寺澤英明さんのスマキャン(SMA CAN)副業は詐欺なの?

その他
山中武
山中武

山中武(@tyblogty)です。

YouTubeの広告でスマキャンなる副業の広告を見たことある方は結構いるのではないでしょうか。スマホをほったらかしにするだけで月に40万稼げるなどと謳っていますが、正直怪しすぎますよね。

(月40万円を稼ぐのであればCBPDEHですね)

これは何か裏があるだろうとスマキャン副業について調べていくと、なんと危険な仮想通貨がからんでいることがわかりました。ここでは注意喚起の意味も込めてスマキャンの実態を暴いていきたいと思います。

BTCFXで稼ぐ)

弊サイトの人気副業(順位不問)

  • トライアングル:1年間で5000万円を稼げました
  • DEH:在宅副業で固定報酬2万円
  • TBC:スマホのみ・コピペで・時給5000円

山中武の厳選するネット副業で月100万円を稼ぐためのガチ教材40選

【無料レポート配布中】山中武の副業で月30万円稼ぐための戦略

友だち追加

スマキャン副業について

まずスマキャン副業の広告の内容をまとめておきましょう。ただこういった広告にはありがちなのですが、これを見ただけではほとんど何もわからないペラペラの内容になっています。

・誰でも最初の月から40万円の収入が見込める
・一撃収入と権利収入で即日報酬発生
・再現性100%
・初期費用0
・実践者500人以上
・必要なのはスマホだけ
・メディアに掲載されたことあり

(スマホのみで稼ぐのであればPOBLDEHですね)

メディア掲載実績についてどこのメディアでどう取り扱われたのか調べてみたのですが、それらしき情報は出てきませんでした。テレビ番組でも雑誌でも具体的な名前が出ていない時点であまり信用できないかなと思います。

権利収入は不動産や印税など直接的な労働をともなわない収入のことです。これはまだわかりますが、一撃収入については意味が分かりませんね。

スマキャンは何らかの権利収入で月に40万円もの収入を得られるとしていますが、権利収入って誰もが簡単に得られるものではもちろんありません。権利収入の具体的な内容が全く明かされていないので、これだけで信用するのは危険ですね。

一番気になるのは『誰でも40万円の収入』や『再現性100%』などと記載されていることです。誰もが同じように大金を稼げる仕事なんてこの世の中には存在しません。100%などと言い切っているのはさすがに広告のあり方として問題があるでしょう。誇大広告と言われても文句は言えません。

スマキャン副業に登録するとこうなる

スマキャンの副業をはじめるためにはLINE登録する必要があります。正直この広告の内容だけで登録に進むのは不安がありますね。

一旦LINE登録すると仕掛け人の寺澤英明さんが登場する動画と、無料WEBセミナーへの参加案内が届きます。この動画では『仮想通貨』との単語が登場しますが、具体的にどう稼げるのかについては明かされません。

ただもし仮想通貨のトレードを『再現性100%』などと宣伝しているなら本気で問題な気がしますね。

このWEBセミナーに参加しないと具体的な内容はわからないようなのですが、オンラインとはいえ事前情報がない中よくわからない人が開催するセミナーに出るのは不安があります。

そしてスマキャンではWEBセミナー参加後にさらにスマキャンオーナークラブなるものを紹介されます。稼ぎ方を知りたいならこのクラブに参加するしかなさそうなんですよね。

ここまでYouTubeの広告から始まり、LINE登録、WEBセミナー、スマキャンオーナークラブと、何となくたらいまわしにあっている感がありますね。この全ての過程で『稼げる稼げる』と連呼され続けると、最初は怪しんでいても感覚がマヒしていってしまう人もいるかもしれません。

スマキャン副業の実態

スマキャンで最終的に案内されるスマキャンオーナークラブですが、ここに入会した人にはスマキャンの実態が明かされます。なんとGrowなる仮想通貨の購入を勧められるんですよね。Growはまだ上場前の仮想通貨ですが、このGrowについてこういった説明が行われていたようです。

(投資で稼ぐのであればPOBLゼファーOMBですね)

・2023年3月に上場することが決まっている
・上場時に値段が10倍になると確定している
・所有していることで日利0.1%の配当がある

上場前の仮想通貨が結局上場されず、購入した人が全資金を失うといった詐欺が横行していました。Growは上場確定のような説明がされていましたが、正直安易に信用してしまうのは危険でしょう。

問題なのは上場時に値段が10倍になると言い切っているところです。仮想通貨の価値がどうなるのかなんて普通上場してみないとわからないわけで、値段が大幅に上がると言い切ってしまえる根拠が全くわかりません。あってはならないことですが市場に介入でもする気なのでしょうか。

また日利0.1%もありえない数字ですね。こんな数字を出してくる時点で相当警戒しないといけないでしょう。

権利収入でほったらかしで月に40万などと語っておいて実態は相当問題ある勧誘方法での仮想通貨販売であるなんて、何となく広告を見ているだけでは絶対想像がつきません。

スマキャン副業はビットキャッスル(bitCastle)がからんでいる

スマキャンで紹介される仮想通貨のGrowですが、上場先がビットキャッスル(bitCastle)と説明されます。スマキャンオーナークラブではビットキャッスルに登録するよう案内されるんですよね。

ビットキャッスルは海外の仮想通貨取引所で、これまで投資系の副業案件でこれでもかというほど名前が出てきました。この取引所自体が詐欺なわけでは決してないのですが、上場後暴落したりICO詐欺案件に絡んだりと、取り扱われている仮想通貨に問題が発生したケースが過去に沢山あります。

Growについてあり得ない利率の説明や上場される予定の取引所がビットキャッスルである点を考えると、スマキャンに対する警戒心が尚更上がります。

スマキャン副業の仕掛け人寺澤英明氏について

スマキャンの仕掛け人は寺澤英明さんです。この方外資系証券会社に勤務していたことがあり、テクニカルアナリストの資格を持つと紹介されています。

実は寺澤英明さんは過去にオンライン収入NEXTなる案件でOrbitなる仮想通貨を販売していたのですが、Orbitはビットキャッスルに上場されるや否や価格が暴落しています。当然購入した人は大損をしていますが返金などの話はなく、かなりの問題になっているんですよね。

このオンライン収入NEXTの仕組みですが、スマキャンにそっくりだと思いませんか。OrbitもGrowと同じように価格が10倍になるなどと説明が行われていました。

寺澤英明さんのこの過去の実績から見て、この方がからむ仮想通貨の副業にはあまり近付かない方がいいかもしれません。

スマキャン副業の運営会社と特商法に基づく記載

スマキャンの運営会社は一体どんなところなのか、特商法に基づく記載を探してみました。ただ広告に特商法に基づく記載へのリンクはあるものの、リンク先のページが表示されません。結局スマキャンを運営しているのがどんな会社なのか、確かなことはわかりませんでした。

ネット上で調べてみると、スマキャン運営の名前はわからないものの日本の住所と携帯番号はわかるといった情報と、海外の会社が運営しているとの情報があります。運営会社がわからないだけでも問題なのですが、運営とされる会社についての情報が錯綜しているのも不安でしかないですね。

正直会社名もロクにわからないのにそこからまだ上場もされていない仮想通貨を購入するなんて怖すぎます。

スマキャン副業の口コミ評判

スマキャンの副業について口コミを探してみたのですが、TwitterでGrowの配当が出たと発信している人が何人かいます。一応画像付きのツイートですが、配当回数だけが表示されているので具体的な金額などはわかりません。また画面上配当が出ているだけでそれを現金化したとの証拠はないようなので注意です。

ネット上の評判では寺澤英明さんの過去の案件の評判から、スマキャンについても要注意と注意喚起する声が多いです。過去案件の仮想通貨が紙くずになったのはまぎれもない事実なので、本当に気をつけましょう。

まとめ

スマキャン副業の実態は上場前の仮想通貨の販売でした。広告からは想像がつきませんし、LINE登録からクラブの紹介など仮想通貨と明かされるまでの過程が長く、どうしても不信感を抱いてしまいます。

仕掛け人の寺澤英明さんは過去に上場してすぐ暴落した仮想通貨を絶対利益が出るなどと言って販売していた実績があります。スマキャンも同じ末路をたどるのではとの予想が出ているのも仕方ないですね。

タイトルとURLをコピーしました