働きながら転職は難しい?働きながら転職のコツは?




転職活動を始める際に最初に戸惑うのが「思った以上に時間が取れない」という事実です。通常業務をこなした上で転職活動をするのですから、当然と言えば当然です。そんな限られた時間を有効に使って転職活動を続けるためのコツ5 選についてご紹介してゆきます。

転職活動が上手くゆかない…、どこから手をつけて良いのか分からない…そう感じている人は是非ともチェックしてみてください。なるほど納得な情報が見つかるはずです。

さらには、転職活動が上手くいった人、上手くいかなかった人の口コミ情報もあるので、そのリアルな声も是非参考にしてみてくださいね。

【関連記事】
>>20代、30代前半で転職 2回目のデメリットと転職成功事例




働きながら転職活動するのは難しいの?

「働きながら転職活動をする事は難しいのか?」そう問われれば答えは間違いなくYESです。転職活動では時間的な制約や焦りなど、様々な要因でストレスがたまるもの。それを続けてゆくことはなかなかにつらいことです。

一方で「働きながら転職活動をした方が良いの?」と問われれば、それもまたYES。その理由については次章でお伝えしてゆきますので、そちらもお見逃しなく。
まずは働きながら転職活動をするうえで、気をつけておきたいポイントについてご紹介してゆきます。

短期間で理想の会社を探すのは無理

さて、働きながら転職活動をする場合、一番のネックになるのは転職活動のための時間がとれないという事です。通常の業務をこなして、その残り時間を転職活動に充てるのですから、こればかりはどうしようもない部分です。

そんな限られた時間をやりくりしながら情報を集め、対策を練り、エントリー用の書類を作成するというのが転職活動のリアルです。簡単にすべてをこなす事はできません。

ですから、働きながらの転職活動では、短期間で理想の会社を探すのは無理、とある種の諦めを持つことも大切な事。急いては事を仕損じます。

そもそも自分の理想とする働き方としっかりマッチする企業を見つけるのは並大抵の事ではありません。しかも酸いも甘いも吸いわけた転職者の皆様ですから、それはなおさら難しいものとなります。

転職は気軽に行うものではありません。多少の時間はかかって仕方がないという気持ちでトライしましょう。

もちろん今すぐにでも転職したいという気持ちを持っている人も多いかとは思います。けれど焦って条件の悪い会社に就職しても、結局のところ、その職場だってすぐに辞めたくなるものです。それでは転職するそもそもの意味すらなくなってしまいます。

なお「ライバルに先を越されて良いところが埋まってしまうかも…」なんて焦りが生まれるかもしれませんが、ライバルだって条件は同じです。また募集は日々アップデートされ、常に新しいものが生まれてゆくものです。決して焦る必要はありません。

ストレス過多な状態になる

働きながら転職活動をする際に気をつけたいのは、ストレスがたまりがちになるという事。通常の業務プラスアルファの事をこなさねばならないのですから、当然のように疲れも増えてゆきます。

さらには就職活動中につきものなのが企業から合否の連絡待ち。心が落ち着かない時間ですし、こちらもかなりのストレスになります。

おまけにせっかくの週末も次にトライするための、企業研究やエントリーシート作成といった事に忙殺されてしまい、ストレス解消をする事すら難しくなってきます。これが働きながら転職活動をする現実です。

けれど、あまりにストレスを溜め込みすぎますと、通常業務にも悪影響がでてしまうもの。そんな時はどうすれば良いのか?これはもう何かを諦めるしか対処のしようがありません。

どうしても転職したい企業でなければ辞退して、次に備えた方が結果としては良いことだってあり得ます。また、あまりにストレスを溜め込んで、本来のクオリティが発揮できないのであれば、せっかくのチャンスをつかむことすらできなくなります。

転職活動は長期戦になることもしばしばですから、バランスをうまくとりつつ、無理はしないという事が最後まで戦い抜くコツです。

時間は無くても在職中に転職活動をすること!

これまで見てきたように、働きながら転職活動をする事はそれなりの労力を必要とします。けれども、それでも在職中に転職活動をした方が良い大きな理由があります。

それは経済的な余裕が心の余裕に繋がるという事です。いったん仕事を辞めてから新しい仕事を探そうとしますと、安定した収入がなくなるため、かなり心もとない状態です。

そういった状態で新たな仕事先を探そうとしますと、「早く安定した仕事を見つけないと…」とにかく焦りが生じます。

その焦りは、時に冷静な判断力を奪ってしまうもの。条件をしっかりと吟味できないまま、目先の仕事に飛びついて、結果元の職場の方がマシだった…なんて事になってしまっては目も当てられません。

また、いったん辞めてしまいますと、履歴書に空白の期間ができてしまうのも悩ましい部分です。それについてきちんと理由を説明できるのであれば問題ありませんが、そうでなければ余計な空白は避けた方が無難です。

それらを考えますと、在職中に次の職場を見つけておくことが一般的にはベターです。また、この場合には経済的にも安定しているため、転職に伴う有給消化などを心置きなく楽しむ事が可能となります。

普通に働いているとなかなか取れない長期休暇ですから、のんびりするもよし、思い切って海外旅行に行くもよしという幸せ時間。

休暇でしっかりと身も心もリフレッシュして、新たな職場へと向かう事ができますね。こういった時間が取れるからこそ、次の職場でしっかりと働けるというものです。

働きながら転職した人の口コミ

それでは、実際に働きながら転職活動をした人の口コミをチェックしてみましょう。様々な意見がありますが、参考になることばかりです。

良かったと感じた人

働きながらの転職活動は時間もなかなか取れませんし、それなりに大変でした。エージェントのサポートがなければ乗り切れなかったかもしれません。けれど、キャリアに空白ができなかったのはなんといっても良かった部分です。次またいつ転職するかわからないですからね。(32歳 男 IT系)

それほど貯金があるわけでもなかったので、収入が途切れなかった事が最大のメリットでした。この年になって親に頼るわけにもゆかないですから。(27歳 女 メーカー事務職)

悪かったと感じた人

今更ではありますが、もう少し転職活動に時間をかけても良かったのかなぁなんてちょっと後悔しています…。日々の仕事の忙しさから、正直次の仕事についてあまり深く考える時間が取れなかったので…。

金銭的に余裕があるのであれば、いっそのこと退職してしまい、じっくりと転職活動に時間をかけるのも良いのかもしれません。(29歳 男 食品メーカー営業職)

転職先が決まって、退社の意思を伝えたとたん、職場が微妙な雰囲気に…。快く送り出してもらえるものとばかり思っていたので、結構ショックでした。まあ、辞めた今となってはどうでも良いことですが。(31歳 女 販売員)

辞めてから転職した人の口コミ

続いてはいったん辞めてから転職をした人の口コミをチェックしてゆきましょう。良かった事・悪かった事、こちらもなかなかに参考になるものです。

良かったと感じた人

前職がとにかく働きづめの日々でしたから、いったん気持ちをリセットしたくて先に退職を決めました。
そこからの就職活動には不安もありましたが、とにかくしっかりと時間をかけて将来について考えられたのが良かったと思っています。
まったくの異業種ではありますが、やりがいをもって飛び込めそうな企業を見つける事ができました。(34歳 男 コンサルティング)

とりあえず前職は辞めていたので、誰に気を使う事なく転職活動に集中できたのが良かったですね。面接の日程なども全く気にする必要もなかったので。
収入に関する不安はありましたが、幸いすぐに仕事を見つける事ができました。周囲からは無謀だといわれましたが…。(25歳 男 医療関連)

悪かったと感じた人

勢いあまって前職をやめてしまい、そこからの就職活動でした。今となっては笑い話ですが、金銭的な不安は常に付きまとっていましたね。時間はのんびりあるはずなのに、どこか落ち着かない時間でした。私のようにプレッシャーに弱い人は就職先を見つけてから退職した方が良い気がします。(26歳 女 サービス業)

とにかく早く就職しないと…という焦りが常にあり、どれが正解なのかだんだんと分からなくなってくることも。就職した今となっても、これが本当に正解だったのか、イマイチ良くわからない部分です。(31歳 男 物流)

働きながら転職活動をするには

 さて、続いては働きながら転職活動をこなしてゆく際のコツについて見てゆきたいと思います。限られた時間を有効に使う事こそが、転職活動を制すキーポイントです。

応募企業を吟味する

就職氷河期に学生時代を過ごされた方に多いのですが、就職活動はとにかく数と思っている人がいます。けれどこの方式、転職活動においてはあまり良いことではありません。

働きながら転職活動に使える時間は限られているもの。そこでとにかく数をこなそうとしますと、負担が大きくなりすぎて、結局すべてが中途半端という事態を招いてしまいます。

転職活動で一番重要な事はこれからどんな生き方をしたいかを時間をかけてじっくりと考える事です。もちろん「宝くじが当たって、南の島でのんびり過ごす」なんて非現実的な事ではありません。

今後はどんなキャリアパスを築いてゆきたいのか、ライフワークバランスをどうとりたいのか、どこで暮らしたいのか、収入はどれくらい欲しいのか、そもそもどんな仕事がしたいのか。考えるべき項目は多数あります。

多かれ少なかれ社会人経験を積んだ皆様ですから、ある程度は具体的に考えられるはずです。もちろん自分のレベルを正確に把握する事も大切です。

全ての条件を完璧に満たす求人は見つからないかもしれませんが、少なくともそれに近い求人はあるはずです。転職活動に本気で時間を割くべきはそれだけで十分です。

また、厳選した会社に対して、しっかりと転職活動をする方が良いという事には合格率も関係しています。

特に準備もせずに、志望理由を聞かれた場合、やはり上辺だけの回答になってしまいます。面接官の立場からすれば、それはすぐに見抜けるものです。

せっかくの転職活動、厳選した数社に絞って、しっかりと準備をして、合格率アップを目指してゆきましょう。

有休休暇を使う

会社員たるもの、当然の権利として有給休暇の取得が認められています。転職活動は何かと時間が必要なものですから、有給休暇を使う事も重要になってきます。

けれど、職場によっては有給休暇を取りにくいところもありますよね。まして「転職活動に時間を割きたいので休みます」なんて事は口が割けても言えません(転職活動が上手くゆくまではその会社に留まらなくてはならないという事実をお忘れなく)。

そういった場合、いかに有給休暇を取得するか、これはもう嘘も方便と割り切るしかありません。そもそも有給休暇は労働者の権利として認められていること。それを取得しにくいという時点で会社側の体質に何かしらの問題があるものです。

とはいえ、あまりにバレバレな嘘をつくのも、妙な空気になってしまいます。それを避けるためには王道を行くしかありません。面接や、エントリーシートに集中したいなど、ここは休みたいという日を早めに見定め、できるだけ早く有給を申請しましょう。それでもダメなら病欠です。

なお、嘘をついてまで転職活動用の有給を取る事に罪悪感を持つ人もいるかと思います。けれど、大手企業でも当然のようにリストラが行われるこのご時世です。いわばお互い様のようなもの。

自分の事を一番考えられるのは自分です。自分の人生のために転職が必要なのであれば、せざるを得ません。そして、そのために時間を割きたいのであれば、許される範囲で有給を取ることは致し方ない部分です。

どうしても罪悪感がぬぐい切れない人は、少なくとも現在の会社に勤めている間は、しっかりと仕事をこなしてゆきましょう。そして引継ぎもぬかりなくやっておけば、それだけでも十分な恩返しです。

タイトルとURLをコピーしました