もふもふ不動産(不動産投資家)のもふもふ社長さんは怪しくはありません。「不動産 Hacks」「Youtubeの学校」の評判は?誹謗中傷

その他
山中武
山中武

山中武です。まずは本題に入る前の前座です。興味のない人は読み飛ばしてくださいね!

まったく衰えることのないIPB(インサイダービジネスプログラム)。今月の粗利も70~80万円前後を予定してます。この粗利を稼ぐための作業時間は1日2時間前後、時給換算で考えると、その数字は尋常ではありませんし、何より毎日が給料日状態になります。

そして最近は「ほぼ」何もすることなく、XMアフィリエイトで月80万円前後の報酬を稼いでます。最初は外注さんにお願いして黙々と作業しましたが、軌道に乗った後は放置。これは継続課金のメリットですね。

=====

Udemy(ユーデミー)」は知ってます?

米国からやってきたオンライン学習のプラットフォームで、2021年2月現在では10万以上の講座が公開されています。

ユーデミ―では、教えたいと思ってるネタやノウハウがある人はUdemyという場を利用して講座を開けます→「受講者が発生すれば収入が得られる」

そして、学びたいことがある人はUdemyで教えてくれそうなコンテンツを選んで学ぶことができる→「対価として受講料を支払う」

このようなサイトになります。

誰でも人に教えたいことのひとつやふたつは持っていますよね。そのため、問題はそこに市場ニーズがあればガツンと稼げます。(ココナラも少し似た点はあります)

そのため、私の言わんとすることは、今や誰もが講師になれる時代なんですね。補足として、受講価格は1万円前後の価格帯が多い傾向にあります。

2020年初旬には、Benesseがパートナー企業として約56億円の出資をしています。ここからも、かなり注目されているサービスであることはわかります。

このUdemy上において、不動産投資の講師として高い評価を得ている、「もふ社長@不動産投資家」(最近の傾向としては、不動産投資家なのに、ろくに不動産売買をしてません…との批判もあります)

弊記事では「もふもふ不動産・もふ社長」が、本当に副収入を稼ぐことができる副業へ導いてくれるのか?私なりに考察をしますね!

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

不動産投資家である「もふ社長」の経歴

もふもふ不動産を運営している「もふ社長」ですが、自己紹介のページで詳しく経歴などが語られています。

・物理学を学び、研究者として2019年まで会社に在籍していた
・2005年から株への投資を始め、リーマンショックで大損した
・2014年に不動産投資家となり、アパート2棟、戸建て1棟購入し不動産投資をスタート
※築年収16年から50年の物件を購入し、利回りは11~25%あたりのようです
・2015年に法人設立
・2017年、ブロガーになる
※2020年1月時点では、月間16万PV。月間100万円程度の利益を出している

・2018年、Youtuberになる
※2021年2月現在のチャンネル登録者数が27.7万人。実績例として公開している2019年3月売上は47万円

・2019年に会社を退職し、独立を果たす
・2020年、創業間もないベンチャー企業に出資し、代わりに株をもらうエンジェル投資家になる

私が驚愕したのは、チャンネル登録者数が27.7万人もいるYoutubeを運営しながら、2019年まで研究者としてサラリーマンを続けられてということです。(私も友人らもYoutubeはサクッと撤退しました。Youtubeでマネタイズに成功してる人は崇拝します)

つまり、副業として様々なことにチャレンジし、ことごとく成果を挙げられ、満を持して独立されたということになります。
(2020年1月時点のチャンネル登録者は13.7万人だったようですので、独立してから倍に増えてます。私の友人はコスパは合わず登録者2万前後で挫折)

これらの数字は細工ができませんから嘘をつきません。ですので、数多くの人から必要とされている情報を発信していることは疑いようはありません。

副業を始めたいと思っている人たちにとって、こんなに良いお手本となる方はそうそういないのではないでしょうか。(私は副業投資で稼ぐのであれば先の紹介をしたIBPやバイナリーオプションのワンミニッツキャッシュバイナリーシステムPRO推しですね。毎日は給料日になります…)

Youtubeやブログで数多くの情報を発信している

前章でも触れましたが、もふ社長はユーザーが気軽に情報を得ることができる様々な媒体を使って情報発信を行っています。

ちなみに、副業で始めたブログで月100万円を稼ぐようになった体験談を無料で公開されています。

参考記事:副業でブログを開始。1年後に月100万円稼げるようになった体験談

またYoutubeのメリットは、お金を支払わないと、その内容を見れない情報教材や高額塾と違ってユーザーは基本無料で情報が得られます。

(正直、もふ社長の発信する情報は「・・・」だと私は思いますが、物販系等の情報は有料レベルの情報をバンバンアップしてます。基本、私が感じるのは、ビジネス系インフルエンサーの発信してる情報の質は「・・・」だと思います。特にイケハヤさんは終わってますね)

ユーザーは、無料で得られる情報を参考にして、もふ社長は信頼できる人なのかどうか。そして、自分が求めている情報が得られることができるかどうか、を判断できるわけです。

(補足として、私も某物販ユーチューバーの無料動画を見てオンラインサロンに参加しました。しかし尋常ではなく、低利益率ですので、今後も物販はIBP一本で頑張ります。また、補足としてヤフオク無在庫転売はオワコンに近いです。ですので、もう無在庫転売は終焉した…と思って良いと思う)

他の媒体とのコラボ企画が存在している

不動産投資サイトの「楽待」とのコラボ企画がYoutubeに公開されています。

不動産業界という、同じ舞台でビジネスをやっている会社との共同企画をやる。これが意味すること。それは、もふ社長は尋常ではない信頼を得てることですですよね。

例えばですが、もしもふ社長が「怪しい人」「詐欺師」であれば楽侍とのコラボは無理ですよね(笑)「楽待」のブランドイメージも影響しますよね。

もちろんお互いに利益があるので共同企画を行っているわけですが、同業者から運命共同体になっても良いと思われている「信用」が存在しているのは間違いありません。

返金保証がある不動産 Hacksの講師として活動

もふもふ不動産のもふ氏が運営している「不動産 Hacks」とは、不動産投資に興味のある初心者から中級者をサポートするオンライン講座で、不動産投資の基礎を学ぶことができます。

88本の動画を閲覧できる買い切り型の講座で、無制限のサポートがついています。価格は99,800円(2021年2月現在)です。

この講座の最大のポイントは、全額返金補償がついていることです。なんと、「講座を受けて満足できなかった場合、1ヶ月以内であれば全額返金します」と記載されています。(ただし、情報商材で返金をしてもらうのは難しいですね)

返金が適用される条件については触れられていないので、やや不安は残りますが、このような講座や情報教材の性質上、全額返金保証がついていることは稀ですので、とても驚きました。

中身を観た上で、正式購入を決定できるわけですから、こんなに安心なことはありません。

まとめ

ネット上では、もふもふ不動産のもふ社長が運営しているYoutubeの学校が高すぎるという批判もあるようです。

確かに6ヵ月コースで132万円はかなりの高額ですね(苦笑)

ただ、私の思いとしては…これだけ無料で情報が提供されているわけだから、その情報を見て、6ヵ月コースに132万円支払ってでも講義を受けたいんだよね…と思う人が投資をしても、それは自己責任だと思います。

(中にはYoutubeの学校を批判してる人はおりますが、実際にその内容は確認してません。あくまでも憶測による批判です。また個人的な視点では、100万円を情報商材に投じるのであれば、先に紹介したIBPXMアフィリエイトOBMの選択が堅実だと思う)

詐欺かどうかを決めるのは、利用する側が正しい情報を得た状態で判断を下せているかどうか、にあると思います。不動産投資は、少なくとも数百万円単位の資金を投資することになりますので、高いリスクがつきものです。

そのリスクを防ぐためであれば、ノウハウを得るための受講料100万円程度の金額は高くはない、と考えても不思議ではありません。

もし皆さんが、もふもふ不動産のもふ社長が公開している数多くの情報の中に、少しでも不振店を感じれば、彼の情報商材を購入しなければ良いだけですよね。

タイトルとURLをコピーしました