ジェームス・ワタナベ氏は元ゴールドマンサックスの役員?「JAPAN HOPEプロジェクト」の評判は?

無料オファー

山中武です(ツイッター:@tyblogty)。まずは本題に入る前に…
(興味のない人は読み飛ばしてくださいね!)

通常、情報商材をアフィリエイトしてる人は、情報商材を売ること「だけ」に懸命。そのため、自分でガツンと推してる情報商材を実践してないケースがよくあります。

現在私が尋常ではなく注力してる情報商材である「プラネリア」(販売中止)を筆頭に、私は…
インサイダービジネスプログラム(9月粗利約50万円)
XMアフィリエイト攻略プロジェクト(9月粗利約50万円)
MSS(マジェスティサイトシステム)(9月粗利約10万円)
このような感じで、私はガツンと実績を出してます。
(また、私の軸はブログ。そこでは仮面ブロガーズのノウハウをも取り入れてます)

正直なところ、現在の私は尋常ではなくガツンと稼げるプラネリアに注力してるため、これらの情報商材に割いてる時間はあまりありません。

また、インサイダービジネスプログラムやMSSの場合、その報酬は作業量に比例する。そのため、作業をしないことには、その報酬は下がります。

転売などの「作業をすれば稼げる系」は、スキームさえ良ければ、初月からガツンと稼げるのは事実です。しかし、一連の流れを一人でやる場合、作業量を減らす、又は、作業を止めるのは、その収入に直撃するため、この点に関してはデメリットになります(でも、メリットはめちゃ多め)

その点、XMアフィリエイトやプラネリアのようなスキームは仕組を構築した後は、「ほぼ」何もすることなく、報酬が入るのはメリットです。

また、プラネリアの今月の報酬は500万円以上を予定してます。

しかし、XMアフィリエイトは月50万円程度の報酬と微妙。この情報商材を真摯に実践をすることにより、月100万円以上の報酬をガツンと稼いでる人の多い中、ネットビジネスを専業でやってる私の報酬が月50万円程度ではまったく話にはなりません…苦笑。そのためXMアフィリエイトも作業量をアップします。

とりあえず最近の流れや頑張りにより9月の粗利は500万円を超えたので、このまま月1000万円を目指して頑張ります。

ジェームズワタナベ氏のHOPEプロジェクト

HOPEプロジェクトは「貨幣発行権」による富の分配…とのことです。
(そもそも貨幣発行権ではなく、通貨発行権ですね)

この案件は投資にも関わらず、100%の利益を生み出せる…と断言しております。

私がここで懸念する点は、投資案件を紹介する以上、「100%」「確実」「絶対」。このように断言をする形で紹介するのはNGですよね。

通常、投資案件を紹介する場合は、「確実に稼げる…」などの断言は避けるのは当然のこと、リスクをもしっかりと明記する必要はあります。

そして、あまりにも表裏に乖離がある場合は、特商法違反により契約が反故されることもありますが、この点は情報販売者なため、逃げ道を作ってると思います…。

ただ、冷静に考えるまでもなく、何の知識もなく、尋常ではないリターンの出る投資案件は皆無なはず。私はビットコインFXEA(FX)などの投資を証拠金100万円で実践してますが、リスクは背負ってます。
(正直なところ、最近のEAの損益は「・・・」ですが、ビットコインFXに関しては現状では負け知らずです)

リスクなく簡単に稼げるのは嘘

公式サイトを見ると、
「貨幣発行権」
「進化型アルゴリズム投資構築法」
これらを利用することで、投資した資金が1000倍以上のなるらしいです。しかし、投資に知識のない方々が、リスクなく元金を1000倍以上にすることは不可能だと思います…。

ゴールドマンサックス社の元副社長

私の失笑した点。それはジェームズワタナベ氏は元ゴールドマンサックス社の副社長と紹介されてます。

しかし冷静に考えるまでもなく超一流企業の元副社長が、このような案件に参加するでしょうか。私にはその真相は不明ですが、正直なところ「嘘でしょ…」と批判はしたくなります。

そもそも、以前あった「瀬戸恵子の160倍ICO」では、「瀬戸恵子さん=元ゴールドマンサックス社の社員」このような触れ込みでガツンと無料オファーをやってましたが、この案件は後日嘘であったことが発覚。

ゴールドマンサックス社から公式案内されて、最後はニュースにもなってました(汗)

HOPEプロジェクトはこのような事例のあった後です。そのため、「ジェームズワタナベさん=元役員」という扱いは嘘ではないと思います。しかし、ネット上の情報は嘘が蔓延ってるため、素直に信じると火傷しますよね。

まとめ

そもそも論としてこの無料オファーに関わる、株式会社ロイヤルトラスト。ネット上をガツンと探しても、公式サイトはなく…私は「嘘だろ…」と落胆しました。

そして、特商法の記載に書かれてる住所は賃貸オフィス。元ゴールドマンサックスの副社長のオファー。冷静に考えるまでもなく、尋常ではなく歴々の方のオファーなのですし、激安賃貸オフィスの住所では考えあれませんよね…

ネット上にはジェームズワタナベさんのHOPEプロジェクトは詐欺だ!…と書かれてます。この件に関して、私は詐欺ではあることは考え難いですが、私は距離を置くに限ると思う。

タイトルとURLをコピーしました