転職は裏切りに思われるのはなぜ?本気で転職するなら裏切りや罪悪感は無視でしょう

「給料や待遇が悪い」「労働時間が長い」など、会社に不満があれば転職を考えるのは当然です。しかし、「転職は裏切りだ」という考えは、まだまだ根深く残っています。

上司や同僚がいる以上、周囲への迷惑や反応はどうしても気になってしまうでしょう。「転職はしたいけど裏切り者にはなりたくない」と思い悩み、一歩踏み出せないままの方は多いはずです。

働く会社はあなたの将来を大きく左右します。不満を抱えたまま働いても、良い結果はついてきません。とはいえ、そう簡単に割り切るのもなかなか難しいものです。

裏切り」「罪悪感」という考えに囚われると、転職は失敗してしまいます。早く切り替えて割り切ることが転職を成功させるための近道です。

この記事では「裏切りものと呼ばれる理由」や「罪悪感がもたらす問題」をわかりやすく整理します。自分の感情や現状と向き合いながら、転職についてじっくり考えてみましょう。

転職は裏切りと言われる理由

昔は終身雇用制度があり、同じ会社で定年まで働くのが一般的でした。特に年配の方には、会社に一生尽くすべきという古い考えがまだ残っています。

ただし、一番多いのが、「自分が裏切り者である」と勝手に思い込んでしまうパターンです。周囲の反応を過剰に怖がってしまい、踏み出せないまま転職を諦めてしまいます。

同調圧力や連帯感に縛られてしまうケースも。転職は裏切りと思い込ませるのは典型的なブラック企業の手口です。自分がどうして裏切りや罪悪感を感じるのか、3つの理由を参考にして深く考えてみてください。

