正社員で40 歳なのに手取り25万円はダメだろ!旦那が40代手取り25万円なら転職させろ!

40歳前後で手取り25万円程度という皆様、ひょっとして自分の給料って安すぎるのかなぁなんて思っていませんか?

その答えはずばり、安すぎます。同世代の平均的な給料は31万円ほどですから、かなりの薄給、既婚者であれば生活苦を理由に離婚されても文句は言えないレベルです。

そんな条件下に置かれている皆様は、おそらく同じ職場でいくら頑張ったとしても、劇的に給与がアップすることはないでしょう。

それよりもむしろ心機一転、まったく新しい職場を目指すべきです。40歳向けの求人で手取りが25万円程度ということはあり得ないので、転職に成功するだけで、大幅な収入アップを目指せます。

とはいえ、40歳にもなって転職なんてできるの?なんて不安を持つ人も多いですよね。そんな皆様に向けた、40代の転職事情や、それをうまく乗り切るためのポイントなどについてもご紹介してゆきます。

転職で給与アップを目指すアラフォー正社員は必見です!

40歳で手取り25万円は極貧である

手取り25万円、高い生活レベルを望まなければ、もちろん問題なく暮らしてゆくことができる金額です。けれど40歳で手取り25万円だとすると、それはかなりヤバいという事を認識した方がよさそうです。

なぜ25万円ではヤバいのか、そしてどれだけヤバいのか、まずはその詳細についてチェックしてゆきましょう。

40歳で手取り25万円は惨めである

他人は他人、自分は自分と言いつつも、同世代の懐事情は気になるもの。平均的な40歳はいったいどれくらいの給与を得ているのでしょうか?

国税庁が平成28年に発表した民間給与実態統計調査によりますと、40代前半男性の平均年収は563万円だそうです。

ここからボーナスを3ヵ月分だとして15ヵ月で割って月収を割り出しますと、約37万円ということになります。もちろんそこから税金、社会保険料、健康保険料が引かれるので、手取りは31万円ほどとなる計算です。

この手取り31万円という金額はすべての労働者を含む平均値です。そこには夢を追いながら非正規で働いている人なども含まれています。つまり正規雇用者に限った場合、その金額はさらに高くなるはずです。

どうでしょう、手取り25万円の惨めさが伝わってきましたか?少なくとも平均的な額よりも、月に6万円も給与が少ないのです。

月6万円の差がありますと、生活レベルの違いは歴然としてきます。より良い住環境を選択できますし、外食だって余裕をもって愉しむことが可能です。

子供がいる人も多いかと思いますが、教育に使える費用を考えても…。この話題を続けていますとちょっとげんなりしてきますよね。それだけ惨めということです。

また、現時点でそれなりに評価され、それなりの給与を得ている人は今後も然るべき評価を受けて、給与はますます増えてゆきます。

つまり、現時点で生じている差は手を打たない限り広がってゆくということです。5年後、10年後、15年後と、同世代と比べた場合、手の届かない差が生じてしまいます。

また具体的な金額として考えてみましょう。手取り6万円の差が今後10年続いただけで、720万円の差が生まれます。

さらに収入差が広がってゆくとするとたった10年で1000万円以上の差が生じてもおかしくないということです。海外高級車だって即決で購入できる金額です。

それが世間一般と、あなたの収入差であるということをしっかりと認識しておく必要があります。

ちなみに先にご紹介しました国税庁の民間給与実態統計調査によりますと、40代前半女性の平均年収は302万円です。

これを月収に換算しますと、約20万円となります。女性は男性に比べ、非正規社員やパート従業員も多い傾向にあるもの。正規雇用の社員だけに限定しますと、これよりはかなり多くなるはずです。

>>手取り24万や25万円の家賃、貯金、小遣い等の実態は?

既婚なら離婚レベルの収入である

さて、40歳で手取り25万円という男性と結婚したいと思う女性はいるでしょうか?もちろん一人もいないということは無いでしょうが、ほとんどいないはずです。

なぜならその手取り金額ではいかにも生活が苦しそうだからです。それなりの家に住むことはできないでしょうし、美味しいものを食べられるような気がしません。ましていわんや海外旅行なんて夢のまた夢です。

さらに、きちんと子育てしてゆくということを考えますと、手取り25万円という金額がかなりのネックとなってきます。

さて、それを裏返して考えますと、既婚男性の皆様、その金額は生活苦を理由に離婚を切り出されかねない金額ということです。

もちろん収入も多く、心の広い奥様であれば、生活も問題なく送れるでしょうし、いっそ仕事を辞めて主夫になるなんて選択も良いのかもしれませんが、なかなかそんな虫の良い話はないですよね。

家庭を安定して維持してゆく、そして老後の資金もきちんと貯めるということを考えますと、手取り25万円というのは実際かなりきびしい金額であるということを認識しておきましょう。

40歳は年収600万円前後が理想である

手取り25万円というのが、非常に問題であるというのは見てきた通りですが、いったいどれくらいの年収があれば、理想と言えるのでしょうか?

手取り25万円だったのが、いきなり年収1000万円をめざしても現実的ではありません。実現するのはまあ不可能です。

現実的に目指すことができる最高額として考えられるのが年収600万円です。月収に換算しますと40万円ですから、生活にかなりの余裕が出てくるはずです。また、既婚者で奥様が働いている場合、世帯年収1000万円だって夢ではありません。

もちろん、現時点で40歳の手取り24万円や25万円だったものが、いまの職場でどれだけ頑張ったところで、いきなり手取り40万円をめざせるワケはありません。

どうすればそれを実現できるのか?その答えとなるのが転職です。40歳向けの求人で手取りが26万円なんてものはほとんどありませんから、転職に成功するだけで大幅な年収アップが目指せることになります。

>>年収(給料)上げる具体的な方法はとは?年収800万円も楽勝?

続いては、そんな気になる40歳の転職事情についてご紹介してゆきます。

薄給な40歳は転職はすべき!

さて、40歳で手取り25万というのであれば、転職を考えたほうが現実的です。とはいえ、その年齢での転職に不安を持つ人も少なくないでしょう。

そんな不安を取り払ってくれる40歳の転職事情についてご紹介してゆきたいと思います。

今はミドル層の求人は多い

「そもそも40歳なのに転職先なんてあるの?」なんてお考えの人もいるかもしれません。けれど実際に見てみますと、その求人数に驚かされるかもしれません。

確かに20代、30代と比較しますと、求人数はグッと少なくなります。とはいえ、そもそも人手が不足しすぎており20代、30代の求人がやたらと多いというだけの話です。40代での求人だけを見ていれば、十分すぎるほどの数がそろっています。

そして、それに対応するかのように、40代で転職する人がグッと増えました。転職成功者の15%が40代なんてデータもあるほどです。

若い人ほど転職をしがちということを考えますと、いかに多くの40代が転職活動をし、それを成功させているのかということが伺えます。

もたもたしていても、年齢は増える一方です。転職を考えるのであれば、今スグにでも動き出しましょう。

>>転職の限界は何歳まで?40代50代でも転職に成功してる人は多い

在職中に転職活動をしてリスクを軽減する

さて、40歳ともなりますと、リスクを冒すことは避けねばなりません。転職時に一番リスキーなのが、仕事を辞めて転職活動をするということです。

貯金が潤沢にあれば、仕事を辞めて、ゆっくりと余裕をもって仕事を探せば良いのですが、手取り25万円では、おそらく潤沢な貯金はないですよね。

わずかな貯金を頼りに、転職活動を続けていますと、かなりの焦りが生まれます。そんな状況下で、冷静な判断はできません。

「とりあえず」と思って飛び込んでみたらとんだブラック企業だった…なんて事もありえるのです。それでは転職成功とはとても言えませんよね。

となりますとやはり、現在の仕事を続けながら転職活動をすることになります。

仕事が終わってから、あるいは週末の時間を使って調べものやシートの作成をするのは確かにしんどい作業です。

けれどその作業は永遠に続くものではありませんし、転職に成功できれば余裕のある暮らしが待っているのです。

その可能性に挑戦するべきなのか、諦めるのか、答えはもちろん挑戦でしょう。

なお、転職活動を始めると、企業研究などなど、思った以上に時間が必要なことに気付くはずです。

それは皆同じ条件なのですから、今更焦ってもしょうがありません。転職活動は慌てず、騒がず、気長に行いましょう。

なお、ここぞという企業を見つけた場合には、有給などを使って、一気に攻め込んでください。せっかくのご縁を無駄にしないために、そういった緩急をつけることも重要です。

>>働きながら転職は難しい?働きながら転職のコツは?

ミドル層は給料や待遇に高望みはしないこと

「せっかく転職するのだから、給与も良くて、福利厚生も充実していて、有給もしっかりとれるところが良いなぁ」なんて考えるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

残念ながらそんなにうまい話はありません。それは「年収2000万円以上じゃないと結婚したくない」なんて現実が見えていない人と同様です。

もちろん給与などは高い方が良いのですが、給与だけに目を向けるのは危険です。例えばやたらに給与が良い場合、みなし残業代が含まれていたり、どんどんと人が辞めてゆく劣悪な労働環境だったりする可能性もあります。

あまりに劣悪な職場環境では、いくら給与が良くとも、すぐ辞めたくなるものです。それでは転職した意味がありません。

40代での転職活動は、高望みしすぎてはいけません。少なくとも40歳で手取りが25万や26万円という職場はなかなかありません。たいていの場合、転職に成功するだけでも給与はアップします。

給与や待遇を高望みするのではなく、自分が興味を持つ職種、そして自分を必要としてくれる職場に就職することこと、それが幸せな将来へとつながる転職です。

40歳で未経験分野に転職するコツ

さて、皆様の中には、未経験分野への転職活動に不安を覚えている人もいるのではないでしょうか?

もちろん、若い人に比べると、未経験分野への転職は難しいものです。けれど不可能ではありません。

皆様はおそらく40歳前後なのでしょうから、それなりの社会人経験があるものです。その社会人経験こそが、転職活動を切り抜けるための最大の武器となります。

仕事はどんな内容であれ、共通している部分があるものです。

例えば営業であれば、顧客の潜在的なニーズをつかむ能力にたけているはず。それを顧客ではなく、一般的な人に目を向ければ、その能力は商品開発だって可能です。

あるいは、接客畑に長くいた人は、やはり人との接し方が上手くなっていますので、電話対応の多い職場などもおすすめです。

自分はこの仕事しかしたことが無いし…と思うのではなく、自分がこれまでやってきた仕事を別の角度から見てみてください。希望する転職先で役立つ能力が少なからずあるはずです。

一方で、40歳以上の転職活動でやってはいけない事もあります。

その一つが、強すぎる自分アピールです。面接時に「俺はこんなにすごい!」といったことを連呼する人と一緒に働きたいと思うでしょうか?

「なんか、我が強そうな人だなぁ…」という印象を与えてしまい、それでは面接を通過することはできません。

一方で「たぶん御社でも役立つと思うんですよねぇ…、たぶん…」なんて自信なさげに言われても「大丈夫かな、この人…」と思われてしまいます。

この人と一緒に働きたい、この人に仕事を任せたいと思われるように、あくまでもさりげなく、それでいて力強く「こういった経験は御社でも役立てられるはずです」とアピールしてゆきましょう。

とにもかくにも、これまでの経験を冷静になって様々な角度から見直してみてください。未経験分野でも役立つ能力がきっと見つかりますよ。

山田鉄男

より良い会社へ転職するには「転職エージェントを利用する」ことが一般化してますが、そのメリットは何でしょうか?

7つのメリット

・カウンセリングなどでのキャリア相談
・自分の理想とする企業(求人)の紹介
・履歴書や職務履歴などの添削、作成
・徹底した面接対策
・求人企業との日程調整
・給与・年収などの交渉(自分ではやり難い部分ですよね)
・お金は一切必要ありません
…これ以外にも転職エージェントのメリットはあります

世間で人気なのは大手のリクルートエージェントdodaエージェントサービスマイナビエージェントになります。シゴツカ編集部はこの2社に登録(終始無料)して転職活動をすることが賢明な選択だと進言します。

転職って人生の中で3回ほどだと思うんですよね…ましてや奥さん、子供さん、住宅ローンを抱えた男性の方の転職の失敗は許されません。老若男女未婚既婚関係なく、シゴツカ編集部は転職活動は失敗してほしくありません。

本気で今より条件のいい会社への転職を考えている人は転職エージェントの利用は必須なのは間違いありません!

おすすめの転職エージェント

・『リクルートエージェント』
日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績No.1
公式サイト:リクルートエージェント

・『dodaエージェントサービス』
転職サイトと転職支援サービスのハイブリッド
公式サイト:https://doda.jp/

・『マイナビエージェント』
20~30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/