【MLM】フォーデイズはやばいの?

無料オファー
山中武
山中武

山中武(@tyblogty)です。

フォーデイズというやばい案件情報が入ってきました。内容としては、フォーデイズ株式会社が運営するマルチネットワークビジネス(MLM)となります。本当に価値のある情報なのかどうかをしっかり検証していきます。

健康食品及び化粧品の開発を主に行っている、一応ちゃんとした企業のように見えますが、重要なのは本当に参加した人が稼げる仕組みになっているかどうかです。マルチと言えばアムウェイが超有名ですが、このタイプのビジネスは、半ば強制的に新規加入させられ、最終的には全く儲けられないという被害も多数報告されています。

フォーデイズは本当に稼げるのでしょうか。アムウェイのように、信者がうようよ群がってきて、良いことだけ囁いて無理やり「仲間」にされてしまったりしないでしょうか。最悪の場合借金だけが残ってしまったという事態にもなりかねません。

現時点では良く分からない点が多すぎるため、フォーデイズに関する検証作業を進めていきます。興味本位で迂闊に参加するリスクは非常に大きいです。是非本記事を参考にしていただければ幸いです。

弊サイトの人気副業(順位不問)

  • トライアングル:1年間で5000万円を稼げました
  • POBL:5000円→8万円にする投資術
  • DEH:在宅副業で固定報酬2万円
  • RIB:初月137,912円→1年後1,623,717円を稼げました

山中武の厳選するネット副業で月100万円を稼ぐためのガチ教材40選

【無料レポート配布中】山中武の副業で月30万円稼ぐための戦略

フォーデイズとは?やばい案件?

フォーデイズ(フォーデイズ株式会社)は「健康食品と化粧品の開発及び販売」を自社で行う1997年創業の老舗企業ということになっています。ビジネスモデルとしてはマルチネットワークビジネス(MLM)となりますので、「紹介手数料で副業収入を得よう」的な誘い方をしてきます。

ちなみに、マルチネットワークビジネスとは、マルチ商法、ネットワークビジネスとも言われるグレーゾーン的存在です。仕組みとしては、親→子→孫という形でピラミッド式に会員を広げ、商品の販売で得られるマージンや新規会員獲得時に得られる手数料がそれぞれ会員の収入となります。

以上の情報だけでは問題なさそうに聞こえるかもしれませんが、それぞれの会員が利益をたくさん得るために余計な仕入れを行い、仕入れた商品が売れなくて不必要な在庫を大量に抱えてしまうといったトラブルが頻発しています。そのため、そもそもマルチネットワークビジネスは特定商取引に関する法律によって厳しく規制されているのです。

現時点で推察するに、フォーデイズはアムウェイと変わらないマルチネットワークビジネスです。副業としてスタートするにはリスクが大きいことが予測されますが、万が一ということもありますのでフォーデイズ株式会社に関する情報をまとめていきます。

フォーデイズに登録するとやばい?

フォーデイズでマルチネットワークビジネスを開始するには、ビジネス会員として登録を行うことになります。フォーデイズの商品を利用するだけでなく、新たな会員を紹介するという契約を結ぶことになります。

フォーデイズへの登録費用自体は無料ですが、登録コースがA、B、F、G、Iの5種類を用意されています。そのどれもが、フォーデイズの商品を毎月購入するプランとなっており、固定費だけでそこそこの出費となります。

例えばAコースの場合、初回購入費用としてDNコラーゲン2本で18600円です。その後毎月DNコラーゲン1本を購入し続ける必要があり、その費用は毎月9300円となります。ちなみにBコースを選んだ場合、初回購入費用としてはDNコラーゲン4本で37200円、毎月購入費用はDNコラーゲン2本で18600円となります。

プラン料金が高額なほど、受け取れる紹介報酬やボーナスも高額にはなりますが、一番安いプランのAコースでも初期費用で18600円、毎月の費用で9300円かかってしまいます。副業ビジネスとして考える場合、コスト以上の収益がないとやる意味が全くないのですが、フォーデイズをやる場合どうしてもここは避けて通れない道となります。

そもそもマルチネットワークビジネスの考え方として、「自分がとても気に入っている商品を周りの人に勧めて購入してもらう」という心理があるため、人に勧める以上は自分も該当の商品を必ず購入して体験しておく必要があります。

これだけの費用を毎月フォーデイズに納めるとなると、ネットワークのピラミッド上層部にいる人たちはそこそこ儲かりそうな雰囲気がありますね。しかしこれからフォーデイズを始める人は、末端からスタートすることになるため、利益を得られるようになるには相当の時間と労力が必要になると予想できます。

さらに、フォーデイズに登録する際には必ず運営が開く勉強会に出席し、フォーデイズで活動するためのライセンスを取得する必要があります。会員登録してすぐにビジネスをスタートできる訳でもなく、それなりに時間とお金を搾取されてしまいます。

フォーデイズで受け取れる報酬体系もやばい?

フォーデイズに登録して活動した結果受け取れる報酬は、アムウェイ等のネットワークビジネスと同じ仕組みとなります。ユニレベルを活用したラインボーナス、ディレクターボーナス、タイトルボーナスが該当します。

ユニレベルの具体的な数値は、自分が紹介した人の購入額から15%です。さらに、いわゆる2次ラインと言われる、自分が勧誘した人が勧誘した人の購入額から5%を受け取れる仕組みとなります。

また、各個人や紹介された人からできた組織が購入実績によって一定のポイントに達した場合にもらえるタイトルもあり、報酬ランクもアップします。タイトルを上げると2次ライン以降も報酬が10%に上がるなど、かなりの金額を売りまくると「ご褒美」も用意されています。

そのためネットワークビジネスをやっている人たちは皆、夜な夜なグループで集まりパーティーしてる様子をTwitterや InstagramなどのSNSにアップする訳です。「私たちのグループに入るとこんなに楽しいことがあるよ」的な感じです。

しかし残念なことに、末端の人たちが頑張っても収入を得られるようになるのは難しいものがあります。まずは自分がある程度の商品を購入したしなければならないし、組織に所属してる以上はその「ノルマ」を果たさないといけません。

そのため、いくら自分の下にピラミッドができていったとしても、利益を増やすのは至難の業です。そもそも、フォーデイズの考え方に共感して紹介に応じてくれる人が多くありません。SNSやWEB上であらゆる情報がすぐに検索できる今、マルチネットワークビジネスの危険性を知らない人の方が少ないです。

そのため、自分の下のピラミッドを作っていくのは非常に難しいのが現実です。だから先ほども言ったように「私たちのグループに入ると楽しい」アピールをしますが、その費用も結構かかりますよね。

よくBBQやナイトプールなど、インスタ映えするようなイベントに大勢集まっている写真があると思います。必要経費とは言え、ほぼ毎週そのような「営業活動」をするのもなかなか大変です。

フォーデイズの活動費用を集めるために夜間バイトをする、という人もいますがハッキリ言って本末転倒です。せっかく副業をスタートして収益を増やしていこうと考えるなら、時間やコストの無駄は徹底的に避けるべきです。特にフォーデイズのように稼げない可能性が高い案件に、コストを注ぎ込むのは完全に無駄ですし借金だけ残ってしまったという事態にもなりかねません。

フォーデイズのやばい口コミとは?

フォーデイズは美容系、健康系のサプリやドリンク、化粧品等を取り扱っています。ネットワークビジネスで商品を説明される時の「あるある」なのですが、紹介員の強い営業が「うっとおしい」という口コミが散見されます。

商品自体は害があったり、違法なものという訳ではないので摂取することに問題がある訳ではありませんが、その商品紹介方法に問題があると思われます。

「このドリンクを飲むとガンが治る」「視力が回復する」「若返る」といった誇張表現を繰り返すので、次第に消費者庁も目をつぶっていられなくなり、過去にフォーデイズに大して業務停止命令が出たことがあります。

フォーデイズの健康ドリンクを飲むと体が若返ると言われても、根拠や具体的なエビデンスも一切ありません。悪いものではないのかも知れませんが、誇大広告と言われても仕方ありません。

もし勧誘員が現れて、「このドリンクを飲まないなんて人生損してるよ」と言われても、相手にするだけ時間の無駄です。キッチリとお断りすることをおすすめします。

フォーデイズのまとめ

フォーデイズについてご紹介しました。基本的にはアムウェイやニュースキンのようなマルチネットワークビジネスとなります。そのため、あなたにフォーデイズについて紹介してくる人が現れた場合、結構執拗な勧誘をしてくると思われます。

厄介なのが完全に洗脳された新人です。善意で「この商品をあなたにおすすめしたい」と近づいてくるためです。このタイプの人にはどれだけ「フォーデイズはやめた方が良い」と伝えても無駄です。そのため、話は聞き流してその人とは距離を置く必要がありますね。

さて、フォーデイズがビジネスとして成立するかどうかですが、まず難しいというのが結論です。自分で購入しなければならない商品が毎月あるため、必ず高額なコストが発生します。そのコスト以上の収益を確保するというのは、現実的に難しいでしょう。

みんながみんなそういう訳ではありませんが、久しぶりに会ってランチでもしない?と誘ってくる昔の友達(そんなに仲が良い訳ではなかった)が出てきたら要注意です。このような稼げない案件に時間を費やしても無駄です。せっかく副業に取り組んで収益を確保しようというのであれば、ビジネスモデルや過去実績がしっかりとした案件を選ぶことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました