扇動マーケティングのレビュー。だいぽん(濱田大輔)さんの評判は?詐欺師?|GRASP

情報商材

今に始まった話ではありませんが、グーグルのポンコツ化により「最近はブログ事業にイマイチ力(リキ)が入らんのよね…」と思ってる人は多め。

(ただし、PPCに関しては緩々な状態のため稼ぐのであれば、今はチャンスになります)

ブログ事業はまだまだ問題なく稼げますが、グーグルのポンコツ化のおかげで以前に比べて稼げなくなったのは事実。ただ、補足事項として1ブログでサクッと50万、100万を稼ぐのは難しいですが、1ブログで10万程度であれば稼ぐのは楽勝ですね(キッパリ!)

そのため、夜な夜な尋常ではなく作業してるのに、ブログで3万、5万円すらも稼げません…と悩まれてる人。それは、私が言うまでもなく、ブログで稼ぐ上での戦略が間違ってます。

そのため、そのような人はブログで稼ぐ基本を教えてくれる小西和夫さんのCACCでブログで稼ぐコツを学んでも良いと思う。

才能のある人は情報商材や高額塾にお布施をすることなく、稼げるようになる人もいますが、そのような人は激レアです。

また最近はネットビジネスで稼ぐためのオンラインサロンがあります。私は2、3の有名どこのオンラインサロンに入りました。しかし、参加をされてる人達はワイワイガヤガヤしてるだけ。サロンに浸っていても稼ぐための特別な情報が提供されるわけではありません。

ただ、価格はそこまで高額ではないため、興味のある人はサロンへ投資してみるのもあり。しかし、個人的には捨て銭になることは覚悟です(笑)イケハヤさんのオンラインサロンはダメダメでした。

22歳学生が見たオンラインサロンの裏。経歴詐称疑惑、30万円合宿… | bizSPA!フレッシュ
ここ数年、耳にするようになった「オンラインサロン」。基本的に有料かつクローズドな空間であり、そこで交わされる情報は原則、外部に持ち出すことはできないのがオンラインサロン。それゆえ、経歴が怪しい人物が混じっていたり、値段に見合った価値を提供で

また先日あったアフィ飲み会ではグーグルのポンコツ化に嫌気を感じて、ブログ事業とは別軸で転売事業をしてる方々は多めでした。

山中武
山中武

私は1年ほど前より実践してる

今後も友人達の軸は私と同じでブログですが、グーグルから集客してる以上、収入のリスクヘッジはしておくのは賢明な判断ですよね。今後、5年という期間で考えた場合、これ以上、私のブログ収入の下落はすることは考えてません。しかし現状では下落したブログ報酬を転売と投資(ビットコインFXEA)をすることにより補填してます。

また少しばかり大げさかもしれませんが、転売はヤフオクにしろ、アマゾンにしろ、プラットフォームが自動で集客をしてくれるため、自分のすることは利益の出る商品を探すだけ…

仕入れ作業は大変かもしれませんが、総合で考えると、サクッと稼ぐにはブログより転売のほうが楽だと思う。

ただ、注意点として、報酬の伸びは断然ブログ。正直10万、20万の粗利を転売で稼ぐのは簡単かもしれませんが、月100万円以上の粗利を転売で達成する方は稀。まじで大変です。現在私もIBPを実践してますが、最高粗利は90万円ほどです。

そのため、「ブログだけ」「転売だけ」で頑張るのではなく、両立して稼ぐべきである…

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

記事質は低くてもブログで稼げる

私のブログ記事を読まれた人であれば、「山中武の文章レベルは低次元…」と感じたはず(笑)そのため私は文章力(コピーライティング力)は捨ててます。

山中武
山中武

ただし、ある程度学習はしてます

ただ、ここで私が理解してほしいことは、「上手な文章を書ける=商品やサービスは成約しまくる」このような考えの人は多く、それはそれで間違いありません。

しかし、文章が下手であっても誰に何を言いたいか?これををガツンと伝えることができれば普通に商品は成約します。そのため「私の文章は下手である…」と私と同じような悩みを持ってる人でも、自暴自棄にならずコピーライティングを学んでおいて損はありません。

そこで、今回紹介するのはだいぽんさんの扇動マーケティングになります。

だいぽん(濱田大輔)さんの扇動マーケティング

この情報商材に関して、「過去のセミナー動画を3万円で販売して舐めてんじゃね~よ」このような意見が散見されます。しかし、通常、このようなノウハウは10年後も20年後も差はありません。そのため、この件に関して文句を言ってる人は扇動マーケティングを購入した意味を穿き違えてます。

実は私は扇動マーケティングの他にも宇崎恵吾さんのコピーライティングアフィリエイトプログラムも持っているのですが、扇動マーケティング同様、今でも稀にテキストを読み返しております。

この情報商材が販売された時期は10年ほど前ですが、何ら問題なく使えます。私の言いたいことは、コピーライティング系のノウハウは簡単には陳腐化しません。

大事な相違点

大事な点として、扇動マーケティングとコピーライティング系商材は同じだろ…と思うかもしれませんが、基本はまったく違うのです。

コピーライティングとは商品の魅力をガツンと伝えるテクニック。そして、扇動マーケティングは商品がほしくなるよう、読者をガツンと洗脳するテクニックになります。

扇動マーケティングは情報販売者、情報商材アフィリエイトとの相性は抜群なため、コピーライティング系情報商材よりも有効活用可能です。(ただ、私には豚に真珠状態です)

正直な話、コピーライティングは商品の魅力をよりよく伝えるだけ。しかし、扇動マーケティングは、文章を読んでる人を洗脳して「これほしいわ~」と思わせることが可能です。

事実としてだいぽんさんの文章を読んで洗脳されることで高額商品でもサクッと購入してしまいますよね(笑)事実として私は彼の情報商材を2本購入してるし…苦笑

このようなテクニックを知っておくと、元々文章に自信のある人は、より強力な武器を手にするため、ガツンとした尋常ではない成約率を叩き出せるようになります。

私は文章下手なため、扇動マーケティング有効活用できてませんが、今後「文章で食ってやる!」と思ってる人は自己アフィリエイトで購入するのもありだと思う。

タイトルとURLをコピーしました