西郷晴輝さんの評判は?ビットキャッスル(BitCastle)は詐欺取引所なの?ビットコイン1億円分配布

無料オファー

山中武です(ツイッター:@tyblogty)。まずは本題に入る前に…
(興味のない人は読み飛ばしてくださいね!)

まずは本題に入る前に…昔は尋常ではなく人気(?)のあった長野広稔(ヒロト)さん。先日私は偶然ヒロトさんのツイッターアカウントを見付けて、ツイートを見てました。

フォロワーさんは2万もいるのに、1ツイート当たりの「いいね!」は数個で閑散としてました。虚しいですよね。「RT&ファボ」のサービスを利用すれば良いのに…(汗)今のままでは呟くだけ時間の無断ですね。

2017年頃は「ヒロト 詐欺」「ヒロト 金の亡者」など、良い意味でも悪い意味でもネット上では話題の情報販売者でした。今現在進行形でヒロトさんは稼いでいるのでしょうか。

ツイッターもYouTubeも閑散としてる状態で、今後「長野広稔」「ヒロト」「インターフィニティ」を表に出して、如何わしい情報を高額で販売する愚行はもうオワコンだと思う。売れませんよね…

仮面ブロガーズの大西良幸さんの言葉にもありましたが、実名、顔出しの戦略自体は間違っておりません。しかしながら、名前が棄損されるとダメな情報販売者の烙印を押される。なので、私は実名・顔出し戦略には批判的ですね。

事実、私は弊ブログを「山中武」のペンネームで運営してますが、もしこの名前が何らかの形でダメになれば、別ネームで別ブログを立ち上げればいいだけのこと。

そしてこれは大事なことですが、ブログにしてもツイッターにしてもYouTubeにしても、1ブランドでも売上には限界があることです。

これはリアルビジネスでも同じ。例えばですが、牛丼の「すき家」は、
「なか卯」
「ココス」
「ビッグボーイ」
「ジョリーパスタ」
「はま寿司」
「華屋与兵衛」
などの店舗を展開して年商5000億円を誇ってます。これがすき家だけだと、ここまで売上は無理ですよね…

=====
また先日、情報商材の購入に関する相談をされた専業主婦のGさんに、私は佐川陽介さんのマジェスティサイトシステム(MSS)を推した結果、GさんはMSSを購入。教材の内容を確認して「これなら稼げる」とGさんは歓喜してました。現在は月10万円前後をまあまあ安定して稼がれてるそうです…

追記として、GさんはMSSで月30万円前後をまあまあ安定して稼いでると報告をくれました。そして、その原資をもとにバイナリーオプションで稼ぐ「小池式」を購入。バイオプは投資なため負けも数多くあります。しかし勝率高めなため、暇な時間にエントリーをすることで都合100万円以上稼げた…と言われてました。

以前は私もやってた小池式ですが、私の本業はブログと転売。そのため現在は時間の関係などで投資はビットコインFXEAだけになってます。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

西郷晴輝さんのビットキャッスル

仮想通貨取引所であるbitCastleに登録をすると、総額1億円のビットコイン(BTC)をプレゼント。しかしながら、このキャンペーンをしてる西郷晴輝さんやbitCastleの評判は尋常ではなく悪く、私は呆れるレベルです。

「ビットキャッスルは詐欺でしょ…」との批評は尋常ではないレベルで多いですね。特にbitCastleは「詐欺取引所」と揶揄してる人もいる。ただ、詐欺取引所は大げさですね(汗)

また、西郷晴輝さんが総額1億円のビットコインをプレゼントすることは、私には考えられません…

私がビットキャッスルをゲスな取引所と思う理由は簡単で、運営が杜撰であることです。

まじめにツイッターを1年2年と運営してるのに、フォロワー数は数百人(笑)仮想通貨取引所のフォロワー数がこの数では話にはなりません。ビットコイン(BTC)を1億円分をばら撒くキャンペーンをやってるのであれば、普通は万単位のフォロワーさんはいるはずですよね。

補足として、日本で最大手のビットフライヤーは10万フォロワー超えてます。

ただ、最近は改善されてますが、以前は仮想通貨の両替ができませんでした(笑)「まじでクソな詐欺取引所だわ…」と揶揄してるブロガーさんがいました。私もその気持ちはわかりますね。

扱ってる仮想通貨に問題あり

私がビットキャッスルに関して「これはダメだろ…」と思った点は、詐欺まがいと評判になってる仮想通貨を主に扱ってる点です。

MCトークンなどはまさにそれ…その配当が捏造されてました。さすがに捏造の問題は呆れるしかありません。

MCトークン以外にはEVAトークンやHaicoin(ハイコイン・HIC)など…ネットで調べてもらえばわかりますが、詐欺仮想通貨と揶揄されてます。また、ビットキャッスルの発行する「Castle」。これもICO詐欺案件と揶揄されてます。

このようにビットキャッスルで扱ってる仮想通貨の大半は詐欺仮想通貨と揶揄されてます…(苦笑)

冷静に考えるまでもなく、このような胡散臭い取引所を利用しようとする人は仮想通貨の初心者で情報弱者の方々だけだと思います。そのため私は警笛を鳴らします。

このような仮想通貨取引所を1億円のプレゼントキャンペーンをしてまで、世間に認知させようとする西郷晴輝さんの考えは私には理解できません…。ただし、ビットキャッスルやHaiCoin(ハイイコン)のIEO詐欺案件に一枚噛んでる場合は別です。

通常、この流れのバラマキは、煽るだけ煽って、登録をさせて、あとは無視…言い訳としては、「ビットキャッスルと西郷晴輝さんは関係ありません…」で逃げれますよね。

山中武
山中武

これはあくまでも憶測です

以前の私はこの範疇の悪質なバラマキキャンペーンに引っかかってました。

期待をして、〇〇に登録する、登録後はプロダクトローンチで登録者を洗脳して高額なバックエンド商品を売る。実際は購入しなければ被害はありませんが、悪質行為ですね。

なので、私はこのような連中が1億円もの大金を犠牲にするとは考え難いですね。

まとめ

私は仮想通貨取引所で、価値の出ないと思う仮想通貨を購入して、大事なお金を捨てるのは危険だと思う。

また詐欺やポンジスキームと確定はしてませんが、PGA投資(プランスゴールドアービトラージ)やジュビリーエース、ジェンコ等でも「大事な資金を騙し(?)取られた…」と号泣してる人は尋常ではなく多め。

そのため、私のコンサル生さんが実際に成果を出してる、先にも紹介をしたビットコインFXで勝負をするのも選択肢としては「あり」だと思う。現に私は月30~50万円ほどをビットコインFXで稼いでます。同じリスクを背負うのであれば胡散臭い投資よりビットコインFXだと思う。

また、コンサル生の武田さん(仮名)は50代半ばにして長年勤務した会社をリストラされました。一般の人は35歳以降の転職はろくな仕事はありません。なので、50代半ばの転職は致命的になります。

悲惨な現状に悩んでる時、武田さんは私のサイトを見付けて質問をくれました。そこで、私と武田さんとの相談の結果、転売ビジネスのIBPを選択。

まじめに作業をすることにより月収30万円を突破。今後はこの勢いを借りて早い段階で月収50万円を目指すを言われてました。現在は配膳のバイトが月に10-15万円ほどあるので、じゅうぶん生活できると歓喜されてました。

タイトルとURLをコピーしました