キーワード選定方法?難易度高めのキーワード選択では稼げません。高成約率のキーワードを探す

ネットビジネス講座

最近の人気は「3WAY型「0→1」攻略プログラム(杉山健一)」「ネオリセールロングインベストメント(小島和正)」に集約されてる感じです。

両情報商材のメリットは短期間でガツンとした大金を稼げる点。特にNRLの成果は尋常ではなく一ヶ月間で180万円、300万円を稼がれた猛者をもおります。そして、小島さん曰く「NRLでは1ヵ月間で100万円以上を稼がれた人は100人以上」だそうです(驚)

最近はコロナの影響により減給や解雇されて悲惨な人生を歩まれてる人は多いですが、NRLや3WAYで元気(金欠)を乗り越えてる人も多いですよ。捨てる神あれば拾う神あり…ですね。

アクセスが集められない原因を考察する

アクセスが集められないのは、キーワードをガツンと考えることなく記事を書いてることが原因になります。キーワードを安易に考えてると作業した時間は本当に無駄になります。

キーワードをガツンと精査して狙って記事を作成しないことには、そもそも検索されません。適当では話になりません。

そして、検索した人が記事を見付けたとしても、検索ワードと回答(記事内容)に相違があれば
「何これ…」となって記事から離脱します。離脱率の高い記事はGからの評価は下がります。

そして、どのジャンルでも必ず競合となるライバルは存在してます。

よくブルーオーシャンワードを〇〇ツールで見付けましょう…とあります。しかし、あれはツールを販売するための口実。ブルーオーシャンは「あまり」ありません。あの範疇のツールで簡単に見付かれば、私は今頃もっと稼いでます。

~~~
補足事項として、最近の私はトレンドワードをまあまあ推してます。その理由ですが、一般ワードはドメイン力のある大手に独占されてますので、ドメイン力のないブログの上位表示は難しいですよね。

トレンド記事と言えば、PVを稼ぐために芸能や事件、事故などを想像されます。しかし芸能や事件、事故の記事を嫌悪してる人は多めですし、競合は多め。

ですので、新商品や新サービス、新規店舗…このようなワードで攻めるのもありです。事例として家電は家電でもドライヤーのトレンド型特化ブログを作成してキャッシュポイントを楽天やアマゾンアフィリにする。

正直なところ、この方法は小銭しか稼げません。しかしゼロイチを体験するには良いと思います。
~~~

そのため、ブログ初心者の場合は安易な気持ちでキーワードを選択して地獄を見てる人は多めです。

エイチレフスの存在

そこで大事なことは、キャッシュポイントに成約するようなキーワードで競合は尋常ではなく少ないキーワードを見付ける…ことです

私はそれを「エイチレフス」で探してます。あまり自分の脳を使うことはありません(笑)

(各情報販売者さんがキーワード関連のツールを出してますが、個人的には不要だと思う。あのようなツールでは、皆が皆同じワードに殺到する。そのため競合少なめ稼げるワードを見付けても、そのワードは激戦になります)

エイチレフスのliteプランは月額1万1000円程度(99-999ドル)ですが、そのリターンは尋常ではありません。

ブルーオーシャンワードは無理ですが競合は少なく、成約率高めのキーワードは見付ります。探す労力は必要ですが、ほぼ脳ミソ不要です(笑)私自身、エイチレフスを利用するようになってキーワード探しは楽になりました。友人らも全員言ってます。

キーワード選びはガツンと吟味して、記事執筆をしませんと
・アクセスは集まらない
・アクセスはあっても商品は成約しない

このようなジレンマに陥ります。

具体的なキーワードの選び方

また、あまり競合のない穴場キーワードを見付けても、成果に結び繋げる(報酬を稼ぐ)ための視点をもって記事を執筆しないと殆ど意味はありません。

その視点とは何か…それは「アクセスを集めたその先を見据えること」です。

・ どんな悩みを持ってる人が、そのキーワードで検索するのか
・ そのキーワードで検索する人は何を求めているのか

このポイントを考慮した上で記事を執筆する必要があります。

もし、ここの部分を深く考えずに、アクセスを集めるだけの視点でキーワードで記事を執筆した場合、アクセスはあるのに、待っても待っても報酬は発生することなく、ブログを挫折する原因になります。所謂属性の違いです。

ブログを添削してて、アクセスがあるのに報酬の発生しないケースの大半は顧客属性の違いになります。

~~~
補足事項として集客用の記事ばかりを頑張って執筆して、マネタイズ記事を蔑ろしてる人も多め。ある程度稼がれてる人はともかく、ブログ初心者の方々は、9:1ほででOK。

熟練者は逆。マネタイズ記事は1割程度。弊ブログのマネタイズ記事も1割前後だと思う。
~~~

カメラを事例にする

例えばですが、カメラをアフィリエイトする場合、「カメラ(名称)+機能の使い方」この複合キーワードが、ライバルの少なめの狙い目のキーワードだとします。

でも、この複合ワードで集客をして、カメラをアフィリエイトしても成果を出すことは難しい…です。

その理由は「機能の使い方」というキーワードをネット検索する人はカメラの機能を活用する方法を知りたいと思っている人。あなたが「売ろう…」と思ってるカメラを持ってる…からですね。

その人にカメラをセールスしても、同じモノを購入することはありませんし、別のカメラを推しても結果は同じです。ただし、友人から借りてるケースは別です。

これが、アクセスを集められたとしても成果にならない原因になります

ただし、育毛剤などのように使い切った後、商品が必要になるモノ。これらは今後、購入される可能性が出てきます。そのため「使い方」というキーワードでも報酬が発生することはあります。

~~~
補足としてアマゾンや楽天のアフィリをやってる人は、後日補充の必要になる商品ばかりを紹介してアフィリ報酬を稼ぐ戦略もあり。大金は稼げませんがゼロイチを体験して小遣いを稼ぐのには良いと思う
~~~

商品が継続して売れるモノかどうか?これも商品を売り込むためには必要な視点になります。

ですので、前述したような
「 どういう人がそのキーワードを使って検索するのか」
「キーワードを検索する人は何を求めているのか」

これと併せて、
「アフィリエイト商品が定期的に売れるモノか」
この点も考慮してキーワードや商品を選択することです。

では、カメラをアフィリエイトする場合は
「カメラが欲しいと思っている人」
「カメラの購入を検討している人」
等々…この考えを持っている人を狙わないとモノは売れません。

そのため、カメラに興味のある人は「使用した人の感想」や「体験した人のレビュー」等の情報が必要になります。

・ 自分でもカメラは扱えるの?
・ 良い点や良くなかった点はどこ?
・ きれいに写真は撮れるの?
・ 価格や機能は満足できるモノなの?

これら知りたいと思ってる人はカメラが欲しい人や検討している人でもあります。

ですから、検索した人が悩みそうなことや不安に感じそうな点を解消してあげれば商品を売り込みやすいのです。

私はよくSNSでも言及してますが検索をされる人は悩んでる。そのため悩みを解決してあげると、サクッと成約します。

ライバルの少ないキーワードだから狙い目と捉えるのではなく、その先を見据えて商品を売り込めるか否か。この視点をもった上で記事を作るようにしてみてください。

アクセスと成果は密接に関係してます。

そのため成果に繋げるためのキーワードを狙って記事を作り、アクセスを集める必要があることがおわかりいただけたと思います。

タイトルとURLをコピーしました