勧誘があるとはいえレバリエイトはメルマガビジネスをしたいと考えている方にとって決して悪い商材ではありません。

レバリエイト自体は参加する価値あり

ともさんのレバリエイトで届く動画にはメールマガジンでのネットビジネスを考えている方にとってためになる情報がたくさんつまっています。

決してこういった商材にありがちな「動画の最後に何かを買わせるための誘導や勧誘だけを目的にした動画」ではありません。

無料だけあって動画配信は4回だけですが、メールマガジンでアフィリエイトを始めるための心構えや大まかな戦略などはちゃんと知ることができます。

レバリエイトは期間限定で申込者を募っていますが、過去の募集でもたくさんの参加者を集め評判も上々です。

なんといっても無料ですからね。運よく募集期間にこの商材を見つけたら参加しておく価値はあると言えるでしょう。

レバリエイトで紹介される高額塾はどうする?

レバリエイトの最後の動画で紹介されるメールマーケティングマスター講座(MMC)ですが、こちらにも参加した方がいいのでしょうか。

これに関しては人それぞれです。しつこく勧誘されるわけでもないので動画を見終わってからじっくり考えて判断してみてください。(個人的には、そのような金があるのであれば、リアルエステートネットビジネスを推します)

ともさんはブログでのアフィリエイトである程度の成果を出してから、自分でメルマガアフィリエイトのノウハウを築いていった方ですからね。

メールマーケティングマスター講座ではメルマガを使ったビジネスのノウハウが語られているだけでなく、ともさんが実際に配信したメルマガやマインドプランナーも配布されるというかなり充実の内容になっています。

ノウハウも決して詐欺まがいやルール違反を良しとするものではなく、読者にとってためになる情報を提供しながら収入を出していくという至極真っ当な内容です。こういう王道のノウハウは稼げるようになるまでの準備は大変ですが、一度システムを構築すると持続的に安定して稼げる可能性が高いんですよね。

値段は298,000円で高いですが、塾商材の中では飛びぬけて高額というわけでもありません。

ただともさんのメルマガビジネスは、ブログやYouTubeなどのアフィリエイトコンテンツを持っている方向きです。これから初めてアフィリエイトをに取り組むという方は、先にブログなどのコンテンツを作ってからこのともさんの講座に参加した方がいいでしょう。

あくまで「メールでのビジネス」で「現在のアフィリエイト収入を増やしたい」と考えている方向けの講座といえます。

レバリエイトに関するまとめ

このようにレバリエイトやそこで紹介されるメールマーケティングマスター講座はかなり真っ当な商材です。

レバリエイトは無料なので気になる方はとりあえず登録して動画を見てみてくださいね。

メールマーケティングについて概要を知ったりや、自分で再現できそうかどうか判断する材料になります。

講座については自分のネットビジネスにメルマガの力が必要かどうかをしっかり見極めたうえで参加するかどうか決めましょう。

ともさんの人柄やノウハウはネット上でもいい評判が多いです。講座自体は確かに高額ですが、ブログアフィリエイトに加えてメールアフィリエイトも始めてみようと考えている方にとってはしっかり役立つ内容と構成になっていますよ。

タイトルとURLをコピーしました