工場勤務に転職する!未経験でも工場で働けるの?

工場への転職をお考えの皆様「本当に大丈夫かなぁ…」なんて不安ではありませんか?作業について行けるのか、体力的に大丈夫なのかなどなど、工場での作業が未経験であれば、その不安はますます増えるものです。

そんな皆様の不安を払拭すべく、本記事では工場のリアルな姿をしっかりとお届けしてゆきます。工場内で行われる仕事の概要や、なかなか聞けない給与の話。さらには、工場勤務によって得られる思わぬメリットや、工場勤務で感じた想定外のデメリットなど、良い部分・悪い部分についても、包み隠さずお伝えしてゆきます。

工場への転職を検討中であれば、本記事が必ず参考になるはずです。理想の未来はこの記事の先にあるかもしれません!

【関連記事】
>>職場の人間関係に疲れた人!仕事を辞める前の対策11選

工場勤務はどんな感じ?

それでは早速、工場勤務の実態に迫ってゆきたいと思います。仕事の概要に、デメリット、給与などなど、工場勤務のリアルな実態をしっかりと見てゆきましょう。

仕事内容

まずは気になる工場の仕事内容についてチェックしてゆきましょう。

工場はプラント系と製造業系に大別されますが、求人が多いのは製造業系の工場です。そのため今回はそちらにフォーカスしてご紹介してゆきたいと思います。

製造業で最も多いのがラインと呼ばれる流れ作業です。コンベア上を流れてきた半製品に対し、何かしらの加工をして、完成品に近づけてゆきます。

工場や工程によって作業内容は様々です。何かしらを組み付ける作業もあれば、組付けたものをねじ止めする作業もあります。ライン内のところどころには検査をするスタッフもいます。車などの大きなものも、電子レンジなどの小型家電も基本的な流れは同じです。

なおライン内の作業は定期的にローテーションされてゆきます。これには飽きを防ぐという事と共に、できる作業を増やしてゆくという側面があります。永遠に同じ仕事をするというワケではありませんので、その点はご安心ください。

一方で工場にはライン外の作業もあります。例えば部品や製品の運搬もその大きな業務のひとつ。流れ作業が途切れないようにするためには、ライン内には常に部品がいきわたっている必要があります。また、完成したものをずっと同じところに置いていては作業するスペースがなくなってしまいます。

そのため、運搬のスタッフは倉庫とラインを行ったり来たり。工場内には常に多くのモノが行きかっています。一般的に組み付ける部品が多ければ多いほど、物流部隊の人数は多くなります。

在庫管理もライン外作業の重要な仕事の一つです。材料が無くてはモノを作る事ができませんし、無駄に在庫の山を抱えてしまっては会社の経営を圧迫してしまいます。在庫管理の指示自体は本社からくるものですが、具体的な管理は現場の力が重要です。

そのほか、品質管理のためのスタッフもいます。多くの工場では完成品を定期的に抜き取って、様々な検査をします。万が一、ここで不良品が発見されたら、ラインはいったんストップ。全数をチェックして、ほかに不良が混じっていないかをスタッフ総出でチェックする事になります。

このように具体的にモノを作る人、モノ作りをサポートする人、そして在庫管理や品質管理など、作業の管理をする人によって工場の仕事は成り立っています。

なお、残業の有無が気になる人も多いかと思いますが、こればかりは工場のスタイルや何を製造しているのかに依存する部分で、一概にこうだとは言えません。

例えば季節的に需要が変化するものを製造している場合、繁忙期のみ残業となる事もしばしばです。あるいは繁忙期のみ昼夜交代制として対応する事もあります。

あるいは急な注文に対し、残業によって対応するというスタイルの工場も少なくはありません。特に中小の部品メーカーではその傾向が多くなります。

残業が嫌だという人は入社前にしっかりと確認しておきましょう。

工場勤務のデメリット

工場というのはいかに早く、正確にモノを作るのかという生産性を第一とする世界です。先ほど紹介したラインでは、流れてきたモノに対して、何かしらの加工をして、次に流すという作業が延々と続くことになります。

良く言えば、無心で仕事ができるという事なのですが、悪く言えば、刺激が少ない暇な時間が延々と続くという事になります。黙々と働くことが得意という人であれば問題ありませんが、仕事内容にクリエイティブさを求める人にとっては、つらい時間と感じられるかもしれません。

なお、工場によっては、工程のカイゼン活動などを求める事があるので、クリエイティブさを発揮する機会が全くない訳ではありません。とはいえ、それは仕事のごく一部です。

そして、工場勤務で気になるのが将来への不安です。基本的に頭よりも身体を使う仕事ですから、体力的に大丈夫だろうか…なんて事も気になります。

多くの工場では、身体への負担を減らすように、機械を導入することや、楽な姿勢で作業できるようにするなど、様々な工夫がなされています。とはいえ延々と作業をする以上、それなりの体力は必要です。

そのため、身体への負担を減らすように、日々しっかりと休養を取る事が求められます。夜遊びが好きという人であれば、注意が必要です。

また、出世という事も不安になる要素です。工場勤務では基本的にそのキャリアは工場内で完結します。そのゴールは班長クラスというのも珍しくはありません。

とにかく上を目指したいという場合には、作業以外で自分をアピールするための資格や頑張りが必要となってきます。

また、めったにない事ですが、工場内では作業が原因で怪我をしてしまう事も。さらにめったにない事ではありますが、場合によっては生命の危機にさらされる事すらあり得ます。

工場には「安全第一」という標語が掲示してあることもしばしばですが、裏返すと工場内には様々な危険があるという事です。

最終的に自分の身を守るのは自分ですから、マニュアルをしっかりと遵守し、しっかりと気をつけて作業をする必要があります。

このように工場で働く事にはいくつかのデメリットがあるものです。とはいえ、どんな仕事であっても多かれ少なかれデメリットは存在するもの。また、工場で働く事にはもちろんメリットもあります。それにつきましては後述しますので、気になる方はそちらもお見逃しなく。

給料(年収)

仕事を探す際、最も気になる事の一つが給与ですよね。工場で勤務した場合、どれくらいの年収が期待できるのかと言いますと、正社員として勤務した場合、300万円~400万円だとされています。

もちろん特別な技術が必要な工場ではそれ以上の給与もありますし、その逆もしかりです。

班長など、管理する仕事に就きますと、だんだんと給与が増えてゆく事になります。また、資格や、工場内で定める技術試験などに合格しますと、それによって手当がつくこともあります。

工場勤務を勧める理由

続いては、工場勤務を進める理由について見てゆきましょう。先ほどのデメリットを上回るメリットだって沢山あるものです。

工場勤務未経験でも転職はできるの?

未経験であろうと、前職が何であろうと、資格があろうとなかろうと、工場への転職は比較的簡単にできるものです。それは工場勤務最大のメリットと言えるかもしれません。

というのも、日本のモノづくりの現場では、ミスが起きないよう、作業がしやすいように、さまざまな工夫が行われています。たとえば何かを組み付ける工程では、正しい向きでないと、そもそも組付けられないように製品が設計されているものです。

他にも作業ごとに色分けがされていたり、間違った部品を取ろうとするとブザーが鳴ったりと、そもそもミスが起きにくいようになっているのが現代の工場の姿です。

だからこそ、工場では未経験者でも現場ですぐに働けるのです。イメージとしてはスーパーのレジ打ちのようなもの。はじめはまごついてしまいますが、一日も経てばササっと操作ができるようになりますよね。工場内の作業も同様で、あっという間に慣れる事ができるものです。

なお、工場勤務というと若い男性をイメージする事があるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。女性の比率が多い工場も多くありますし、年齢高めの人も多いものです。40代からの転職組なんて人もいますから、転職に関して年齢を気にする必要もありません。

地方都市で働くので生活費の節約に繋がる

工場は通常地方都市や郊外にあるもの。そこで働くという事は郊外や地方都市に住むという事になりますが、これも実は大きなメリットの一つです。その理由が生活費の安さです。

例えば都心部であれば、家賃だけで10万円オーバーなんてことは珍しくありません。一方で、地方都市であれば同じ広さで5万円台なんて事も良くある話です。さらに、工場によっては格安な家賃で住める寮が完備されており、さらなる節約につながります。

また、食費が安いのも地方都市の魅力。家賃が安い分、飲食店なども安くなる傾向にありますし、道の駅などで格安で新鮮な地元食材を手に入れる事ができることも可能です。

料理が趣味なんて人であれば、安くて素敵な食材が簡単に手に入るのですから、それだけでも地方都市で生活するメリットがありますよね。

このように、住居費や食費などなど、なにかと生活費を抑える事が可能なのが地方都市で働くことのメリットです。また、都会にはないのんびりとした暮らしを味わえるというのも工場で働く魅力の一つと言えるのかもしれません。

田舎で働くデメリット

工場への転職で地方都市に引っ越す必要がある場合、いくつかの注意事項があります。ここではそれらについて解説してゆきます。

思わぬ出費にご用心

まず注意すべきは、地方都市での仕事は都市部に比べて給与が安い傾向にあるということ。家賃などの生活費を抑えた以上に給与が下がってしまっては、生活は苦しくなる一方です。

また公共交通機関の発達していない場所ですと、スーパーへの買い物など、生活してゆく上で車が必須となります。駐車場代は安いにしても、税金や保険、ガソリン代などなど、それなりの維持費を考えなくてはなりません。

また、そもそも車の免許を持っていない場合、新たに免許を取得するための手間と出費が発生してしまいます。

そのほか、余計な交通費が必要になるのも注意点の一つ。映画を見たい、ショッピングがしたいなど、都市部へ出ようと思う際、その移動に交通費が思った以上にかかるものです。趣味は街でのショッピングという人は、都心部までの交通費をしっかりとチェックしておく必要があります。

このように、地方都市での生活には都心部には無い出費があるものです。収入との支出のバランスを考える際、それらについてもしっかりと考えておきましょう。

良くも悪くも濃い人間関係

都心部では隣にだれが住んでいるのかを気にすることもありませんが、田舎では少なからず気にするものです。引っ越し当日の挨拶まわりなどは必須ですから、人によってはそれを「重い」と感じてしまうこともありえます。

また、地域によっては地域のコミュニティが強く、お祭りなどのイベントに参加するのは当たり前ということも多々あります(地元の祭りの日は仕事がお休みという工場もあったりします)。

そういった濃い人間関係を楽しいと思える人であれば良いのですが、あっさりとした人間関係が好きという人は注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました