職場での女の嫉妬をかわす方法!女の嫉妬はめんどくさい

「男性は外で働き、女性は家庭を守るもの」とは古くから言われてきたこと。

確かにこのような考え方も一理ありますが、今や日本の社会においては女性の活躍が期待されている時代であり、女性がいない職場はほとんどありません。実際女性には男性とは違った目線が生かされる活躍があり、「○○さんがいたからこそ…」という輝かしい功績が多々見られるほどです。

山田鉄男山田鉄男

ところがそんな女性が職場に増えてくると、必ずと言ってよいほど問題になるのがドロドロした女の嫉妬。しかもその嫉妬は同性に向けられます。

岩田有也岩田有也

一度嫉妬の感情が生まれた女性は、相手に対して感情の歯止めがきかないことが多いですが、もしそんな嫉妬の標的にされたら最悪ですよね。

そこで今回は、職場での女の嫉妬をかわす方法をお伝えしていきます。この記事が、女のめんどくさい嫉妬に振り回されないための、お役に立てば嬉しいです。




>>月10万円を稼げるおすすめの副業

職場で嫉妬する女とはどんな人?

様々なタイプの人が集まる職場では、それぞれが協力し合いながら良い結果を目指すことが大切ですが、そんな職場の中で嫉妬という感情を引き起こし、周りにイヤ~なイメージを与えてしまう困った女子。

ここでは、職場で嫉妬感情を持ってしまいがちな人の特徴を見ていきましょう。

物事がうまく運ばない人

何らかの原因により物事がうまく運ばない人は、職場で嫉妬する女子の特徴を持つタイプの一人です。

人は何をするにしてもほとんどの場合、順調に物事が運んでいると他の人のことが気になることはありません。しかし自分では頑張っているつもりなのに、どうしてもそれがうまくいかないと、幸せそうな人や楽しそうな人に目が向きがちになります。

山田鉄男山田鉄男

そのようなとき職場で嫉妬しがちな女子は、その人と自分の不幸さを比べては落ち込み、やがては「こんなに自分は頑張っているのに、なぜあの人はうまくいっているんだろう…」と嫉妬心を覚えてしまうことになります。

岩田有也岩田有也

そしてその感情がむき出しになり、ひどいときには「あの人は、うまく上司に取り入っている」とか「実力はないのに要領が良いから…」というような謂れのない中傷を与えてしまう危険性があります。

このような場合には、嫉妬の標的となる人は、嫉妬する人が自分と同等かレベルが下だと思っていることが少なくありません。

自分は特別だと思っている人

自分のことを「私は他の人とは違う、特別な人なのだ」と思っている人、または思いがちな人も、職場で嫉妬する女子の特徴を持つタイプの一人です。

つまり、職場で嫉妬しがちな女子は高いプライドの持ち主であり、心の中では常に「自分は優秀な人間なのだ」と思い込んでいるタイプが多いということです。

山田鉄男山田鉄男

これは、実際に嫉妬しがちな女子に他の人より抜きん出て優秀な実力があれば、このような感情は生まれることはまずありませんが、実はその人は他の人とほとんど変わらない実力である場合がほとんどです。

岩田有也岩田有也

それなのに、例えばある日何かで自分ではない他の人が職場で大きく認められたとします。また、自分ではない他の人に誰もが羨む彼氏ができたり結婚が決まったりしたとします。

そうなると「私の方が優秀なのになぜ自分ではなく、あの人が…」「私の方が美しいのに、なぜあの人に…」と嫉妬心を感じてしまうわけです。

勝ち負けをいつも考えている人

事あるごとに人に対して「勝った、負けた」と勝ち負けを考えている人も、職場で嫉妬する女子の特徴を持つタイプになります。

山田鉄男山田鉄男

このような人は誰に対しても勝ち負けの感情を持ち、自分ではない他の人に自分より実力があると認めざるを得ない状況になったときや、周囲の人の信頼を自分より得ていると知ってしまった場合、その人に対して嫉妬心を感じることが少なくありません。

岩田有也岩田有也

人間関係の基本は勝ち負けではないにも関わらず、常に勝ち負けを考えているため「負けた」と感じ、勝手にその人に嫉妬するようになるわけです。

このような場合、職場で嫉妬しがちな女子は「負け」の屈辱を強く感じていることが多く、嫉妬の標的に対しては非常に強く感情をぶつける危険性があります。

ひねくれた性格の人

なにかと人に反発して、人の好意を受けても素直な受け止め方をしないような、ひねくれた性格の人も、職場で嫉妬する女子の特徴を持つタイプです。

山田鉄男山田鉄男

このような人は、実は自分に自信がない人が多く、反対意見を言ったり、批判をしたりということを繰り返しては、優越感を得ていることが多いです。

そのためもし自分の近くに他の人からの信頼が厚く、人に好かれるタイプの人がいた場合、自分の自信のなさから虚勢を張り、いつの間にかその人に嫉妬心を燃やしていることがあります。

仮にそんな嫉妬を放置しておこうとしても、そもそも嫉妬の標的となった人は自然と周りに人が集まる人のため、職場で嫉妬しがちな女子はそのような状態を見て、ますますひねくれた性格を発揮させます。

山田鉄男山田鉄男

つまり、嫉妬のパワーをアップさせる危険性があるということです。

このような人の場合には、ひねくれているため本質がわかりにくく、ふとしたことがきっかけとなり、勝手に嫉妬心を燃やされていることも少なくありません。

職場で女の嫉妬されないための具体的な方法

職場で女の嫉妬が始まると、嫉妬される人にはもちろんですが、職場全体にもドロドロした感情が伝わって、その場の空気が重くなることがほとんどです。

山田鉄男山田鉄男

そのような状態を回避するためには、嫉妬されないための手法を身に着けることが一番です。

ここでは、その具体的な方法をお伝えしていきます。

嫉妬深い女子と張り合うのはNG

職場で女に嫉妬されないためには、嫉妬深い女子と張り合うことは絶対にNGです。

なぜならすでにお伝えしたように、嫉妬深い女子には様々なタイプがいますが、彼女たちは基本的にわがままで、自分が女王様でいなければならないタイプと言っても過言ではないからです。

嫉妬深い女子への対抗心は持つと恐怖

嫉妬深い女子に対抗心を持つと、それは恐怖の日々の始まりと言えます。

もしあなたが嫉妬深い女子と張り合って対抗心を持ったとすれば、彼女はいかなる手を使っても自分の地位を守ろうとして、あなたに向けた嫉妬という攻撃を開始します。

たとえあなたが向けたものが、堂々としたライバル意識を持った対抗心、純粋な仕事上の対抗心などであったとしてもです。

山田鉄男山田鉄男

それでなくてもほとんどの嫉妬深くわがままな女子は、他人からどのように見られているのかという自分の評価が気になって仕方がありませんので、自分に他人から向けられた気持ちを敏感に感じ取る人が多いわけです。

岩田有也岩田有也

そのため女性から向けれる羨望には優越感をしっかり感じ取りますが、対抗心を持たれていると感じたときには多くの場合、牙をむいて勝ったと思うまで攻撃の手が止むことはありません。

そうなれば、自分が女王様だと思っている嫉妬深い女子に対抗心を持った人は、いつまでも嫉妬感情に振り回されることとなり、仕事どころではなくなってしまうことも考えられます。

さらにあなたが「できる人」「美しい人」「人気がある人」などのような、女王様の存在を脅かす存在であれば、その嫉妬はどんどんヒートアップする危険性があります。

山田鉄男山田鉄男

このようなワケで嫉妬深い女子と張り合い、対抗心を持つことは絶対にNGだと肝に銘じておくことが大切です。

とはいえ、人は自分に湧いてくる感情を自分でコントロールできないこともありますので、一番のおすすめは嫉妬心が強い女王様には近づかないことです。

岩田有也岩田有也

近づかなければお互いに意識し合うこともほとんどありませんし、仮にあったとしても近くにいなければ、嫉妬という危険な状態が起こったとしても回避しやすいです。

マウンティング女子にも注意が必要

職場での女の嫉妬をかわすためには、マウンティング女子の存在にも十分な注意が必要です。

彼女たちは自分が人の上に立っているという優越感が得たくて、次のような様々な会話を投げかけてきます。

「あなたの彼って素敵ね。でも私の彼は有名人と仕事をするほどの大物なの!」
「あら~!あなたもっとお肌を手入れしなきゃ。ほうれい線がすごいじゃない…」
「私っていい加減なことできない人でしょ。だからわり切って定時に帰れるあなたが羨ましいわ」などなど。

基本的にマウンティング女子はわがままで、どのようなことで機嫌を損ねるのかわからない世界の人たちですから、ヘタに関わると嫉妬の対象になってしまう危険性があります。

山田鉄男山田鉄男

そうならないためには会話中の言葉尻の一つ一つに気を使いながら、なおかつ彼女たちの顔色をうかがう必要がありますが、このようなことで大切なエネルギーを使うほどバカバカしいことはありませんね。

岩田有也岩田有也

とはいえ職場ではこのようなマウンティング女子とのコミュニケーションも必要とされることがありますので、彼女たちからの嫉妬をかわすためには仕事で必要とされる以外は相手のマウンティングをスルーすることをおすすめします。

そうすれば、彼女たちからの嫉妬を回避できる可能性が高くなります。

自慢話はご法度

職場で女に嫉妬されないためには、自慢話は控えるべき、つまりご法度です。

職場で嫉妬しがちな女子は相手の自慢話を聞いていると、相手に対する劣等感を感じてしまうからです。自慢話は多くの場合、相手の優越感がたっぷりと含まれていますので、話を聞けば聞くほどウンザリしてくる人がほとんどでしょう。

ましてや嫉妬しがちな女子は、わがままでプライドが高く負けず嫌い。

ということは、自慢話をされることを嫌いますし、その話が自分の劣等感に触れて刺激されるようなことが起これば嫉妬感情がメキメキと湧いてきます。

山田鉄男山田鉄男

つまり自慢話をすることは、嫉妬の原因をこちらから作っているようなものだということです。

人間は嬉しいことや楽しいことがあればそれを人に話したくなることもありますし、たまにはその自慢話をしたくなることがありますね。しかし、職場での女の嫉妬をかわすためには自分からわざわざ嫉妬になる原因を作る必要はありません。

もしどうしても聞いてほしい話があれば、「こんなことがあって嬉しかったんです」というように自分の喜びを一言だけ言う程度に抑えることをおすすめします。そこから話を広げてしまうと、後にはあなたが嫉妬の対象になっていたという危険性が待っているかもしれません。

そんな危険地帯に自ら飛び込む必要は、ありませんね。

プライベートの話は控える

職場での嫉妬をかわすためには、プライベートの話はなるべく控えることが大切です。プライベートの話は、話す側にとってまったくその気がなかったにしても、聞き方によっては自慢話に聞こえてしまうことがあるからです。

山田鉄男山田鉄男

特に嫉妬しがちな女子はひねくれていたリ、ひがみ根性が激しかったり、という人が少なくありません。

そのため「昨日食事に行ったの」「最近、ウォーキング始めてね…」「可愛いソックスを買ったのよ」という程度のことでも「なに、それ自慢?」と思われる危険性がないとは言えません。

休憩時間のちょっとした会話のつもりでも、そのようなことでつまらない嫉妬に振り回されては疲れますね。

そのため職場でのプライベートの話は、仕事で必要とされる以外は控えることが嫉妬をかわすコツでもあります。

相手にとってメリットのあることをする

職場で女の嫉妬をかわす方法の一つには、相手にとってメリットのあることをしてみるということがあります。

なぜならそうすることで、嫉妬しがちな女子が持つ危険性が高い敵対心が緩和されることになるからです。

例えば上司や同僚から「あなたがいたからこの仕事がうまくいった」「ありがとう、あなたのおかげで助かった」などのような賞賛や感謝、労いの言葉を受けたとします。そんなときに「いえ、○○さんがいてくれたおかげです」「これは○○さんなしでは難しいことでした」という発言が嫉妬しがちな女子に聞こえたとすればどうでしょう。

勝ち負けを気にして、実は自信がない彼女たちですから悪い気はしませんし、むしろそう発言したあなたに対して仲間意識を抱く可能性も高くなります。

もちろん仲間意識を持たれたからと言って、特別に仲良くする必要はありません。

山田鉄男山田鉄男

ただ、嫉妬しがちな女子がそのように思うだけで、嫉妬されるという危険地域から遠ざかることは間違いないでしょう。

それでなくても嫉妬しがちな女子は、周りからは嫌われていることも少なくありませんので、孤立しがちな人も多いです。

そんな女子と他の人との潤滑油になったり、手柄をさり気なく相手のものにすることで自分の身を守るだけではなく、職場の空気も和むかもしれませんし、結果的にあなたの仕事の生産性も高くなることが考えられます。

自分は自分、人は人

職場で女の嫉妬をかわすためには、「私は私、人は人」という気持ちをしっかりと持ち、自然体でいるということが一つの方法になります。

なぜならこのような人からは人との競争心や闘争心がほとんど感じられませんし、たとえ何らかの嫉妬心が向けられたとしても、「なに、それ~?」という反応しか返ってきません。

ということは、いくら嫉妬しがちな女子でも、そのような人には勝ち負けを感じることもありませんので、嫉妬心を向ける必要がないわけです。

それに自然体でいるということは、数々のうっとおしいことから解放され、自由な感覚でいられます。

山田鉄男山田鉄男

「好かれる人でありたい」「良い人だと思われたい」などのような気持ちは誰でも持つものですが、自然体でいることほど自分自身がラクに過ごせることはありません。

嫉妬を必要以上に恐れない

職場で女の嫉妬をかわすためには、「嫉妬の標的にされるのではないか…?」ということを必要以上に恐れないということも一つの方法です。

「なぜ?」「え?私?」というように、身に覚えがなくても嫉妬されていることはありますが、あまりビクビクしていると逆に嫉妬しがちな女子の目に留まることもあります。

山田鉄男山田鉄男

なぜなら彼女たちは自分に自信がない人が多く、自分に向けられた人の行動や気持ちには、敏感に反応することが多いからです。

岩田有也岩田有也

あなたの必要以上の恐れが嫉妬しがちな女子へ負の感情として伝わってしまい、なぜか逆に反感を持たれてしまうということですね。

そしてあなたの恐れが続けば彼女の反感もエスカレートして、いじめに入ることもあります。

すると周りもそれを察知していじめられているあなたをかばうことになりますので、彼女はそれが気に入らず、そこから嫉妬の感情を生み出してしまいます。

「しなやかに自分らしくいる」ということが、結果的に嫉妬から自分の身を守る方法になりますので、嫉妬をかわす方法として自然体で嫉妬されることへの必要以上の恐れを感じないということをぜひお試しください。

自分の失敗や弱点を話して好感を持ってもらう

職場で女の嫉妬をかわす方法の一つとして、自分の失敗や弱点を相手に話すということがあります。

なぜならあなたの失敗や弱点を聞くことで、嫉妬しがちな女子は「この人に負けるかも…」という不安が激減し、「なんだ、この人って意外にダメなところがあるのね」というように安心感を得ることになるからです。

「私ったら昨日会議中につい居眠りしちゃって…」
「実は私、文書作成が苦手で…」
「いつも母から整理整頓ができていないって怒られるんです」
などなど。

休憩中にでもこのようなことを相手に話してみてください。そうすると、嫉妬しがちな女子からの攻撃は緩められ、嫉妬の対象から外れる可能性は高いです。

そして逆に「あの人ってカワイイところがあるじゃない」というように好感を持たれる可能性も出てきますので、ますますあなたの身は嫉妬の危険地帯から遠ざかることが考えられます。

山田鉄男山田鉄男

自分をバカに見せる必要はありませんが、敢えて自分の弱みを見せたり、失敗談を放したりすることも澄み切った職場で仕事をする術になります。

上司、男性社員との関り方に注意する

職場で女の嫉妬をかわすためには、上司や男性社員との関わり方に十分な注意をすることが必要です。

山田鉄男山田鉄男

なぜなら嫉妬深い女には、「自分が一番」「自分より上がいることは我慢できない」という人が多いからです。

岩田有也岩田有也

つまり、ヘタに上司や男性社員に関わると「なぜあの人がかわいがられるの?」「私の方が仕事できるはずなのに…」という気持ちを持たれることになるわけです。

それでなくても「異性にモテたい」「上司に認めてもらいたい」「多くの人からの人気を得たい」と人は思いがちですね。

それなのに、上司とにこやかに話していていると嫉妬しがちな女子の心中はどうでしょう。また、男性社員と親しくしていると、嫉妬しがちな女子にどのように見られるでしょう。

女性はこのような場面には敏感であり、特に嫉妬しがちな女子はこのような所を見つけると、たちまち嫉妬のスイッチを入れてしまいます。

もちろん仕事をするうえでは上司や男性社員と会話をすることは必要ですし、コミュニケーションを取ることも大切です。しかし、女のつまらない嫉妬で振り回されていると、仕事はおろかプライベートにまで支障をきたすことになりかねないこともあります。

そのため上司や男性社員との必要以上の関わりには、注意しておくことが自分の身を守ることにつながります。

社内恋愛はこっそりと…

社内恋愛をしている方は、なるべく周りに知られないようにこっそりと…ということが職場で女の嫉妬をかわす方法にもなります。

山田鉄男山田鉄男

なぜなら嫉妬しがちな女子は、職場でも一番の女性でありたいからです。

男女ともいる職場では社内恋愛はありがちですし、避けがたいことでしょう。また、当人同士は毎日が楽しくて仕事にも身が入り、生活自体が良い方向に向かうことが少なくありませんね。

しかし、もしその恋愛を嫉妬しがちな女子が知れば、たとえ恋愛中の男性に興味がなかったとしても「なぜ私が選ばれなかったの?」「なぜあの人?」という黒い感情を引き起こしてしまいがちです。

そしてその挙句、恋愛中の女性に対して「私が一番なのに…」という感情が引き起こされ、やがては嫉妬の対象にされてしまいます。ましてや相手の男性が嫉妬しがちな女子の気になる人であれば、恋愛中の女性の身は最悪な状況に陥る危険性さえあります。

山田鉄男山田鉄男

自分たちの幸せを守るためにも、職場で良い環境を作るためにも、仕事に打ち込めるようにするためにも、「社内恋愛はこっそりと…」が鉄則です。

>>あなたの「仕事」「人間関係」「恋愛」の悩みを電話で占い師に相談して解決する

タイトルとURLをコピーしました