お世話になった会社や上司、先輩のこと思う気持ち

自分を育ててくれた会社や上司に恩を感じると、辞めづらくなってしまいます。自分に目をかけてくれていれば、退職するとはなかなか言い出せないでしょう。

誠実で義理を大切にする人ほど罪悪感にとらわれがちです。確かに今までの関係を壊したくない、と思うのは間違いではありません。

とはいえ、転職くらいで壊れる関係ならばその程度です。相手があなたを大切に思っているなら、優しく背中を押してくれます。

実際に転職を伝えた途端に嫌味をいったり、嫌がらせをされたりする事例は確かにあります。ブラック企業なら1人だけ逃げるのか、と周囲から責められることもあるでしょう。

「どうせ辞める人間」として冷たい態度をとるような人は、人間性に問題があります。人間関係を大切にするのは良いことですが、自分の気持ちや将来のほうが重要です。

会社への損害や職場の人への迷惑

会社は社員育成のためにコストや時間をかけています。せっかく育てた社員が退職するのは、会社にとって歓迎できない事態です。

仕事に慣れてきた20代後半や、重要なポストについている30・40代ならなおさら。仕事の進行にも悪影響がでますし、周囲への負担が大きくなってしまいます。

「迷惑だな」「辞められたら困る」と思われるのも少しは仕方がありません。あなたが有能な人間であれば、会社にとって大きな損失になります。

ただし、「みんなが頑張っているから、自分も頑張らなければ」という思い込みは危険なので注意してください。典型的な社畜の考えであり、自分で自分を縛ることになります。

もちろん、中には実際に裏切り者扱いをする方だっているでしょう。嫌味を言われたり、嫌がらせをされたり、理不尽な仕打ちをうけることもあります。

暴言や嫌がらせはパワハラ・モラハラなので、気にする必要はありません。会社側に問題があれば引き継ぎなしですぐに退職ができます。

>>職場のモラハラは嫌ですよね!無視や誹謗中傷などの対策

会社に隠れて転職活動をする

生活や失敗した時のために、働きながら転職活動をするのは一般的です。会社に知らせる必要はなく、転職が決まった時に知らせるだけで問題はありません。

しかし、会社に内緒で転職活動をすることに、後ろめたさを感じることは多いでしょう。面接のために有給をとることがあれば、理由を聞かれた時にウソをつくことになります。

周囲を騙しているという罪の意識が、自分が裏切り者だと思い込む大きな理由です。ウソをつけない真面目な人間ほど罪悪感に苦しんでしまいます。

転職したいのに裏切りや罪悪感を感じたの問題

罪悪感や裏切りを感じたまま転職活動をすると、いろいろな悪影響がでます。隠そうと必要以上にビクビクすれば、言動が不自然になるのは当然です。

自分で転職活動をしているとバラすようなもの。周囲から怪しまれてしまうと、転職活動にも支障がでます。情報収集や面接にも集中できないため、採用率が下がってしまうのです。

また、罪悪感を抱えたままだと、引き止められた時に強くでれません。結局は押し切られてしまい、そのまま働く羽目になってしまいます。

引き止められて転職を断念したとしても、「嫌々働いている人間」というレッテルが貼られてしまいます。「辞めるかもしれない」「信頼できない」と思われると、仕事内容や評価にも影響がでるでしょう。

待遇の改善で引き止められたとしても口だけのケースが多く、根本的な原因は解決しないことがほとんどです。悩みがそのままなら、モチベーションはどんどん低下していきます。

人間関係や待遇が悪化して結局は辞めることになる、といった事例は珍しくありません。「転職は裏切りである」という考えを引きずるのはとても危険なので、すぐに意識を切り替えましょう。

転職することは裏切りではありません

今はほとんどの人が転職を経験する時代です。新卒以外から人材を求める中途採用は増えており、「仕事を選ぶ権利」は保証されています。

ほとんどの会社が中途採用を行っている以上、裏切りだというのは大きな矛盾です。時代遅れの古い考え方でしかないので、囚われてしまうと損をします。

もしも転職が裏切りだと思いこんでいるなら、あなたはブラック企業に洗脳されているだけです。何時まで経っても逃げられないので、罪悪感はサッサと捨ててしまいましょう。

社員が1人がいなくなったとしても、会社全体にはさほど影響はありません。良い給料や待遇を求めたり、スキルアップしたり、理想の働き方を追求する権利は誰にでもあります。

まずは、周囲への迷惑はしかたないと割り切りましょう。負担を最小限にするために、引き継ぎを十分に行うことに集中してください。

上司や同僚に引き止められたとしても、それはあなたのためではないのです。保身や自分の評価を考えてのことなので、辞めると決めたら意思を貫きましょう。

マナーを守って誠心誠意対応すれば、良好だった人間関係は壊れません。新しい関係性をスタートできるよう、しっかりと準備してください。

裏切りや罪悪感を気にすることなく転職しましょう

転職による罪悪感を抱えていても現状は何一つ変わりません。辞めたいと思いながら働き続けるのは妥協と諦めであり、まったくの不毛です。

今は思いとどまっていても、不満は大きくなるばかりです。年齢を重ねてから辞めようと決心したとして、転職の難易度はあがってしまうでしょう。

悩んでいると時間を無駄に消費してしまい、辞めるタイニングを逃してしまいます。譲れない理由があるのならすぐ行動に移すべきです。

会社や上司・同僚はあなたの将来や雇用を保証してくれません。一時の罪悪感に惑わされてしまうといつか絶対に後悔します。迷っている時でも転職活動をスタートすることは、自分の働き方を見直す切っ掛けになります。

「辞めさせてもらえない」「裏切り者と呼ばれた」時は、有給をとってそのまま退職してしまいましょう。そのような会社や上司のもとで働く理由はまったくありません。

会社や上司など余計なことは思考から排除して、「自分がどうしたいのか」のみを考えてください。引き止められたとしてもそれはあなたが有能な証拠なので、転職先でも上手くやっていけます。

罪悪感と裏切り者という考えを捨てて、新しいスタートをきってください。転職エージェントなら、求人探しから面接対策まで徹底的にサポートしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました