グローリーゲートクラブ(Glory Gate Club)とは?BGG(British Glory Gate)とは?

その他

山中武です。

グローリーゲートクラブは仮想通貨リップル(XRP)にまつわる投資案件です。

参加するにはクーポンを購入し、クーポンの価値が上がってから売却することで利益が出ると謳っていますが、実際のところはどうなっているのでしょうか。

イギリスの会社が運営しているようですが、マルチ商法で新規会員を獲得しているなど気になる点も多いです。(私はプランスゴールドアービトラージで騙されました)

仮想通貨に関する投資詐欺が増えてきている今、上手い儲け話は慎重過ぎるくらいに検討を重ねるようにしたいですよね。(ポンジスキームではなくガチであればバイオプのOMBやブックメーカーのBMMPですね)

それでは今回は、グローリーゲートクラブの詳細や評判などを詳しく見ていくことにしましょう。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

グローリーゲートクラブのしくみ

グローリーゲートクラブはイギリスにある企業British glory gateが運営している仮想通貨リップルの投資案件です。

グローリーゲートクラブに参加するには、まず運営からクーポンを購入しないといけません。

一定期間置いてこのクーポンの価値を高めてから売ることで、参加者に利益が出る仕組みだと説明されていますね。

ここで気になるのが、一体誰にクーポンを売ればいいのかです。

仮想通貨に関する海外投資に関するクーポンです。やはり買いたいと言ってくれる人を見つけるのは大変だろうと思われます。

またグローリーゲートクラブにはクーポン以外にも会員が稼げる仕組みがあるとされています。

・仮想モール『ジークタウン』の区画権利

・新規会員獲得による紹介報酬
(PGA投資やP2Pのゴッドソードも同じ)

仮想モールについては『将来的に仮想モールを作り会員が区画権利で利益を出せるようになる』と説明されています。

ただ仮想モール構想が発表されてからもう何年も経っているにもかかわらず、一向に実現する気配はありません。

もうできないんじゃないのと思われても仕方ないような状況になっています。

グローリーゲートクラブで稼げるのか?

資金が何倍にもなると勧誘されているグローリーゲートクラブですが、本当に稼げるのでしょうか。

まずグローリーゲートクラブで扱われる仮想通貨のリップル(XRP)ですが、これはある程度知名度のある仮想通貨です。

もちろん既に上場されていますし、アメリカで訴訟を抱えているものの現状は比較的ポジティブに評価されています。

ビットコインのような値上がりをするかどうかは未知数ですが、決して詐欺がらみの仮想通貨なんてことはありません。

ただ過去に投資詐欺やネットワークビジネスに名前を使われたことはありますね。

そして例えリップルが値上がりしたとしても、グローリーゲートクラブの参加者が稼げるかというとそんなことはないんじゃないかと思います。

グローリーゲートクラブに参加している方は単純にリップルを所有しているのではなく、クーポンを購入しています。

先ほども言いましたが発足から何年も経っているのにもかかわらず、このクーポンを実際に売って換金できる目途が全くたっていません。

最悪クーポン購入にあてた原資すら回収できない危険もあると考えられます。

グローリーゲートクラブはネットワークビジネス

グローリーゲートクラブでは新規会員を紹介すると、会員に報酬が支払われる仕組みになっています。

典型的なネットワークビジネス、マルチ商法の手口ですね。

実際グローリーゲートクラブに勧誘するセミナーなどが各地で開催されていて、そこで勧誘されるままに何十万、何百万と資金を投入した人もいるようです。

確かにグローリーゲートクラブのネットワークビジネスで成功した人は稼げていたかもしれませんね。

ただネットワークビジネスは結局後から参加した人はなかなか稼げないことがほとんどです。

ネットワークビジネスが出て来た時点で警戒するようにしたいですね。

グローリーゲートクラブで開催されていた説明会では、仮想通貨の話よりいかに新規会員を獲得するかの話しが多かったとの情報もあります。

運営は投資のことよりも、ネットワークビジネスでとにかく新規会員を獲得し資金を集めたがっているのかなと思ってしまいますね。

グローリーゲートクラブはMfaceに酷似

仮想通貨とクーポンと聞いて、Mfaceを思い浮かべた方もいるのではないでしょうか。

マルチ商法で会員を獲得している点でもグローリーゲートクラブはMfaceと同じです。

Mfaceは日本で活動していた勧誘グループから逮捕者も出たため結構大きな騒動になりましたね。

Mface運用開始からしばらくして突然、購入したクーポンやクレジットを現金化できなくなるルール改悪が行われました。

投入した資金を取り戻せないまま未だに途方に暮れている人も多いです。

Mfaceはポンジスキーム詐欺だろうと言われていますが、正直グローリーゲートクラブも同じようなにおいがします。

ポンジスキームは後から入会した人の資金で先に入会した人に利益を配分する自転車操業的な運営ですが、運営の手元にある程度資金がたまった段階で持ち逃げされ、二度と資金を取り返せなくなってしまいます。

仮想モールが待てども待てども出来上がらないなど既に不審点も出てきていますし、勧誘されても今からグローリーゲートクラブに関わるのは避けた方がよさそうですね。

グローリーゲートクラブの評判は?

グローリーゲートクラブの評判を調べてみました。

ネット上に口コミはあまり多くはないものの、『ただのマルチ商法』や『約束されていた資金が手に入らず、運営に時間稼ぎされている』、『出資した資金を取り返したいが返金されない』等、散々な評価が並んでいました。

イギリスのブリティッシュグローリーゲートは、あなた方が言われていたような立派な会社でしたか?
ブックメーカーのライセンスは保有していましたか?
あのパンフレットに書いてあったことに嘘偽りはありませんか?

貴方がたは詐欺師です。
嘘の情報で勧誘し、嘘に嘘を重ねて収拾がつかなくなっています。

私も大金と大切な友人をなくし、借金だけ残りました。
紹介したTは、一生恨み、それは墓場まで持って行きます。
因果応報で、コロナにでも感染して苦しめばと心より願っています。

引用元:https://sa-gi.net/

もし本当にグローリーゲートクラブがポンジスキームだった場合、海外の企業だと日本の行政権が及ばないため、返金請求するのが非常に難しくなります。

そして日本で金融商品を取り扱う場合金融庁に登録する必要がありますが、グローリーゲートクラブはもちろん無登録業者です。

日本以外の国で登録されている場合はまだ危険度が減りますが、HP上で一切触れられていないことから、どこの国のライセンスも所持していない可能性が高いんですよね。

海外無登録業者が高利率を謳った投資案件を販売していることは多いですが、そのほとんどが危険な案件なので十分注意するようにしてください。

まとめ

グローリーゲートクラブについて調べてきましたが、悪い評判が出てきていることと、無登録業者の可能性が高いこと。この2つで十分グローリーゲートクラブに参加しない理由になります。

実際クーポンがいつまでたっても換金できないことから、告発や訴訟に向けての動きも出てきているようですね。

そして仮想通貨がらみの投資はグローリーゲートクラブのようにネットワークビジネスで勢力を拡大していることが本当に多いですが、まともに稼げた案件は殆どありません。

今後もこういった投資案件が増えていくだろうと予想されるので、十分気を付けるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました