副業サイト「スマクエ」(スマートクェスチョン)で送金は無理?詐欺案件だったの?中島聡

無料オファー
山中武
山中武

山中武です。まずは本題に入る前の前座です。興味のない人は読み飛ばしてくださいね!

ブログでも転売でも稼ぐ上で重要なことはインプットになります。このインプットに注力するがあまりアウトプットが疎かになってる人は多め。

ちょっと極端な事例かもしれませんが、インプットとアウトプットの比率は1:9(0.5:9.5)程度でOK。これ以上の比率でインプットをしてる人は、まじで時間の無駄。

山中武
山中武

インプットの時間を増やしても報酬は伸びません。

私がコンサルをする中で、インプットとアプトプットの比率が逆転してる人はめちゃめちゃ多め。

仮にです…あなたが日本一優秀と言われる情報商材を購入。そして、スキームをガツンと習得しても、アウトプット(作業)に移行しないことには稼げることはありませんよね。

ダイエットとネットビジネスと比較するのは変かもしれませんが、事実として、痩せるのは簡単。
「摂取カロリー<消費カロリー」の図式になればOKですよね。

また、これはよくある話ですが、インプット(学習)をしてると「私はめちゃ頑張ってるやん」という気持ちになります。しかし、「稼ぐ」という意味においてはインプットは何も貢献はしておりません。

私はツイッターなどでよく言及をしてますが、ネットビジネスで稼ぐのと、学校や会社のテストで良い成績を取るのでは話は違います。ネットビジネスはガチの自営業である以上、お金を稼げて、始めて立派だね…凄いね…となります。

もし成果が0円であれば、実際は作業をしてないのと同じ。(ただ、経験値はアップします)

そのためインプットばかりに注力してアウトプットが疎かになってるようでは話になりません。

また、事実として、情報商材を買ってインプットしてる人より、情報販売してる人の方が金持ちですし(笑)、ビジネスYoutubeでインプットしてる人より、動画をアップしてる人の方が金持ちです(笑)←めちゃ重要

ですので、インプットするという行為は稼ぐための下準備をする点では尋常ではなく重要です。でも、成果を出すためにはインプットの10倍アウトプットをすることは必須になります。(尋常ではなく簡単に成果を出せるのはOBMNRLになります)

また、ビジネスと学校等のテストの大きな違いですが、テストに出る解答は「どれも同じ」。その回答は決まってます。しかしネットビジネスもリアルビジネス等は、各人の才能や進む方向によって、その解答は違います。

ビジネスで成功するのに、どれも同じ解答はありません。

ですので、ある程度インプットしたら、走りながら実践をする。失敗をしたら、その失敗を糧に修正するのです。

なので、これはよく言われててることですが、稼いでる人は、あなたが遊んでる時に作業をする。寝てる時にも作業をしてます。

山中武
山中武

私は週80時間以上作業してます。

私はインプットは無駄とは言いませんが、インプットに時間と費やすのは無駄も無駄。知識はしょせんは知識なため、1秒でも早く稼ぐためにもアウトプットに時間を費やしましょう。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

スマクエの概要

一見普通のアンケートサイトのように見えるスマクエ。高額アンケートもあり注目を集めているようですが、ネット上の口コミでは非常に辛辣な評価が目立ちます。

一体この商材にはどんな問題点があるのか調査してみました。最初に言ってしまうのも何なのですが、こういった商材の中でも特に注意が必要な案件なので本気で気を付けてくださいね。

=====

まずはスマクエとは一体どんな商材なのかまとめていくことにしましょう。

スマクエ(Smart Question・スマートクエスチョン)はアンケートに答えるとポイントが貯まり、そのポイントを現金で振り込んでくれるというサイトです。

ただし、まじで稼げるポイントサイトもあります。事実として10万円以上稼ぐ人は多数おります。

関連記事:ポイントサイトで誰でも簡単に月5万円稼ぐ!ノーリスクで100%稼げる

こういったアンケートサイトは今人気なので、安全な商材に思えてしまう可能性は高いでしょうね。

ただ一般的なアンケートサイトとスマクエの違いはアンケートの単価でしょう。一般的なアンケートサイトだとアンケート1件の単価は数十円かせいぜい数百円と言ったところです。

一方スマクエのアンケートは相場をはるかに超える報酬額で、なんでも「1日で10万円稼ぐこともできる」というのがうたい文句になっているようなんですよね。

実際サイト上で数百万円分のポイントを稼いでいる会員さんも珍しくなかったりします。

一般的なアンケートサイトでも例えばターゲットが絞られた付加価値の高いアンケートやモニターとして会場に集るような案件だと確かに単価が高いこともあります。

でもスマクエのアンケートって本当にどうでもいいような内容ばかりで、とてもじゃないけど情報の価値と報酬額が釣り合ってないんです。

アンケートサイトは通常色々な企業から「この情報を集めてね」と依頼されてアンケートを公開しています。

これだけアンケートサイトが乱立しているくらいなので企業がマーケティングにアンケートを活用しているのは確かなのでしょう。ただ誰でも参加できるようなアンケートに答えてもらってそれに何千円もの報酬を支払う企業はまずないでしょう。

だって企業からしたら自社ホームページで“抽選〇〇名様に商品プレゼント”と銘打ってアンケートを募集しても結構な量のアンケートが集まるはずですからね。

一般的なアンケートサイトの数十円単位の報酬の方が納得できます。

スマクエは登録無料というのと副業として人気を集めているアンケートサイトという形態なので、軽い気持ちで登録してしまう方もいるでしょう。実際結構な人数が参加していたようです。

スマクエでは稼げない理由

私はスマクエに関してネット上の評判などを調べてみたのですが、恐ろしいくらいの悪評で溢れていました。こういった案件に慣れている私も驚愕しました。

アンケートで稼いだ金額が振り込まれない被害多発

空き時間にコツコツアンケートに答えてポイントが溜まったら勿論現金に交換したいですよね。スマクエはもともとポイントは現金に交換できるとはっきり表示していました。

でもネット上には「振込先口座を登録したのに期限になっても1円も振り込まれません…」と不安を感じている人たちの口コミで溢れています。

振り込み期限は何度も変更されているので、誰もがスマクエは怪しいよね?と思い始めますよね。

しかも振り込みを待っている人たちの元に信じられないメールが届きます。

「振り込みするのはスマコミュメンバーだけ。無料会員は対象外。スマコミュメンバーになりたかったら20万円支払え」

非常にヤバいですね。これ普通だったらここでこの案件は危険だなと思って支払わない判断をする人が多いと思うんですよ。

でもスマクエの場合アンケートで既に何百万円分もポイントを貯めている人が沢山います。このポイント分を何とか手に入れたいと20万円支払ってしまってもおかしくありません。

20万円払った人は実際にポイント分をきちんと振り込んでもらえたのか。

振り込みは確かにあったようです。でも金額はどれだけポイントがたまっていても一律で千円。これは流石に悪質すぎると言わざるをえませんね。

スマクエに対する集団訴訟の動きも

ネット上ではスマクエに20万円振り込んだ人たちが集まり集団訴訟に向かう動きもあったようです。ただこういった案件で被害額を取り戻すのは相当難しいのが現実なんですよね。

カードの負債で、何とか返済できないかと思っていたところに「スマクエ」
ポイント380マン超え。 参加費を全額払えば、翌月から100%をお渡しします
とナカジマから・・・電話やメールで再三確認をして参加費を振込みしたら
100%渡すとは誰も言っていないしそういった説明もしていないと開き直り。
挙句に「騙される方が悪い」と電話の中で、話し出して「ガチャンと」
1000円の2回振込みは、スマクエメンバーになった時の特典1回分と参加費を
払った事への特典分。5月からは、スマクエのサイトにも入れない連絡先も
消失。返金訴訟を起こすにも問い合わせ先が分からない困った状態です。
メールプロダイバーURLと決算代行会社の口座が、MonetaS4・モグモグ
マイニング・清正の井戸・遊びの達人といった企画と同一で、企画ごとに
会社名を変更しています。

引用元:https://mato.ma/project/smaque-nakajima

スマクエを提供しているスマクエ株式会社はこのサービス提供当時所在地が東京の新宿区でした。ただ問題が大きくなったころに所在地を福井県に移しています。

スマクエ株式会社はスマクエをリリースする直前にこの社名に変更していて、それまでは株式会社GNTという名前で活動していました。

この株式会社GNTの経歴は今は消されているようですが、出会い系サイトと関係があったとかなかったとか。

とにかくまっとうな活動で利益を上げている会社ではない可能性が非常に高かったりします。

スマクエのまとめ

無料会員登録でアンケートサイトに人を集めて、報酬支給の条件に逆に20万円を振り込むように通知する。

スマクエの手口は非常に悪質でほとんど詐欺のようだと言われてもそうそう反論できないでしょう。

金銭的被害もそうですがこんな会社にアンケートを通じて個人情報や銀行口座の情報を教えてしまったというのも怖いんですよね。

金銭的な被害にあわれた方は消費者センターや弁護士に相談することも考えてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました