仮想通貨アポロンコイン(Apollon・APO)特徴や将来性、上場は?偽物、サンシティーグループ

無料オファー
山中武
山中武

山中武です。まずは本題に入る前の前座です。興味のない人は読み飛ばしてくださいね!

最近の私は遊びでOBM(バイナリーオプション)をやってます。エントリー額は1回1000円です。まじで勝率は良く月収10万円ペースで1日数千円を稼げてます。もっと稼げますが、欲張ると負ける予感があります(笑)また転売ビジネス(IBP)も好調。今月(2/11現在)は既に粗利40万円以上ですね。

=====

私は成功者としては、まだまだですが、私の周りには尋常ではなく凄いと思う成功者は数多いです。それらの方々に共通してる点は、時間をお金で買ってます。

~~~
私の事例としては、私は10人前後のライターさんにお願いをして、ブログ記事の95%以上、10前後のツイッターを運営してもらっております。
~~~

そこで、弊記事を読まれてる人は、現在進行形でネットビジネスである程度稼いでる。またはネットビジネスで今後成功してやろう…と思ってる人ですよね。

ですので、私の言わんとすることは、第三者の時間をお金で買ってる人が成功をしてる傾向はあります。「ガチで年収2000万円以上を稼ぐ!」と思ってる人は、時間をお金で買うというスタンスじゃないと、私は微妙だと思う。

~~~
ただし、補足にはなりますが、ブロガーさんやインスタグラマーさん等は自分一人で実践をされて、尋常ではない成果を出してる人はおります。

最近ですとインスタグラム×楽天ルーム、ツイッター×ライト情報商材などのスキームで第三者の依存することなく大金を稼いでる人は多いです。

~~~

また、外注化等の雇用以外でも税理士さんや法律屋さん等もお金を払う。そして、自分のできないことは、ガツンとプロ中のプロに任せてますよね。ただしお願いしないと無理ですが…

=====
なので、会社員やバイトの方々は会社や職場に時間を売って収入を得ております。

その流れから、
(1)お金を払って第三者にお願いする
(2)失敗を恐れるため、「私は損をしたくありません…」となる
(3)その結果、自分一人でやってしまう

報酬のない段階ですと、時間をお金で買う行為(投資する)に躊躇する気持ちはわかります。

山中武
山中武

私自身も昔は投資をするというのが苦手でした。

しかし既に粗利で3~5万円を稼がれてる人は、リスクを背負って時間をお金で買うことを推します。ましてや粗利で10万円以上を稼がれてる人は必須です。

正直、自分一人で月100万円程度の粗利であれば、才能や自分の頑張りによっては可能ですが、粗利200万や300万円以上となると、ほぼ無理です。

ですので、私はリスクを背負って外注さんに記事執筆やツイート代行をお願いしてます。「現状維持は衰退と同じ」なので、私は失敗に終わるかも…という心配は余所にガンガンやってます。

~~~
補足事項として、私はブログ100記事論者。そのため、ブログには100~150記事を入れますが、1記事平均7000円とした場合、70~100万円前後の投資になります。その後、記事修正などもお願いするので実際はもっとかかります。

また、構築したブログの全てが成功すればいいですが、思ったように報酬は伸びなくて赤字で終わるケースも数多くあります。
~~~

また転売のIBPなども出品や発送業務などの簡単な作業は嫁の友人などにお願いしてやってもらっても良いのです。しかし、現状ではまだ外注化できてません…。

その理由は動くから…。健康には良し。

パソコン作業メインですと、まったく動きませんよね。なので、私の凝り固まった体をほぐすのに、出品作業や発送作業は良いんですよね(笑)

=====
話のまとめとしては、ある程度報酬のある人はリスクを背負ってお金で時間を買う。その余った時間で他の作業をして収入を伸ばす。

私は数多くの人をコンサルし、数多くの同業者を見てますが、伸びてる人は、ドンドンお金で時間を買ってます。

例えば、ネットビジネスは、ほぼ外注さんで回して、蔑ろにしてた会社員(本業)に注力する選択肢もありですよね。会社員にはデメリットも多いですが、収入の安定感は抜群ですよね。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

アポロンコイン(APO)の概要

仮想通貨に興味はあるものの種類が多すぎでどれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここで紹介するのはアポロンコイン。まだ上場されておりませんが、カジノとの関係で注目を集めています。それではアポロンコインについて詳しく見ていきながら、将来性やおすすめ度などを考察しますね。

=====

アポロコインは未上場ですが、注目を集めてる理由は…

・マカオのカジノやホテルグループを経営する中国のサンシティグループが開発に関わる
・カジノやオンラインカジノさらにeスポーツなどの決算に使うことを目的に開発される
(eスポーツで稼ぐのであれば「3WAY型「0→1」攻略プログラム」のフェーズ1です)
・開発ファウンドがASIA HONESTY AWARDを受賞

仮想通貨は企業が資金調達のために発行することがあります。

そのため未上場の仮想通貨は上場後、価格の上がることが多いメリットと、開発企業がしっかりしていないと上場されないまま購入した仮想通貨の価値がなくなる可能性があるデメリットが両方あります。

そのため未上場の仮想通貨を購入する時は注意が必要なんですよね。

でもアポロンコインに関しては開発に関わっているのがサンシティグループです。日本では名前を知っている人は少ないかもしれませんが、マカオのカジノなどハイクラスのエンターテインメントを提供する会社です。

その他ラグジュアリーな旅行や高級リゾート開発も手掛けていて、日本でもリゾートホテルの建設に着手することが決まっている他IR事業への参入も狙っているようですね。

2020年には中国の上場企業トップ500にも選ばれている文句なしの一流企業といえ、これだけでアポロンコインの信用度が担保されるともいえるのではないでしょうか。

しかもカジノを経営するサンシティグループがカジノでの決済のために開発していることで、近々上場され使えるようになるのではと期待されているのにも頷けますよね。

またASIA HONESTY AWARDは本当に優れたアジアの企業や商品に送られる賞です。忖度や圧力では受賞できないので、これに選ばれたことはアポロンコインが期待されている証だともとれますね。

しかも仮想通貨関連の企業がこの賞を受賞したのはアポロンコインが初めてのことでした。

信用度が大事な仮想通貨においてこの後ろ盾にはやはりメリットを感じてしまいます。

LCASHとの二層構造

もう一つアポロンコインで注目なのがLCASHと紐づけて運用される予定であることです。

LCASHへの変換ができると、世界送金や対応している場所での支払いが可能になります。

将来的にカジノなどではLCASHでの支払が増えてくると考えられているので、LCASHと紐づけ予定のアポロンコインにもより期待が集まっているんですね。

アポロンコインに関する考察

数ある仮想通貨の中でアポロンコインを選ぶのは妥当な選択なのでしょうか。もちろん仮想通貨のレートの動きを完璧に予想するのは困難です。「皆が上がる!」と予想しても蓋を開ければ、そうでもなかった…このようなことはよくあります。
(確実性を求めるのであれば、私はNRLだと思います)

ただアポロンコインの場合はバックについている企業の大きさや今後カジノという巨大なマーケットでの使用が見込まれていますよね。

なので「未上場の仮想通貨の中では尋常ではなく堅実な選択になるだろう…」が正直な感想になります。

仮想通貨販売で資金を持ち逃げされるよくあるトラブルに繋がる要素がほとんど見えてこないんですよね。

もし資金に余裕があるなら買っておくと今後面白い動きをするんじゃないか…と私は予想します。(たぶんです…保証なし)

上場の時期や今後の流れを推察

アポロンコインが今後どれくらいの時期にLCASHとの紐づけや上場を行うのか。これについてはまだ何とも言えません。

実際今年中には上場するだろう…このような予想もまだありません。

実際にLCASHが使える店舗はまだほとんどありません。いずれ上場するつもりで準備が進められているとしても、環境が整っていない今の時点で慌てて上場するメリットは確かにあまりありませんからね。

今はまだ上場する時期を見定めている状況なんだろうなと予想されます。

悪い評判があるのは過去に偽物が出回ったから

もしかするとアポロンコインに関する悪い噂を耳にしたことがある人もいるかもしれません。実はアポロンコインの偽物が出回ったことがあるんですよね。

ただこの時出回ったコインとアポロンコインには何の関連もないことが既に証明されています。

この事件をもってアポロンコインがおすすめできないとはいえないんじゃないかなと思いますよ。

アポロンコインのまとめ おすすめできるか?

未上場で上場時期は未定のデメリットがあるものの、アポロンコインはなかなか面白い仮想通貨です。

背後にいるのがかなり大きな会社なので、未上場の仮想通貨の中ではやはり注目してしまいます。

近々上場とか必ず今後価値が上がるという保証はもちろんありませんが、どの仮想通貨に投資するか迷っている方は一度チェックしてみてもいいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました