ESTA副業は投資ではなく競馬?(月収150万円を稼ぐのは難しい)

無料オファー
山中武
山中武

山中武(@tyblogty)です。

副収入を得る方法として投資を考えている方もいるのではないでしょうか。

実際投資に使うツールや商材を販売する副業案件もあります。

(投資で稼ぐのであればPOBLゼファー

今回紹介するESTAも広告を見る限り、投資のような雰囲気です。

投資は資金がマイナスになるリスクをはらむので、気を付けないといけませんが、ESTAの場合調べていくと、それ以前の問題がある大変要注意な案件であることがわかりました。

ここではESTAの実態や評判を詳しく紹介していきます。

(投資以外の堅実なスキームで稼ぐにはDEHFSP

弊サイトの人気副業(順位不問)

  • トライアングル:1年間で5000万円を稼げました
  • POBL:5000円→8万円にする投資術
  • DEH:在宅副業で固定報酬2万円
  • RIB:初月137,912円→1年後1,623,717円を稼げました

山中武の厳選するネット副業で月100万円を稼ぐためのガチ教材40選

【無料レポート配布中】山中武の副業で月30万円稼ぐための戦略

ESTAの副業について

ESTAのLPを見ると、信じられない利率で億単位の収入も狙えるようなことが書いてあります。

内容をまとめていきましょう。

・完全自動で資産形成ができる
・100円から初めて億まで狙える(笑)
・即日5万円から月収150万円を目指そう
・初心者でも作業にかかる時間は実質30秒で週2回でOK
・ネットがあれば参加できる
・最高の月利は877%で平均月利は207%(笑)
・最短即日で入金
・エキスパートコンシェルジュによるサポートあり

(月収150万円を目指すのであれば、REN海外FXアフィリダイアリートライアングル

資産形成との単語が多発されていますが、何の副業なのかははっきりと書かれていません。

ただ月利とあるので投資なのかなと思わされますね。

といっても100円から始められる投資なんて思いつきませんし、月利877%や207%なんてありえない数字です。

投資の現実的な『年利』は5%から10%程度なので、月に877%の利益がどれだけおかしい数字なのか、わかっていただけるでしょう。

正直ポンジスキームの投資詐欺でも、こんな月利があげられていることはありません。

作業30秒で即日5万円も怪しすぎます。

投資で稼げるようになるには、それなりの勉強期間や準備期間が必要で、自動売買システムなどを使ったとしても、初心者が数秒で設定できるものではありません。

というか投資でもそうでなくても、こんな短時間で月に100万円以上も稼げるような副業は、存在しないので注意してください。

またなぜ作業をするのが週に2回なのかも謎です。

LPの画像を見ると、この週2日は土曜日と日曜日のことのようですが、土日だけ作業する投資なんて聞いたことないですよね。

株でもFXでも普通週末は取引所がしまっていて取引できません。

LPを見るとESTAは投資のように見せかけて、実は別の副業なのかなといった印象になりました。

ESTAの副業に登録するとこうなる

ESTAに参加するには、まずLINEの友達登録が必要です。

LPから友達登録すると、ESTA受付窓口とのアカウントとつながります。

このアカウントで案内されるのは、ESTAに参加したいならESTAガイドブックを9,800円で購入しないといけないことです。

18,000円が9,800円まで値引きされているようですね。

しかもこのガイドを買って参加すると、こういった特典があるといいます。

・12,000円キャッシュバック
・30,000円プレゼント

先着や期間限定らしいのですが、9,800円で商品を売って、合計42,000円もプレゼントしたら赤字でしょう。

というか12,000円は『キャッシュバック』です。

これと同じかそれ以上の金額を払った場合に返ってくるお金のはずですが、商品代は9,800円なので辻褄が合わないですね。

これはこのガイド以外にも、何か他の商品が後ろに控えている可能性が出てきました。

ESTAのようにLINEに誘導するタイプの副業では、最初に安い商品を買わせ、その後に高額なバックエンド商品を提示する手口がよく使われます。

くれぐれも気を付けてくださいね。

ESTAの副業の実態

ESTAの実態なのですが、実は投資ではなく競馬のようです。

しかもガイドブックでも競馬とはっきり書かずに、KIBAなどとぼかして書いてあるようです。

競馬のレースは週末に行われることがほとんどなので、これで作業する日が土日だった理由がわかりましたね。

・ESTA指数とオッズを掛け合わせて見ることで予想の的中率が当たる
・35年間のデータをもとに開発したツールがあるので完全自動で資産か増える

こんなことが書かれていますが、競馬って馬のレースの順位を当てるものですよね。

35年だとその間絶えず競走馬が入れ替わっているわけで、そんなデータが本当に有効なのかどうか疑問でしかありません。

競馬の初心者が30秒作業しただけで、月に150万円も稼げるツールがもし本当にあるならば、競馬ファンがどんどん買ってくれるでしょう。

わざわざ投資を装って、競馬の初心者に売りつけようとしている時点で、ツールの有効性がいかほどなのか予想できてしまいますね。

またESTAのガイドブックを購入すると、次に電話でカウンセリングを受けるように促されます。

先ほども言いましたが、これは高額商品の勧誘が始まる流れと全く同じです。

過去の副業の電話勧誘では、相手が紳士的ではない態度だった事例も多数報告されています。

電話で強く勧誘されたら断れない人も少なくないでしょう。

また電話することで電話番号や氏名などの個人情報を知られてしまうことにもなるので覚悟しておいてください。

ESTAの副業の問題点

競馬はギャンブルの一種です。

ESTAが悪質な副業だなと思う一番の理由は、ギャンブルと投資を混同させるような広告を使っている点でしょう。

投資は元本を割ることもあるので、ギャンブルと同じように思っている方もいるかもしれませんが、実は全然違います。

また副業案件でよくある投資詐欺のような案件ばかり見てると、ESTAと大差なく見えますが、あれは詐欺なので本当の投資とは異なります。

投資は確かに元本保証されていませんが、株式などで過去の長期的な動向を研究したり、銘柄をばらつかせたりと言ったリスク管理をすることで、長期的に見た時に利益を望めます。

全くの初心者がいきなりFX投資を始めると、ギャンブル的な要素が出てきてしまいますが、知識を付けたうえで計画的に行うことでリスクの分散が可能です。

一方ギャンブルは例えば競馬をみればわかるように、勝ち負けを予想するだけです。

株式やFXだと一旦下がっても、しばらく待てばまた上がる可能性がありますが、ギャンブルは負けたらそれでおしまいになります。

また競馬も各競走馬の実績など予想する際の材料はあるものの、基本的に勝敗はまぐれで決まります。

また競馬は掛け金の中から、一定の額が主催者のJRAに支払われます。

万馬券を当てることもあるでしょうが、理論上は掛けた金額全額が掛けた人に返ってくるわけではなく、長期的に行うと最初の資金がどんどん減っていくのが普通です。

全く勝てないとは言えませんが、勝てても一時的なものだと考えてください。

つまりギャンブルである競馬で資金形成したり、200%以上の月利を出すなんてありえません。

ギャンブルは遊びでするもので、資産形成のツールにはなりえないんです。

この事実を全く説明しないまま、競馬ツールで稼げるなどとしているESTAには、不誠実さしか感じませんね。

ESTAの副業の怪しい点

ESTAは有料商品を紹介しているだけあって、特商法に基づく記載はしっかりありました。

運営会社は株式会社クリエイトで、代表責任者は鬼塚尚仁さんになっています。

株式会社クリエイトは法人登録されている会社ですが、同じ住所で検索すると千件以上の会社が出てくることからもわかるようにレンタルオフィスを使っています。

レンタルオフィスを使っているまともな会社は沢山ありますが、有料の副業案件で運営会社がレンタルオフィスを使っている場合は、急に連絡がつかなくなる危険があるので避けた方が無難です。

またまだ設立されて間もない会社なのもあり、法人番号検索くらいでしか情報が出てきません。

何をしている会社なのかも謎なんですよね。

ただ35年も競馬のレースを研究しツールを作った会社が設立されて、まだ2年程度なのも不思議に感じます。

そして特商法に基づく記載には『効果には個人差がある』と明記されています。

なので、LPにあるような誰でも稼げるかのような表現には惑わされないようにしてください。

ESTAの副業の口コミ評判

ESTAに参加した人がいるのかどうか口コミを調べてみましたが、とにかくステマが酷いですね。

『ESTA 副業』で検索すると、一番最初にこの副業を絶賛しているサイトが出てくる他、他にもおすすめしている副業がいくつか出てきます。

ただESTAを絶賛しているサイトでは体験談としながらも、一番肝心なESTAが競馬の案件であることを全く明かしていません。

抽象的な内容を並べ稼げる稼げるなどと繰り返しています。

稼げてるのに競馬と知らないなんてことあり得ないので、これは運営側が用意したステマサイトだと判断できます。

TwitterなどSNSでは話題にもなっていないので、稼げるとの意見は信用しない方がいいでしょう。

ESTAの副業の注意喚起をするサイトが少ないのはなぜ?

先程ESTAを根拠なく絶賛するステマサイトが多いと言いましたが、検索していてもう1つ気になることがありました。

ESTAはここまで検証してきたように投資と見せかけて、実はギャンブルな非常に悪質な副業案件です。

普通こういった副業は色々なサイトで、注意喚起されているものなんですが、ステマサイトと比べて批判しているサイトが少ないんですよね。

ESTAを運営しているクリエイト株式会社の鬼塚尚仁さんは、ESTAに都合の悪い情報を載せているサイトに、記事の削除依頼を出している可能性があります。

真実とは異なるステマ記事を溢れさせて、証拠を元に検証しているサイトの記事は削除依頼で消していく。これを倫理的に問題あると思わない方は少ないのではないでしょうか。

ESTAは過去に別名で運営されていたのではとの疑惑があり、悪評が多くなるとまた名前を変えて、再リリースされる可能性もあります。

名前をいくら変えてもどんなツールを使っても、競馬で資産形成なんてできるわけないので、同じような副業に出くわした場合は本当に注意するようにしてください。

まとめ

ESTAはあたかも投資系の副業のように見せかけて、PRされていますが、実態は競馬でギャンブルです。

投資とギャンブルは似て非なるものですし、生き物がレースする競馬で、的中率の高いツールが作れるとも思わないので信用するのは危険です。

またESTAはガイドブック購入後に、運営と電話でコンタクトをとらないといけません。

高額案件への勧誘や個人情報の漏洩など、さまざまなリスクがあるので、もしガイドブックを購入した後であっても、安易に電話しないようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました