キラキラトレーダーKは誰?岡本明生さん?詐欺なの?

無料オファー
山中武
山中武

山中武(@tyblogty)です。

キラキラトレーダーKという名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。ニュースにも取り上げられたことがある人物なので、「少しヤバそうな人」というイメージが付き始めているようです。

キラキラトレーダーKが取り扱う案件は、投資ともFXとも言い切れない、あいまいなモノです。

若くて経験の浅い、そして「稼ぎたい」「いつかは成功したい」「何者かになりたい」という野望を持っている人がキラキラトレーダーKからのターゲットになりやすいようです。そして素直な人ほど要注意です。

「この人なら信じられる」「一生ついていきます」と感じて数百万円の借金を背負ってしまった人も多数いらっしゃいます。

キラキラトレーダーKはTwitterやInstagramで自分の煌びやかな生活をアップし続けています。「こんな生活をしてみたい」「思いっきり好きなものを買ったり好きなことをして遊びまくりたい」と感じるファンを増やそうとしているようです。

しかし騙された人からすれば「コイツの笑顔を見ていると吐き気がする」「早く逮捕されて欲しい」と感じるのは当然のことで、ウェブ上には様々な口コミが散見されます。

結論としてはキラキラトレーダーKの案件は完全に詐欺であり、稼げるようになることはありません。商材を探しているのであれば、他の案件にチャレンジした方が得策です。

この記事では、キラキラトレーダーKがどのように詐欺をはたらいているのかについて解説していきます。

弊サイトの人気副業(順位不問)

  • トライアングル:1年間で5000万円を稼げました
  • POBL:5000円→8万円にする投資術
  • DEH:在宅副業で固定報酬2万円
  • RIB:初月137,912円→1年後1,623,717円を稼げました

山中武の厳選するネット副業で月100万円を稼ぐためのガチ教材40選

【無料レポート配布中】山中武の副業で月30万円稼ぐための戦略

キラキラトレーダーKとは?

キラキラトレーダーKとは、InstagramやTwitterで派手できらびやかな生活を送っている様子を発信しつつ、興味を抱いた人へ勧誘を繰り返し登録費用をはじめ金銭を巻き上げているヤバい人です。

Twitterで上がっていた内容を参照すると、キラキラトレーダーKの人となりというかゲスさが分かっていただけると思います。

「チャンスは一瞬。掴むも逃すも自分次第。今じゃないとかお金がないとか時間がないとか言ってる奴はずっとそこにいろ。本気で稼ぎたい人は連絡ください」という文章とともに机一面に広げられた一万円札とキラキラトレーダーKの写真がアップされています。これは下品ですね。

上から目線でキラキラトレーダーKの案件に参加しない人を見下しつつ、すぐに参加することを決断する人を讃頌する内容となっており、一定数の人はひっかかる恐れがあります。

「すぐに参加メールを送ろう」「早く参加しないとキラキラトレーダーKの言うようにチャンスを逃してしまう」「一瞬のチャンスを掴み取らなければ」と考えさせる広告となっているので、勧誘が上手いですね。ネズミの親玉は一味違いますね。

さて、キラキラトレーダーKの本名は「岡本明生」です。キラキラトレーダーKとして活動する以前にも様々な案件を立ち上げては潰しているので、相当な被害者がいると思われます。

岡本明生は学生時代からネットワークビジネスにハマり、相当な手腕を発揮してきた過去があります。マルチの活動に専念するために学校を辞めたりしているので、ほんまもんですね。

実際アムウェイ等で活動をしてきたようですが、岡本明生の考えるビジネスは、自分だけが稼ぐためのものであり、そのためには多くの人を犠牲にしても良いという感覚が身についてしまったようです。

だから、岡本明生がキラキラトレーダーKとして活動する中、「稼ぎたい奴は連絡するように」と上から目線で、自分の中では「連絡してきたら稼がせてあげる」と思い込んでるだけなのかもしれませんが、実際参加者には借金しか残りませんからたちが悪いです。

キラキラトレーダーKの写真・活動内容

TwitterやInstagramでは派手な生活を送り、ブランドものの衣装をまとって豪遊する様子が写っています。豪華な生活を送っているように見えますが、撮影用にブランディングしている部分も多そうです。

派手な服装で運転席に座る写真がありますが、車種は「トヨタ・プレミオ」です。

こんな派手な生活を送っている人が選ぶ車としては違和感があります。岡本明生の実家の車の可能性もありますし、レンタカーかも知れません。そうなってくると衣装も本物なのか怪しい気がします。

ネットワークビジネスに手を染めた人だからこそ、実はあまりお金を持っていないという可能性も十分にあります。

映像等を確認すると豪華な生活をする以外に、紙幣を破り捨てる様子が映っていました。稼げるビジネスを真っ当に立ち上げた人であればお金の大切さを十分に分かっているはず。なのにキラキラトレーダーKはお札を破り捨てる。

まず間違いなく真っ当なビジネスをやっていないのでしょう。感覚がおかしくなっているようで、その行動がカッコいいと感じてしまっているようです。冒頭で言ったように、下品です。

キラキラトレーダーKの案件に参加するとどうなる?

キラキラトレーダーKの動画によると「俺についてくれば間違いなく人生を変えてあげる みんな、決断すれば人生は180度変わる。

まずは一歩踏み出す勇気を持って、チャレンジしてほしい。皆さんの人生がさらに豊かなものになることを心より願っています」とのメッセージがあります。

いわゆる情報商材の販売手法にも通ずるところがありますが、このような熱いメッセージを発信して今を悶々と生きている人を対象に「行動」を呼びかけるものになっています。

しかし、キラキラトレーダーKの案件はこれだけでは終わりません。

キラキラトレーダーKの案件に参加した人物(A)が、新たに会員(B)を募集し参加させることができた場合、Bが支払った売り上げの一部がAにキックバックされる仕組みがあります。

そうです、キラキラトレーダーKの得意分野、マルチです。

マルチは親玉レベルの人物になれればある程度の収益を確保できる場合もあります。しかしそれはごく稀です。

「不労所得を得られる」「副業収入を得られるようになる」「新たな人脈を築くことができ、人生を変えることができる」そんな夢を抱きながら参加する人の多くは、まとまった金額を稼ぐことができないままに辞めていきます。

マルチで収益を確保することはそれだけ難しいのです。新たにネットワークビジネスに参戦し、新規会員を募集する場合生半可な活動では結果は出せないし、出費が嵩むだけです。

しっかりやったとしても、周囲の人間関係がおかしくなったり、弊害しかありません。本案件はリスクしかありませんので参加はやめておきましょう。

キラキラトレーダーKに関する口コミとは?

キラキラトレーダーKは大勢の被害者から訴訟を起こされ、ニュースにも取り上げられています。逮捕されるのも時間の問題でしょう。被害者の方の証言内容をまとめていきます。

「友達から『とある社長(K氏)に出会って人生が変わった』と教えてもらって。良かったらその人(K氏)に連絡をしてみてと言われて連絡をした。

トータル的には完全マイナスですね。自分は50万円くらいはたぶん損失していますね。

深々といろいろ聞いていったら、その人(K氏)はビジネスをやって実際には稼いでいると知って悔しいです。早く捕まってほしいです。笑っている顔を見るのが吐き気がするくらいです」

上記のように被害を訴える方が非常に多く、「コンサル料」としてK氏に支払わなければならない110万円のうちほとんどがK氏の懐に消えてしまうようです。

「僕は岡本明生に110万円騙されました。こんなこと恥ずかしくて誰にも言えず、消費者金融に返していくめどが立たず、毎日お金がなく余裕がない日が続いています」という口コミもあり、コンサル料を支払わせるために、参加者を消費者金融に走らせる傾向もあるようです。

今回キラキラトレーダーKが取り扱うビジネスモデルは基本的にFXとされてはいますが、岡本明生はトレードのことを全く理解していません。

本人の知識も乏しいため、ノートパソコンを片手にそれっぽい画面を見せて新規会員を勧誘していたようですが、「デモトレード画面がおかしい」「勝てるタイミングを教えるとあるが物理的に不可能」というように、投資にある程度詳しい人から見るとキラキラトレーダーKの知識は素人レベルということが分かります。

そんなレベルですから一円も稼げる可能性はありませんし、キラキラトレーダーKはコンサル料を騙し取っているだけということになります。

危険極まりない案件ですので、決して関わらないようにしましょう。

キラキラトレーダーKのまとめ

キラキラトレーダーKはニュースにも被害者の証言を含めて取り上げられたことがある人物なので、「少しヤバそうな人」というイメージ通り、ガチで危険な詐欺師と判明しましたね。

キラキラトレーダーKとは、InstagramやTwitterで派手できらびやかな生活を送っている様子を発信しつつ、興味を抱いた人へ勧誘を繰り返し登録費用をはじめ一般の方から金銭を巻き上げている詐欺師です。

逮捕されるのは時間の問題と思われます。罪の意識があるのかは分かりませんが、法律に違反していることは何となく分かっているようで、記者から直撃された際には一言も話さずに、走って逃げていった様子が録画されています。

ここまで自分のことしか考えない人は珍しいので面白いですね。キラキラトレーダーKの決め台詞は「チャンスは一瞬。掴むも逃すも自分次第。今じゃないとかお金がないとか時間がないとか言ってる奴はずっとそこにいろ。本気で稼ぎたい人は連絡ください」です。

併せて机一面に広げられた一万円札とキラキラトレーダーK自身の写真がアップされます。自己顕示欲が強いようですが、アムウェイなどのネットワークビジネスを共に実践した同期の人から見ると「Kはかなり無理をしている」と感じるようです。そこまでお金を持っている訳ではないのでしょう。とにかく発信する内容は下品ですね。

「俺についてくれば間違いなく人生を変えてあげる みんな、決断すれば人生は180度変わる。まずは一歩踏み出す勇気を持って、チャレンジしてほしい。皆さんの人生がさらに豊かなものになることを心より願っています」とも言っていますね。

しかしふたを開けてみるとキラキラトレーダーKはただ単に新規会員を募集しているだけで、新規会員が稼げるようになるための取り組みは一切行っていません。

とにかくキラキラトレーダーKが関わっているようなマルチ案件は危険であり、リスクしかないケースが多々あります。どんなに頑張ってもキラキラトレーダーKが広告上で言うような結果を得るのは難しいでしょう。

マルチは親玉レベルの人物になれればある程度の収益を確保できる場合もあります。しかしそれはごく稀です。

「不労所得を得られる」「副業収入を得られるようになる」「新たな人脈を築くことができ、人生を変えることができる」そんな夢を抱きながら参加する人の多くは、まとまった金額を稼ぐことができないままに辞めていきます。

マルチで収益を確保することはそれだけ難しいのです。新たにネットワークビジネスに参戦し、新規会員を募集する場合生半可な活動では結果は出せないし、出費が嵩むだけです。

しっかりやったとしても、周囲の人間関係がおかしくなったり、弊害しかありません。本案件はリスクしかありませんので参加はやめておきましょう。

関連記事:
MLMであるSuzuverse(スズバース)は怪しいの?(宮内亮治氏メタバースプロジェクト)
ドテラは怪しいの?アロマオイルのマルチ商法(MLM)はリスク
アイテック化粧品はやばいの?山口孝榮さんの現在は?

タイトルとURLをコピーしました