おもてなしビジネス(音読ビジネス、ぺたぺたビジネス)は消費者庁から注意喚起

無料オファー

山中武です。

誰でも楽に大金を稼げるならと思ったことが1度はありますよね。

(楽にお金を稼ぐのであれば、記事を書くことなく稼げるオロチ海外FXアフィリですね)

今回紹介する星野真実のおもてなしビジネスは、写真を専用プラットフォームにアップロードするだけで1日1万円稼げるとされる副業です。

本当なら嬉しい話ですが、こういった副業で実際に稼げることは非常にまれなんですよね。

SNSに写真をアップするのと同じような作業で副収入が得られると思って参加してしまうと、思いがけないトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

それではおもてなしビジネスについて、じっくり検証していくことにしましょう。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

おもてなしビジネスの内容

まずはおもてなしビジネスが一体どんな副業なのか見ておきましょう。

LPの内容をまとめると、

・食事や風景の写真を撮ってアップロードするだけ
・1日5千円から1万円を稼げる

になりますね。

楽して稼ぎたい人のための超次世代型錬金術と、あたかも食事やお出かけを楽しむついでに写真を撮って稼げるみたいな雰囲気になっています。

ただ本当に楽して大金が稼げるビジネスなんて、この世にそうそう存在しません。

やたら稼げるようにアピールしている案件も、実際は稼げないことがほとんどです。

おもてなしビジネスのLPに並ぶ文言には、正直首をかしげてしまいます。

プロのカメラマンでもPixta等の写真販売サイトに写真をアップして販売していますが、1日1万円、月に30万円もこれだけで稼ごうと思うと大変です。

(1日1万円程度であればX-Gameで稼がれる人は数多いですね)

知名度のあるサイトを使うことで購入してもらえるチャンスが多くなる代わりに手数料などが引かれるため、手元に入る金額は少なくなってしまいます。

このことを考えても素人が遊びのついでに撮った写真でそんなに稼げるとは思えないんですよね。

おもてなしビジネスで本当に稼げるの?

おもてなしビジネスに登録すると、ビジネスの詳細を説明するとされる動画を2件視聴することになります。

この動画の中で仕掛け人である星野真実さんがおもてなしビジネスで稼げる根拠を熱弁しています。

・専用のプラットフォームに写真をアップするだけ
・今海外で日本の日常風景をおさめた写真の需要が上がっている
・素人の撮った写真の方がプロの写真より好まれる傾向

需要が大きすぎて供給が追い付いていないので参加者を募集とされていますが、それにしては人数限定で募集されているのが気になります。

そんなに需要があるならそれこそ大手の写真販売サイトが競合してきてもおかしくないのですが、なぜ星野真実さんの所にだけ依頼が殺到しているのかも謎です。

いくら海外で日本の写真の需要があっても、にわかには信じがたいですね。

また動画の最後で、どんどん稼げるとされる値段設定が上がっていくのも気になりました。

おもてなしビジネスで案内される有料商品

動画を見た後には、予想通りというか、有料商品の紹介がありました。

9,800円の参加マニュアルです。

おもてなしビジネスに参加するにはこのマニュアルの購入が必須条件のようです。

なんとこの金額を支払って写真を1枚アップしたら、本当に1万円の報酬が貰えたようですね。

ただこの時点でアップできる写真の枚数は1枚だけ。

その後あらかじめ予約させられた電話コンサルで、もっと写真がアップしたいなら高額商材を購入するようにと連絡があるようです。

普通に考えて1万円の利益が出たのは、高額商材を買わせるための布石でしょう。

実際に高額商材を購入したとして、その後も同じように稼ぎ続けられるとはなかなか思えません。

そもそも次々と商品を買わせようとする手段に不信感を持つ人がほとんどなのではないでしょうか。

注意!おもてなしビジネスは消費者庁から注意喚起されている

おもてなしビジネスについて調べていると、なんとこの案件は消費者庁から注意喚起されていることがわかりました。

『最初に1万円程度の商品を買わせて、後から電話などでしつこく高額な情報商材に勧誘する』とはっきり書かれていますね。

参考:消費者庁

しかも消費者庁の調査で、おもてなしビジネスの運営はそもそも写真投稿用のプラットフォームを用意していなかったことまでわかったようですね。

プラットフォームに写真を投稿して稼ぐための高額商材を売りつけておいて、実際はそのプラットフォームが存在しない。

この時点で高額な商材を購入しても稼げるわけないのがわかってしまいます。

電話勧誘で8万円から200万円の情報商材を購入させる際に、クレジットカードの引き落としまでに払った以上の金額を稼げると言ってたようですが、完全に嘘の情報で商品を売りつけていたことになります。

本当に悪質としか言いようがないですね。

おもてなしビジネスの運営会社について

消費者庁からの警告にも載っていたおもてなしビジネスの運営会社、株式会社アースについても調べてみました。

設立はおもてなしビジネスが世に出る直前なようです。

そして所在地は、これはこういった副業案件を販売している会社に多いのですが、普通のアパートの一室です。

ネットでビジネスをしている会社なので大きな事務所はいらないかもしれませんが、本当に写真投稿ビジネスをするつもりがあったなら、システム開発や顧客サポートなどの業務が必要になります。

これをアパートの一室でできるとは思わないので、やはりただ役に立たない高額商材を売ることだけを目的に設立された会社なのではと思いますね。

この会社自体からして怪しいと感じてしまいます。

株式会社アースはミライズ株式会社と関係があるといわれていますが、ミライズ株式会社は他にも株式会社アースのような会社を通して同じようなビジネスを展開しています。

まとめ

おもてなしビジネスのような写真を投稿するだけで稼げるとPRされている副業は他にもいくつかありますが、本当に稼げるものに出会ったことがありません。

消費者庁から注意喚起されているということで、おもてなしビジネスも危険な案件と言わざる得ないでしょう。

高額商材を勧誘されるままに購入した人が多かったのは、9,800円のマニュアルを購入した後に本当に1万円稼げたからでしょう。

でもこれも商材を買わせるための運営側の作戦ですし、こういった顧客を一旦安心させて後から高額商品を出してくる案件は珍しくありません。

十分に注意するようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました