ペンデュラムFXは稼げるの?石田進ノ介さんの評判は?レビュー・検証

情報商材
山中武
山中武

山中武です。まずは本題に入る前の前座です。興味のない人は読み飛ばしてくださいね!

私は和田博さんのワンミニッツキャッシュバイナリーシステムPRO(OBM)を購入。軍資金10万円で生贄になった結果、サクッと45万円を稼ぐことに成功。情報商材代金を回収し、大幅な黒字となりました。


杉山健一さんの3WAY型「0→1」攻略プログラム(LUC888)も人気ですが、OBMも負けず劣らず稼げる案件だと思う。

=====
集客をする上でブログに集める層は顕在顧客(以下:見込み客)と潜在顧客になります。見込み客を集めるメリットは「自分の悩みや目標を早い段階で解決するぞ!」という願望を持ってる。

そのため、あなたがブログ内で紹介してる商品やサービスをサクッと成約してくれるケースはあります。

例えばです…
・来週はキャンプへ行くので数日以内には3万円いる→カードローン案件
・春までには彼女を作って人生を謳歌したい→マッチングアプリ案件
(補足として、PCMAX等の出会い系サイトはセフレ向け。女性にはパパ活等のお金目的

このような感じで商品やサービスの成約はサクッと決まり易いですよね。

それとは逆に、同属性と言えば同属性にはなりますが、なかなか成約をしてくれないのは「潜在顧客」になります。

例えばですが…
・先日彼女と別れたばかり、今は彼女はいらん(ただし、後々欲しくなる)
・先月はクリスマスで散財をしたし、今月は節約しよう(ただし、後々散財したくなる)

このように思ってる人に、カードローン案件やマッチングアプリ案件を推したとこで、反応はありませんよね。

ですので、ブログで稼ぐことを目標にしてる人は、潜在顧客ではなく顕在顧客を集めないことには、サクッと大金を稼ぐことは難しいです。

~~~
私は弊ブログに商標批判系の記事を入れてる理由は、別段販売者に恨みがあるわけではありません。情報商材や高額塾に興味のある層を集めてるだけです。

そして、一般ワードは競合は多いですし、潜在顧客寄りですよね。情報商材系の商標であれば楽に上位表示できて、顕在顧客を集めやすい特性があります。
~~~

ただ、この点で勘違いしてほしくないことは、もしあなたが潜在顧客に商品やサービスを売る術を学べば、より稼げるのは事実です。

その理由は、潜在顧客の数は顕在顧客の数と比較にならんほど多いからです。


ただし、前述したように、潜在顧客は今すぐ客ではありません。
・痩せたいん「だよね…」
・お金がほしい「だよね…」
・彼女がほしいん「だよね…」
このような感じで、なんとな~くな層が多いです。

この層に商品を売り込むために、簡単な方法は尋常ではないアクセスを集めることです。

私はスマホアプリでニュースをよく見るのですが、ダイエット商品や育毛商品、バストアップ商品等の広告が、誇大広告でガンガン出品されてますよね(笑)あの戦略は「資金」という力で勝負をしてますので個人レベルで戦うのは無理です。

そのため私が取る戦略は、メルマガ(またはツイッター)を構築して、アクセスを一過性で終わらせないことです。ブログが尋常ではなく有益な記事ばかりであれば、再訪問をしてくれる可能性もあります。

しかし、現状としては皆が皆頑張ってるし、SEOを気にしながら記事を書くので、そこまで大差はありませんよね。

ですので…
ブログへのアクセス→ステップメール(自動化したメルマガ)へ転換しておけば、今すぐ客ではない潜在層を洗脳することにより、商品やサービスを売込めます。

「洗脳」という言い方は変ですが、「その気になってもらう」ように誘導するのは大事です。事実として、情報販売屋さんは「解雇されたら…」「会社が倒産したら…」と日々不安を煽ってますよね(汗)

私は文章を書くのが苦手ですのでステップメールの構築は無理。でも、ブログで潜在層をガンガン集めて、メルマガへ。そして、ステップメールを読んでもらって洗脳する。その後、7~12通目ぐらいでガツンと商品を売込むことで報酬を得てる人は数多いです。

この記事を読まれてる人の中には「メルマガを発行する=情報屋だろ…」と批判されるかもしれません。でも、実際はそんなことはなく、通常のASP案件でやってます。

そもそも美容健康アップデートのおかげで尋常ではなく立派な記事を書いても検索エンジンには相手されません。

ですので、一般ワードで美容健康系の商品を欲しがる人をブログで集めて、その後、美容健康商品をメルマガで売ってる人はおります。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

石田進ノ介さんのペンデュラムFX

コロナ禍の中、多くの方が自分の将来や生活に対する不安を抱えてしまっているのではないでしょうか。その理由の筆頭は「お金」だと思います。在宅勤務で自分の時間ができたので何とか収入や資産を増したいって思いますよね。その手段として考えられるのが「副業」と「資産運用」になります。

しかし、「副業」と「資産運用」には大きな違いがあります。まずはその違いを理解し、自分にとってどちらがふさわしいのか?この点を考える必要があります。

「副業」
・時間をかけても収入を得られない可能性がある
・多くの場合、損をするリスクはない
・勤務先によっては副業は禁止されている

「資産運用」
・元となる資金が必要
・損をするリスクがある
・誰にでも実行できる

皆さんにとって、副収入を得る手法としてふさわしいのはどちらでしょうか。

この記事では、副収入を得たいと考えている方々が失敗しないために様々な情報を提供しますね!

今回はその第一弾として、「資産運用」であるFXを活用する手法を提案している、石田進ノ助氏のPendulum(ペンデュラム)FXについて考察します。
(現在の私の資産運用はEANRLだけです。ビットコインFXは勝ててましたが、時間の関係でやめました)

投資である以上絶対儲かるとは限らない

FXとは、出資金(保証金・証拠金)をFX運営業者に預け、その資金を担保に通貨の売買を行なう取引を指します。要は相場を利用した投資で、例えばドルに対して円の相場が上がるのか下がるのかを予想します。当たれば利益を得て、当たらなければ損をするという、非常にシンプルなシステムです。

つまり極端なことをいうと、利益が得る人がいるということは、必ず損をする人がいるということになります。

そのような、ハイリスク、ハイリターンである手法であるFXという手法をとっているにも関わらず、販売広告のキャッチコピーとして

・負けないFXの手法がある
・毎日1万円をプラスON

といったような、あたかも必ず儲かるというメッセージを伝えていること自体が、相手を錯誤騙させようと感じます。

「ラインを引く手法は昔からある手法にすぎません」

もうひとつ、販売広告のキャッチコピーで気になったのは

「パパッとラインを引くだけであなたのお財布を潤す」

という文言です。

FXでの投資について調べてみると、ラインを引いて分析する手法は「ライントレード」といって、一般的な手法です。

相場の上がり下がりの表をみて、大事だと思う点と点を結んでラインを引き、そこに法則性を見つけ出し、次の相場を予想します。

大まかには「水平線」「斜め線」というモノがあり、どのようにラインを引くのかは、なんと「流派」まで存在するようですね。

これほどまでに浸透している手法について、もし仮に必勝法があるとするのであれば、もっと話題になっているはずです。

世の中に広く行われている、FX投資に対する講座の一つという認識で考えたほうが良さそうです。

一時的に利益が出ることは珍しくない

前述のとおり、FXでの投資は相場の上がり下がりを予想するだけですので、確率は1/2です。一回の取引でビギナーズラックが発生し、大きく利益を上げることも珍しくありません。

ただし、次に失敗してしまえば利益はあがりません、継続して利益を上げ続けることがとても難しい投資なのです。

そういった特徴のあるFX投資の手法である石田進ノ助氏のペンデュラムFXにおいて、利益をあげた成功体験としてあげられている事例は下記のような表記が並んでます。

たった14日間で驚きの成果が!
月収28万円(N.F様 32歳 男性)
月収41万円(U.E様 58歳 女性)

本名は公開されていませんが、写真付きでの成功体験です。おそらくこれは本当なのでしょうが、短期的な期間での利益であることがとても気になります。

・いったいいくらの出資金(保証金・証拠金)で得られた利益なのか?
・この後、収益はどうなったのか。例えば、一年後どのくらいの利益になったのか?

14日間では利益が出たとしても、その後損益が出てしまえば意味がありません。逆に最初の14日間は損をしてしまったとしても、その後利益が上がれば問題はありませんよね。

そのように、本来であれば、成功か否かを図るには1年間でのトータル収益はどうだったのか。5年間でのトータル収益はどうだったのか、を見て判断すべきです。

そういった長期的な成功事例が多く紹介されていない以上、個人的にはペンデュラムFXを信用することはできません。

まとめ

投資である以上、ハイリスクハイリターンであり、必ず稼げるという保証はできません。

それをあたかも「必ず儲かる」という錯覚を起こさせて購入を歓喜させる手法なのは、ペンデュラムFXは最大の問題ですよね。

投資に対して興味があるのであれば、正しく理解して、余剰資金で少しづつ始めていく必要があると思います。

タイトルとURLをコピーしました