森田強司さん、小西和夫さんは詐欺?LINEトーク風のテキスト動画で稼ぐツール(LTS)の評判は?|㈱バンザイ・福田功

情報商材

山中武です(自己紹介)。まずは本題に入る前に…
(興味のない人は読み飛ばしてくださいね!)

まずコンサル生さんの成果報告になります。

幼少の子供が二人いて、日々多忙な主婦である小玉さん(仮名)は、松本正治さんのインサイダービジネスプログラム(転売)を実践することにより、月30万円の利益を突破しました。

松本正治さんの評判は?インサイダービジネスプログラムのレビュー|ネオ即金ビジネスは稼げる?ネタバレ
補足:以前の私は松本正治さんのサポートに依存する形で、IBPをアフィリエイトしておりました。 しかし今現在は私自身がSEOアフィリエイトという本業をやりながら、副業でIBPを実践して月に30~50万円前後の利益を出して、友人二人は100万...

小玉さんは主婦業の多忙な中、初月より13万円ほどの利益を出して、3ヵ月目には30万円。家事育児で大変な中、小玉さんの成果は立派だと思います。

私はネットビジネス専業なので、ずっと家におります。そのため、幼少の子供のいる主婦の方々の大変さはよく知ってます。ただ、このような状況下の中、小玉さんが成果を出せたのは、ネットビジネスのメリットである「自分の自由な時間に作業をできること」ですね。

また、別ネタとして、ここ数年、イケハヤさんやバンコクマナブさんなどのインフルエンサーの影響なのか「1日1記事書く」このようなことを目標にしてる人はいますが「ブログで稼ぐ=1日1記事書く」は関係ありません。

トレンドブログを運営してる人などは別にして、日々頑張って記事を書けば、アフィリエイトなりアドセンスなりお金を稼げると思ってるのは大間違いです(汗)

ブログで稼ぐ上で大事な点は、キャッシュポイント(広告)から逆算してキーワードを選ぶ。そして、そのキーワードで記事が上位表示することで報酬が発生します。

そのため私は記事数の上限は100-200記事あればじゅうぶんだと考えてます。そして投稿した記事の10%以上を確実にガツンとあげる。

上位表示させるためにサーチコンソールやアナリティクスから様々な情報を得て、記事を修正する。そして何回も記事を修正して、3位以内にラインクインしない場合は、別のゆるいキーワードへ変更する。

これがブログで稼ぐための基本的な流れになります。

根性を鍛えるためであれば、無意味(?)な1日1記事書く作業を継続しても良いですが、ブログアフィリエイトで稼ぐのであれば、記事数よりリライトの方が尋常ではなく重要です。

私は弊サイトでアフィリエイトの基本1から教えてくれる大西良幸さんの仮面ブロガーズプラスを推してますが、この教材内でも「1日1記事書きましょう…」と意味のない根性論は勧めてません(笑)

仮面ブロガーズ プラスは稼げない?評判は?大西良幸さんは詐欺師?|ネオナビ・我有洋哉
私は無料オファーなどの批評系記事を書く場合、現状では2000文字程度の文字量にしてます。 この理由は競合との文字量の関係もありますが、執筆した記事がアクセスを稼げるのかは不明。そして、仮にアクセスがあるとしてもトレンド記事よう...

また記事数が増えればロングテールでキーワードを拾います。ロングテールで集客をした場合、アクセスは増えるので、アドセンス報酬は増えるかもしれません。でも、アフィリエイトの場合はキーワードとのマッチング性もあるので思った以上に成約はしません。

森田強司さんのLine Tube System(LTS)

※弊記事は仮記事になります

私自身、最近はYouTube事業にも力(リキ)を入れてる私は、実際にLTSを実際に利用してみたのですが、その完成度は高く、私も場面場面に応じてLTSを使うことにしました。

この範疇のツールで有名なのは「もじまる」「Lie」ですが、これらとは違って、あらゆる点でもじまるを凌駕してると思う。サクサク作れるのでイライラ感はなく、短時間で自分の思う動画を作成できる。

また、私がもじまるを知ってるのは、今も昔も出会い系・マッチングアプリ系のブログを複数運営してるためです。

(出会い系やマッチングアプリ系のアフィリエイトブログを作成するのはおススメします。ブログ初心者でも月5-10万円程度のアフィリエイト報酬であれば簡単に稼げます。また人気インフルエンサーのクロネコ屋さんは恋愛ブログで稼ぐための有料noteを高額で販売してますが、内容と価格はアンマッチです)

私がまじまるで「LINEトーク画像」を作成するにおいて、常に感じてことは「ノロイ」でしたが、LTSはのろさやその他のことで問題を感じたことはありません。

見てて楽しい人気のあるジャンル

最近はオワコン化してますが、以前は2ちゃんねるまとめやニュース記事等のトレンドネタをテキストスクロールで流すだけの低品質の動画が幅を利かせてました。でも、現在はYouTubeの規約変更により収益化はできなくなりました。

私に言わせれば、あの低品質コンテンツをよく野放しにしてたな…と思います(笑)

そこで最近はやってるのが、LINEトーク風画像を使った動画になります。「LINEラボ」(6万人)や「気になるLINE」(13万人)、「話題のLINE」(16万人)などは有名。私はこのような方法で人を集めれるのね…と参考になりました。

チャンネル登録者数は再生回数も半端ありません…開設から1年ほどでチャンネル登録者数万人、再生回数100万回のようなケースもあります。

LTSを使うことにより、このようなLINEトークのテキスト動画を同等のクオリティで簡単に作成できます。

まとめ

今後YouTubeで稼ぐに上で「LINE風テキスト動画で稼いでやる!」と思ってる人は、間違いなくLTSを利用すれば良いと思うのです。でも私の中はブログの方がYouTubeより簡単に稼げてコスパ(時給効率)も断然上です。

そしてあくまでも、私の事例にはなりますが、Youtubeはアドセンス広告で稼ぐのではなく、動画を集客の間口にしてうまい具合にキャッシュポイントに流してます。(メンタリストdaigoさんと同じ考え。YouTubeから有料課金のニコニコ動画へ)

LTSを利用してのマネタイズは色々あると思うのですが、基本はアドセンス広告になると思う。そのため、マネタイズするにはチャンネル登録者数や再生時間の問題が絡むので、今から初めて即金で収入を稼ぐことは難しい。

そのため私はまずは即金で稼げる冒頭で紹介した、インサイダービジネスプログラムや佐川陽介さんのマジェスティサイトシステムを推します。(マジェスティサイトシステムで初月数十万円突破してるコンサル生さんはいます)

タイトルとURLをコピーしました