広田光輝さんは詐欺ではありません。「転売の大学」は稼げるの?レビューや口コミ

高額塾

山中武です(ツイッター:@tyblogty)。まずは本題に入る前に…
(興味のない人は読み飛ばしてくださいね!)

昨日私はアフィリエイト絡みの飲み会に参加しました。最近はSEO(グーグル)の動きが不安定であるがために、そのリスクヘッジのためにSEO以外に注力してる人は多いです。

私もその流れから転売ビジネス(インサイダービジネスプログラム)やMSSに注力をしております。

(最近までは横井庄さんのMBS(マネーバブルシステム)に注力をしておりましたが、私の作業時間の関係でMBSは友人に数百万円で売却しました。本来であれば1000万円弱で売却したかったのです。でも、この友人には尋常ではなくお金を稼ぐ上でお世話になってる。そのため、恩のために激安で売却しました。)

昨日の懇親会で私が得た情報で多かったことは、殆どの人が現在審査の「ゆるゆる」のグーグルPPCを利用して大金を稼いでました。

多い人だと多い人だと「5月は1600万円ぐらいだったよ…ガッハッハ…」と爆笑状態。少ない人で400万円程度でした。

ただ、これはあくまでも売上の話。実際はガツンと広告費を使ってるので利益で考えると、売上の半分は消えます。それでも売上の半分ほどは残るので現状としては良い収益源になりますよね。

このような話をすると現状の私はPPC商材である加藤里奈さんのSPA(スピードパズルアフィリエイト)を推してます。そのため、「山中武さんはPPCアフィリエイトをやらないのですか…」と質問が来そうですが、もうこれ以上、仕事量を増やすのは無理です(笑)

以前も記事にしてますが、最近は尋常ではないほどサポートに時間を費やしておりますので、これ以上は無理です(笑)

ただ、現状審査のゆるゆるなグーグルPPCは広告費用を必要としますが、ある種の即金ビジネスなので、興味のある人はPPCに挑戦してみるのは「あり」です。

また、私が加藤里奈さんのSPAのテキストを見て感心したことは情報商材の価格は安いのに、そのクオリティは高額塾のそれを大差はなく、加藤里奈さんの「購入者に稼いでもらう…」という意気込みが、あのテキストからは感じられました。

ただ、個人的にはグーグルはツンデレだと思ってます。そのためPPCに参入をしたのはいいが、「規約変更によりアフィリサイト締め出し~」このような惨事は想定しておく必要はありますね(PPCに再参入しない理由にはこれもあります。そして、その時間があるのであればIBPに注力します。やってて楽しいですね!)

ただ、私も昔はPPCをやっていたのですが、PPCは軌道に乗り始めると、やることって日々の収支の計算ぐらい…ある意味不労所得なので、IBPやMSSとは違いますね。これはメリットです。

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

広田光輝さんの「転売の大学」

まず始めに転売の大学を主催してる広田光輝さんの情報をネットで収集すると詐欺師のように書かれてる記事が稀にありますが、私は広田光輝さんのことをダークサイドの人と感じたことはありません。

そもそも論として詐欺まがいの情報を販売する人が、尋常ではないレベル動画(Youtube)をアップするでしょうか(笑)

私は弊記事を執筆するにあたり、広田光輝さんの動画を2本ほど見たのです。この「動画」を見て、彼の「ブログ」を見て「広田光輝さん=詐欺師である」との記事を書いてる人。その根拠は「何?」と私は思うのですが…(汗)

転売インフォメーション | 副業在宅通販、転売ネットビジネスの最新情報を包み隠さず更新!

購入をした情報商材(高額塾)が自分の思っていた違った…これは情報商材業界ではよくある話です。やはり中身が見えない以上は仕方のない問題ですし、このような話は情報商材業界以外でも多いです。

だからと言って広田光輝さんを詐欺師扱いするのはナンセンスですよね…

伊藤社長も尋常ではなく詐欺師扱いされてますが、私に言わせれば、その根拠は不明です。また、どんなに教材やサポートが良くても実践者に「非」のあるケースは多いですしね)

特化されてない点は不安である

「転売の大学」で学べることは尋常ではなく多く…
・国内有在庫転売
・国内無在庫転売
・トレンド店舗家電量販店せどり
・リサイクルショップせどり
・BUYMA転売
・中国輸入転売
…とあります。
正直なところ、どんなに優秀な転売プレイヤーであっても、あらゆる転売ジャンルに精通することは無理です。

(私は過去SEOのリスクヘッジとして、バイマ転売以外をやりましたが全滅。この記事を読まれてる人の中には「お前に転売センスがないだけだろ…」と批判されるかもしれません。でも、本当に松本正治さんのIBPを知るまでの転売人生はダメダメでした笑)

「転売の大学」という名目上、あらゆるジャンルを網羅する気持ちはわかりますが、最低でも2、3の転売ジャンルに絞らないことには、各転売ジャンルで学べる内容は薄いのでは?と危惧をする感じはあります。

ただ、これは私の勝手な憶測なため、各分野に専門家を立てることにより、その点は対処されてるかも…です。

まとめ

転売の大学は「2週間の無料期間」があって、その後1年間で24万円を払うことになります。

通常、詐欺塾で無料期間はありますか?「無料期間がある=自分の商品に自信がある」と考えて良い。そのため私は広田光輝さんの「転売の大学」を誹謗してる人間の気持ちは微妙ですね。ただ、年間24万円を払うのであれば、私は迷うことなくIBPやせどりインサイダーを選択します。

タイトルとURLをコピーしました