坂内学(まなぶ・バンコク@マナブ)さんは怪しいの?noteや情報商材等の炎上理由は?詐欺師ではありません

その他
山中武
山中武

山中武です。まずは本題に入る前の前座です。興味のない人は読み飛ばしてくださいね!

OMBを購入された初月からプラス60万円(笑)


60万円以上のプラスはまじで立派。現状の私は全エントリー1000円ですが、それを1万円でやれば理屈では月60万円程度なります。しかし、最近はガツンとした投資に気持ちは乗りません。
=====

人間であれば誰もがコンプレックスや悩みを持ってるはずですよね。

私自身も40代前半ですので、加齢臭や口臭、足臭などの問題を抱えております。忌憚なく意見にくれるちびっこには、「オジサン臭さ~」と言われることは稀にあります(まじで)

コンプレックスや悩みの代表格として、「短小」「童貞」「チビ」「デブ」「薄毛」「ハゲ」「短足」「金欠」等など…正直、エンドレスですね。

このような感じで、コンプレックスや悩みのない人は皆無だと思います。

~~~
補足として、昔の私は日々金欠に悩んでおりました。しかし、現在はネットビジネスのおかげで救われて、一般の方々よりは金銭的には自由になりました。(>>自己紹介

ただ、作業はまじ激務。オッサンが週80時間以上のパソコン作業は、まじで厳しいです。でも、自由な時間に「寝れる」「休める」のはメリットです。

(また新規案件であるX-GameJMSもガンガンやります。X-Gameは20万円、JMSは100万円を目標としてます。また、X-Gameを既に持ってる人は、JMSを手に入れれば、より稼げるはず。事実として、私はX-Game×JMS戦略もやってます。JMSの可能性は無限大ですね)

~~~
=====
ですので、私はよくネット上で言及をしてますが、人は自分のコンプレックスや悩み(以下:コンプレックス)を解消するために、それ系の商品やサービスをガツンと成約してくれます。

私は弊カテゴリーで異性間の記事を書いてて、適当にペニス増大サプリの広告を貼ってますが、二ヶ月に1件は成約します。もっと真剣にマネタイズすれば月2、3件は成約すると思ってます(たぶん)

ここで私の言わんとすることは、コンプレクス解決商品は金になるってことです。
====

ただし、訴求方法を一歩間違えれば炎上です、例えば、キムタクさんのような毛量に自信のある人が、「私は○○で薄毛が改善した…」と言及をしたら、炎上も炎上ですよね。

でも、もともと薄毛(若くてブ男であれば、尚最高)の方が、○○を使ったら、髪がふさふさに…このような感じの人生逆転モデルであれば、炎上することなく共感されて商品は高成約率でガツンと売れます。

(また、補足として、芸能人などを起用してプロモーションをやった場合、心理学でいう「同一化(同一視)」が起こるので成約率はガツンとあがります)
=====
ですので、あなたが今後取るべき戦略は、自分自身や周囲の人がガツンと克服をしたコンプレックスや悩み。それを克服した経験をもとに、商品やサービスを紹介すれば、あなたはガツンと大金を稼げます。

(JMSで何をやっていいのか?わからんと悩まれてる人はコンプレックスジャンルをやれば良し。ただし、YMYL(Your Money or Your Life)には要注意)

誰もがコンプレックスは嫌ですが、そのコンプレックスが金を生んでくれます。

ただし、懸念点としては、グーグルの美容健康アップデート以降、SEOで美容健康系のコンプレックス商品をアフィリするのは無理。なので、ですので、最近はツイッターやSNS、有料広告などでガツンと集客をして、コンプレックス商品をアフィしてる人は多いですよね。

JMSであればやり方次第で美容系アフィリも問題はありません)

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

坂内学(まなぶ)さんは怪しいの?

53万人以上の登録者を持つ人気ビジネス系YouTuberのマナブさんですが、最近運営されているコミュニティで炎上騒ぎが起きました。

マナブさんのコミュニティに参加していたり動画のファンだったりする方は、炎上の経緯や真相が気になっているのではないでしょうか。

炎上前から一部でマナブさんって怪しいのではという声があったのも事実ですよね。

そこでここではマナブさんの経歴や、これまで何度かあった炎上について解説していきます。

マナブさんの経歴について

まず最初にマナブさん(本名:坂内学さん)は一体どんな方なのかについて簡単にまとめておきます。

マナブさんは新卒でセブ島に就職したというかなり珍しい経歴をお持ちです。

ただこの仕事は1年も続かなかったようで、その後フリーランスでの起業と失敗を経てブログアフィリエイトで成功されています。

マナブさんのブログは『manablog』なのですが、プログラミングを勉強している方やアフィリエイトに挑戦している方は目にしたことがあるかもしれません。

・プログラミング
・ブログアフィリエイトとSEO
・タイのバンコクへの移住方法

これらに関してマナブさんの経験からかなり詳しく解説されています。このブログを毎日コツコツ更新したことで月に500万円も稼げるようになったとのことなのですが、ブログの完成度と情報量の多さから見て納得できます。

恐らくこのブログ作成にかなりの時間と労力を使われたのではと思いますね。(個人的にはブログやYouTube、SNSの更新頻度を見てて、尋常ではない努力家だと思う。そして高スペック)

ブログのカテゴリーにバンコクへの移住方法があるのは、マナブさん自身が現在バンコク在住だからですよ。

マナブさんの現在の収入源

ブログアフィリエイトでの成功を元にインフルエンサー的な地位を確立したマナブさんですが、現在の収入源ブログだけではありません。

・ブログ
・YouTube
・FX
・情報商材の販売

以前は毎日更新されていたブログなのですが、最近は更新頻度が減っています。その代わりYouTubeの動画を頻繁にアップしていますね。

そのYouTubeの公式チャンネルでもプログラミングやアフィリエイトなどについて語ったものが多く、チャンネル登録者数は2021年4月時点で53万人を超えています。

またTwitterでも積極的に発信していてこちらのフォロワーも33万人を超えています。

山中武
山中武

凄い人気ですよね。

これらの事業を全部合わせた月収は2000万円以上とのことです。(私も最盛期には月「商」2000万円はありましたが、今はどうやっても無理ですね)

ただYouTuberなどインフルエンサーとして成功した人によくあるように、自分が稼げたノウハウをまとめた情報商材の販売も始めました。

これまで2回炎上しているのはこの情報商材に関係しています。

マナブさんの過去の情報商材がプチ炎上した経緯

マナブさんはブログ運営をするにあたりプログラミングも身につけたようで、プログラミングに関する商材を販売しています。

最初に手掛けたプログラミング教材codelifeは12万円と高額でしたが、マナブさんの知名度もあり話題になっていました。

ただ現役エンジニアから「マナブさんのプログラミング教材ではエンジニアになれない」とYouTubeで酷評されてしまったんです。

マナブさんのプログラミング技術はWordPress関連のWebサイトを作るためのもので、Webサービスを作るなど高度な技術は学べないとのことだったんですよね。

マナブさんはブログアフィリエイトの過程でプログラミングを身につけているので、サイト作成の話になるのはある意味自然ではあります。

そしてマナブさんのプログラミング教材はプログラミング技術を磨くというよりは、プログラミングでどう稼ぐというところにポイントを置いたものでした。

こうした「何を学べるのか」の認識の違いも影響してか、一部のエンジニアの方から批判が起こってしまったようです。

確かに12万円出せば人気プログラミングスクールのエンジニアを目指す人向けのコースでしっかり学ぶことができます。

「高い」という批判も仕方がなかったかもしれませんね。

マナブさんのプログラミングコミュニティが炎上した経緯

いま話題になっている炎上はマナブさんが新しく手掛けているCodeBeginで起こりました。

CodeBeginというのは3か月間45,000円で参加できるプログラミングを学ぶ人が集まるコミュニティで、マナブさんに直接質問したりWEB上で勉強会などを通じて参加者同士で交流したりできるようになっています。

教材を無料で公開したうえで、1人でプログラミングを勉強してもなかなかモチベーションが続かない人たちをサポートすることを目的に運営されています。

CodeBeginを強制退会させられたとの告発が

炎上はCodeBeginを強制退会されたとの告発から始まりました。

株式会社マンハッタンコードのあれっくすという方が、CodeBeginとのやり取りを公表したうえで不当な理由での強制退会を訴えたんです。

挫折OKのプログラミングコミュニティを強制挫折させられた件について|あれっくす / 株式会社マンハッタンコード|note
9/5から参加していたCodeBeginという坂内学氏(以下、マナブ氏)の運営されるプログラミングコミュニティを強制退会処分となりました。 ご心配など頂いていた皆様に発生した事象の説明をさせていただきます。 1、コミュニティを強制退会となった流れとその理由 ・2020年10月28日18時頃にSlackからメー...

強制退会の理由は「利用規約違反」で具体的にいうとCodeBeginのセミナーの様子をSNSで実況していたのがダメだったようですね。

ただあれっくすさんは

・入会時にそもそも利用規約に同意するという手順がなかった
・ユーザーに事前通達なしで勝手に利用規約を改正した形跡がある

ことから強制退会させられる理由はないしCodeBeginの運営は問題あると主張しました。

炎上は避けられなかった?

たしかにCodeBeginの利用規約の扱いは問題ありです。炎上するのもわかるんですよね。

ただこのあれっくすさんもそもそも炎上させる目的でCodeBeginに参加したのではという見方をされています。

というのもあれっくすさんは現役のエンジニアでプログラミングの初歩を学ぶためのCodeBeginに参加する必要なんてないからです。

前回の情報商材の教材販売でマナブさんはエンジニアから反感を買っていました。

マナブさんをよく思わないエンジニアがCodeBeginのあらさがしのためにわざわざ入会し、それに気付いたマナブさんら運営側が迷惑がって退会させた。

これが真相なのではというのが大方の見解なんですが、やり方が強引すぎて結局炎上させる口実を与えてしまったことになりましたね。

自分のコミュニティを監視している人がいれば当然気分は悪いでしょうが、もうちょっと冷静に対処すべきだったんじゃないかなと思います。

CodeBeginは問題ありなのか?

CodeBeginに参加している人は不当な理由で強制退会と聞いて驚いたと思いますが、経緯から見てもわかるように普通にマナブさんとプログラミングを勉強したいと思って参加している人はいきなり退会させられたりしないので安心してください。

このCodeBeginもエンジニアを目指す人には内容が物足りないとも言われていますが、教材は無料で事前に確認できますしみんなで一緒にプログラミングを勉強する場を提供というコンセプトは別に批判されるようなことではありません。

値段は3ヶ月で45,000円と安くはありませんがマナブさんがミーティングに登場することもあり、3カ月たった後は質問はできないもののコミュニティでの勉強会には参加することができます。

もちろんこれで稼げるようになるにはみっちりプログラミングを勉強しないといけませんが、悪質な商材というわけではないでしょう。

マナブさんは怪しいのか

今回の炎上はマナブさんを快く思っていない人によって引き起こされました。たしかにマナブさんを怪しいと指摘する人も割といます。

アフィリエイトでの実績については認める人が多いですし、YouTubeの動画も見ごたえあると評判です。

ただ、

・プログラミングの技術は?
・最近は注目を集めるためのポジショントークが増えた
・人気が出たら情報商材を売って稼ごうとするのはどうなのか
・関わっているインフルエンサーが怪しい
・マレーシアの会社が存在しないのでは?

といった批判的な意見もあります。インフルエンサーの人たちにとってはありがちな批判ですね。

情報商材というのがそもそも印象が良くないですし、最初に出した商材があまりいい評判ではなかったですからね。それでそれまでブログやYouTubeで築いたいい評判を落してしまったかなとも思います。

マナブさんの炎上についてのまとめ

炎上があってもマナブさんのブログやYouTubeそれにTwitterはまだまだ人気です。これから手に職をつけてフリーランスでやっていきたいと考えるなら、マナブさんのコンテンツをフォローしてみるのもいいかもしれません。

インフルエンサーなら避けて通れないアンチもいるようですが、CodeBeginについては批判が集中するような悪質なコミュニティというわけではありません。

これからもYouTube等で元気な姿でいろいろな情報を発信し続けて行ってくれるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました