赤髪社長が炎上した経緯は嘘?嫌?胡散臭い?怪しい?情報商材屋?

その他
山中武
山中武

山中武です。まずは本題に入る前の前座です。興味のない人は読み飛ばしてくださいね!

私はOBMを購入して以来、ほぼ毎日バイナリーオプションをやってますが、1日単位では負けたことはありません。日々コツコツを5000円前後を稼いでます(1回1000円でエントリー)それで20日間やれば10万円程度になる。ポチポチで稼げるのは感無量です。

=====

「あなたの好きなジャンル=稼げるジャンル」という人はまじでラッキーですよね。幸運です(まじで!)しかし、大半の人はそうではありませんよね。

では「あなたの好きなジャンル≠稼げるジャンル」である場合、どうすればいいのか?ですが、考えられる方法は下記になります。

(1)稼げるジャンルを好きになる
(2)好きなジャンルで工夫する
(3)報酬を問わず、自分の好きなジャンルでやる

私は(1)です。

=====
ブログはビジネスなので好き嫌いでジャンル選択するのではなく、無理をしてでも稼げるジャンルをやる…と。今でも私はコンサル生さんに、ガチでよく言ってます。

(ですので、女性の方でもオロチプレミアムファンクションZEN等でアダルト、eスポーツ等に進出。ガツンと稼がれてる人は数多いです。)

興味のないジャンルは「面白くありません…」「やる気がでません…」このような人に向かって、私は、「ビジネスをやってる自覚がない証拠だよ」と叱咤してます。

しかし、人間は現金なモノで報酬に繋がると、そのジャンルが段々面白くなってくる。そして、知らん間に好きになる…(笑)このような事例は数多くあります。

~~~
私が財を成したのはキャッシング案件ですが、キャッシング案件を好きな人はおりませんよね。しかし、ガツンと稼げて好きになりました。ただし、化粧品案件は終始ダメでした。
~~~

ですので、今でもこの方法は有力ですね。

ただし、(1)の方法ですと、「記事作成は全部をライターさんにやってもらえばいいでしょ?」と思われるかもしれません。

しかし、まずは自分が詳しくならないと、記事を書いてもらっても、その記事が良いのか悪いのか…判断することもできませんよね。そもそも論として、ライターさんへの指示出しは大変です。補足として、化粧品案件は終始さっぱりでした(笑)
(記事を書くのが苦手な人にはオロチエクスタシーは人気あります。)

=====
しかし、好きなジャンルのほうが、楽しく。そして挫折し難くやっていけるのは事実なので、それで報酬に繋げたいですよね。その場合(2)(3)があります。

(2)は工夫して収入に繋げること。アフィリエイトですと「キーワードをずらす」「記事の外注化」等が工夫になります。

また(3)ですが、とにかく好きなジャンルでドメインを育ててしまう。そうすれば、色々と可能性は広がります。ドメイン力と一緒に自分のスキルも育ちますよね。その後「稼げるジャンルを考えましょう…」との戦略です。

まず好きなジャンルでサイトを育てる。そして、サイトが育った頃には、
・キーワード選択スキル
・記事作成スキル
・アクセスの集め方
・SNSの運営
なども育っています。

その能力を使って、自分の好みではジャンルをやれば、全てが皆無だった初心者の頃より稼ぎやすいのは当然ですよね。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

赤髪社長の人物像

Twitterでインフルエンサーとして活躍している赤髪社長。短期間でフォロワー5万以上を獲得した人気インフルエンサーなのですが、最近炎上してしまったようです。(2/25現在は6.8万人、私は8064人草)


出典:https://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=2489

これがきっかけで公表していた経歴についての疑惑も出てきていて、これまでの人気に反して「胡散臭いのでは?」という声も出ております。

ここでは赤髪社長の炎上について検証しますね。

=====

まず赤髪社長のことをよく知らないという方のために、簡単に人物像をまとめておきます。赤髪社長は28歳の真っ赤なロングヘアがトレードマークになっている女性で、本名は「岩永幸菜」さんです。

肩書は(一応)株式会社赤髪の社長ということになっていますね。

Twitterに登場してからは、あれよあれよという間にフォロワーが5万人を越えた注目のインフルエンサーです。

女性経営者の目線と力強い語り口で、ビジネスや生き方に対する熱いコメントを投稿していることで注目が集まったようですね。しかもフォロワーは女性だけでなく男性も数多くおります。

赤髪社長の経歴については不確かな点も多いのですが一応このようになっています。

・慶応大学経済学部を中退
・19歳で事業(ホームページ制作)を始めるものの後に売却
・他の事業が軌道に乗らず再度ホームページを制作する会社を設立
・会社を他の人に譲って婚活したうえで結婚
・Twitterを始める

若い頃からいろいろなことに挑戦しているパワフルな女性という感じですね。投稿内容もいかに人生を有意義なものにするかという赤髪社長の考えは多くて、迷いが一切ない力強い文章で個性的です。

そんな赤髪社長ですが一体なぜTwitterで炎上してしまったんでしょうか?

赤髪社長が炎上した経緯

赤髪社長が炎上してしまったきっかけは、フォロワーの人がアップしたDMでのやり取りでした。

赤髪社長はSNS集客に関するコンサルやツイート代理等の事業も行っていて、フォロワーの人たちにDMで営業していたようですね。

ただDMをもらったフォロワーさんが赤髪社長とやり取りしている時に「コンサルが収益につながるか?それがわからないのであれば詐欺商材と変わらないのでは?」と聞いてしまったようなんですよ。

情報商材や高額塾と言えば今流行りの「○○をするだけで1か月で1000万円稼げます」のような誇大広告気味のキャッチコピーで売ってるビジネスやギャンブル、投資等のノウハウ。

高額な割には結局中身がほとんど役に立たないという詐欺まがいの代物も多く、世間一般での情報商材に対するイメージは、あまりよくはありません。(私は毎月かなりの額を情報商材に投じてますが「いいね!」と思えるのは氷山の一角です。)

ですので、サービスを提供している人に「あなたのサービスって情報商材じゃないの?」というのはとても失礼なことは確かです。(似たような炎上にまこなり社長のアンコモンもあります)

でもこの質問に対する赤髪社長の返答も酷いものでした。

・バカですか???
・マジで頭悪すぎてしんどいんで返信不要です
・お前の不安をなんで解消でなあかんねんw
・あほか、お前みたいなん頼まれても金積まれても無理じゃw

「情報商材なんじゃ?」という質問の直後に「バカですか??」が来るんです。それからしばらくやり取りが続く中で、暴言ととられても仕方がないコメントが次々に(汗)

そしてこのフォロワーさんは赤髪社長にキレられたのがショックだったということで、DMのスクショをTwitterにさらしたんですよね。これがもとで赤髪社長が大炎上することになります。

さっきも書いたようにこのフォロワーさんの質問は非常に失礼なんです。ムカッとするのは分かるんですよね。

ただし、個人的なやり取りを勝手にTwitter上に晒すのもあまり良いこととは思えません。

ただ赤髪社長の返答も決して褒められたものではないですよね。人気インフルエンサーがこんなやり取りしていたことが分かれば、そりゃ炎上するでしょう。キレるの早すぎましたからね。

赤髪社長とのDMを晒した人も100%悪意があってあの質問をしたわけではなかったように思います。おそらくコンサルにお金を払うならどれくらい稼げるのか…それを確認したかっただけだと思う。

ただし、これは私が言うまでこもありませんが、「絶対に」「確実に」稼げるようになるコンサルは皆無です。コンサルを受ける人はそのリスクを分かったうえで受ける人がほとんどでしょう。(私自身もコンサルをやってますが、稼ぐ人はサクッと成果を出すし、その逆もおります。)

そこのところで2人の会話がかみ合わなくなったんだと思います。

DMで営業していたら嫌なことを言われることもあるでしょう。ただ今の世の中このようにやりとりを晒されたり、場合によっては「最初から炎上狙いで暴言が出るのも待っているような人もいる」でしょう。ちょっと熱くなり過ぎた感じがしますね。

赤髪社長はこの件でフォロワーをやや減らしています。

順調にフォロワーを増やしていただけにちょっと残念ですね。

ただこの炎上に関して赤髪社長を擁護するツイートも結構見られました。

赤髪社長はこの炎上後も何もなかったかのように以前と変わらぬツイートを続けています。炎上にもめげない姿勢を評価しているフォロワーも少なからずいるようですね。

経歴についての疑惑が

この炎上の経緯自体は正直そこまで大したことないと思うのですが、この炎上をきっかけに赤髪社長の経歴の矛盾がいくつか浮かび上がってきました。

炎上のきっかけになった出来事ではなく、この疑惑のせいで赤髪社長は怪しいや赤髪社長のコンサルが胡散臭いという声が出てきてしまっているようですね。

株式会社赤髪は存在しない?

まず赤髪社長は自分を株式会社赤髪の社長だといい、会社を経営しているていのツイートをこれまで何度もしています。

ただ国税庁の法人番号公表サイトで検索しても株式会社赤髪という会社は出てきません。そこでそんな会社実際にはないんじゃないのと疑問に思った人が多かったようですね。

この疑惑について赤髪社長は弁明をしています。

どうやら株式会社赤髪はこれから設立予定の会社とのことです。社長というのは過去に事業を起こした時に社長だったから名乗っているようです。

ちょっと紛らわしい気もしますが、国税庁のサイトで調べたら簡単にわかることでもあるので、フォロワーを積極的に騙すつもりはなかったのではないでしょうか。

慶応義塾大学は卒業していない

赤髪社長はTwitterを始めた頃慶応義塾大学経済学部出身とプロフィールに記載していました。ただTwitter上でこの経歴に疑問を唱えた人がいたんです。

告発の内容は“慶応大学の通信制の学部に入り、しかも中退している”です。通信制にちょっと在籍しただけで慶応大学出身と表記するのはどうなのと言いたかったんでしょう。

これについては赤髪社長はTwitter上に謝罪コメントを上げています。

この告発は事実だと認めて、通信制だと公表しなかったことをフォロワーの人たちに謝罪しました。

インフルエンサーになるにあたってちょっと経歴を盛ってしまったところがあったんでしょうね。

ただこれで赤髪社長に不信感を抱いた人がいたとしてもそれは仕方ないことです。

赤髪社長炎上のまとめ

フォロワーとのDMが晒されたことで炎上してしまった赤髪社長。短気で驚いた人は多かったようですが、これで彼女のコンサルや彼女が主催する「赤髪海賊団」という団体が胡散臭いと決めつけてしまうのは違うのではないかと思います。

暴言ともとれる発言もありましたが、自信をもって提供している自分のコンサルを面と向かって悪く言われてついついカッとなったんでしょうね。

ここから彼女が販売する予定のnoteにこの騒動がどう影響するのかも気になります。

炎上や経歴が怪しかったことでコンサルを受けない、noteを買わない、と思うのはわたし達個人個人の自由です。

ただこれ以上炎上させる必要もないんじゃないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました