銀行は辛くて辞めたい女性へ!ブラック環境の職場なら早く転職したほうがいい

銀行で働く女性と聞くと、「仕事ができる美人」というイメージがあります。

物腰が柔かくお客様に対応している姿は魅力的で、憧れを持って就職する女性は多いのですが、その労働環境はかなり過酷です。

安定性や知的な印象に惹かれて銀行に入社しても、理想とのギャップに打ちのめされる人は後を絶たないといいます。

給料やノルマなど色々な問題はもちろん、女性ならではの苦労もあるでしょう。

高度な事務作業を必要としますし、銀行ならではのルールがあり、かなりの努力を強いられます。

仕事以外の部分で苦悩する事も多く、女性にとって働きやすい職場とは言えません。

色々な業務を毎日こなさなければならないため、一般的な会社員よりもハードワークです。

「辞めたい」「辛い」と思いながら必死で働いている女性は多く、華やかな印象とは真逆の現実があります。

では、銀行で働く女性は、どのような理由で銀行を辞めたい、と思うのでしょうか?

「辞めようか迷っている」「転職をしたい」と考えている女性は、ぜひ参考にしてください。

【関連記事】
>>新卒だけど仕事を辞めたい人!我慢はせずに転職しろ!

実は「銀行=ハードワーク(ブラック)」なんです

銀行の仕事は外側から見えない部分が多く、お金の計算や窓口での対応が主であると思われがちです。

それも間違いではありませんが、行わなければならない仕事は多岐にわたりますし、求められる正確さは一般的な事務と比べ物になりません。

女性の多くは窓口担当者である「テラー」や、事務処理を行う「後方事務」として働きますが、それぞれに高度なスキルが必要です。

お客様への対応にはサービス内容の把握や対応力が求められますし、事務処理の量は膨大で、全てを完璧にこなさなければなりません。

銀行はまだまだ男社会なので、女性にとっては働きにくい職場です。

花形である融資担当がほぼ男性である事からもわかりますが、銀行での女性の地位はあまり高くありません。

幹部候補生である「総合職」は男性、窓口や事務として特定の業務を行う「一般職」は女性という認識が、銀行には残っています。

閉鎖的で新しい価値観が入りにくいため、昔のやり方や考えに固執している方が多いのです。特に年配の男性は「男性の方が有能」と考えており、女性を軽視する傾向があります。

働く女性に対する理解がないので、「結婚」「出産」「育児」に対しても良い反応を示しません。

産休を取るだけで嫌味をいわれたり、退職を促されたりするケースは多いのです。

「婚活目的に働いている」など、女性のキャリアを否定されるケースはあり、酷く傷つく事もあるでしょう。

総合職の女性は以前より増えてきていますが、男性のポジションを脅かす存在になると途端に敵視されます。

「女のくせに」「さっさと結婚して辞めろ」など、嫉妬で心のない言葉をかけられる可能性は少なくありません。

総合職の銀行員は長い下積みを経てキャリアアップを行うため、途中で育休をとってしまうと、出世は難しくなってしまいます。仕事と子育てを両立させたい女性にとっては、良い職場とはいえません。

また、窓口を担当する女性はどんなお客様にも真摯に対応しなければならず、ストレスが溜まります。

どんな質問にもわかりやすく答えなければなりませんし、笑顔を崩してはいけません。

金融機関は定期的にモニターを行っているため、お客様に扮して調査員が窓口を訪れます。

身だしなみや言葉遣いに問題があれば、評価はガクッと下がってしまうでしょう。対応についてかなり細かくチェックされるので、常に気を抜けません。

女性が相手だと態度が大きくなる人はいますし、ナンパやセクハラを行う男性もいます。

用事がないのに女性目的で窓口を訪れたり、ストーカーのように付きまとったりと、女性ならではのリスクは多いのです。

お金が絡むのでクレームは日常茶飯事であり、厄介なお客様に遭遇する確率は高くなります。女性ならではの弊害があるため、辞めたいと考える方は減りません。

女性が銀行を辞めたくなる理由6選

女性が銀行から転職したいと考える理由は、一つだけではありません。銀行で働く女性の本音を元に、様々な問題点について調査しました。

華やかなイメージからは想像できない現実について、紹介していきましょう。

ミスは許されぬ

銀行の業務ではお金を取り扱うのでミスは厳禁です。事務の仕事では、数字や書類の正確性を常に確認しなければなりません。

顧客情報や重要書類も多いので厳しい管理が義務付けられていますし、ちょっとした計算や入力の間違いでも、深刻な事態に発展します。

お客様による記入ミスがあれば本人の書き直しが必要で、後になって気づいた場合は再度来店して貰わなければなりません。

訂正がなければ仕事は進みませんし、来店が無理なら家を訪問しなければならないので、とても大変です。

システム上の金額と現金に違いがあれば、ピッタリと合うまで原因を調べます。

横領を防止しなければならないので、計算が合わないと発覚したら、解決するまで誰も帰れません。

金額で推測できるケースなら良いのですが、わからなければ現金や書類を1から全て確認します。

数時間必死で探しても見つからない場合があり、かなり辛い作業になる事が多いのです。1人のミスを職場全体で解決しなければならないので、雰囲気がギスギスする事は多いでしょう。

間違っていた部分をオンラインの記録と照らし合わせれば、誰がミスをしたのかわかってしまいます。

自分のミスで周囲に迷惑をかけるのは心苦しいですし、全員に謝らなければなりません。

万が一合わないままなら現金事故として報告しなければならず、銀行全体の問題になってしまいます。支店にペナルティを課されるため、たった数円の誤差でも許されないのです。

仮に過払いがあったら取り戻すのは難しく、「ちょっとうっかり」が深刻な事態に発展してしまいます。

素早く正確に業務をこなさなければならず、一瞬たりとも気を抜く事はできないでしょう。

緊張感の中で仕事を行わなければならないため、精神的な負担はかなりのものです。

事務行員なのにノルマ!?

銀行では営業だけではなく、事務行員にも個別にノルマが課されています。

窓口で「定期預金」や「カードローン」の勧誘をしなければならず、ほぼ毎月ノルマ達成を目指さなければなりません。

達成できないと上司に叱られますし、銀行によってはボーナスや査定に影響がでます。課されるノルマはかなり厳しいので、達成するのはとても困難です。

「ネットバンキング」「保険商品」などそれぞれに明確な数字を設定しており、当然のように達成する事を求められます。

押し売りのようになってしまうとお客様に不信感を与えますし、やりすぎるとクレームが入る事だってあるでしょう。

新人だとノルマの達成はほぼ不可能なので、親や親族に頼る方もいるほどです。

追い詰められて友人に片っ端から頼むような事をしてしまえば、周囲から嫌がられてしまいます。

人には向き不向きがありますし、セールスはストレスが溜まる仕事です。あくまで目標という建前があるので、ノルマがあると知らずに就職してしまう女性は後を絶ちません。

終わらないノルマに悩まされ続ける方は多く、退職を考える大きな原因になっているのです。

また、支店ごとに明確な営業目標が設定されているので、業績が下がれば個人のノルマも厳しくなります。

無理なノルマを課されると職場に悪いムードが漂いますし、精神的にも大きな負担になるでしょう。

銀行で働く限りは、強いプレッシャーの中で通常の業務と営業をこなさなければなりません。達成できないと上司に嫌味を言われたり、重圧をかけられたり、パワハラを受ける可能性だってあります。

銀行によっては事務行員にも外回りや電話でのセールスを課されるので、かなりのハードワークです。

ノルマに対するシビアさが、銀行から別の業種への転職が多い一番の理由と言えるでしょう。

薄給激務である

銀行の営業時間は9時から3時なので、勤務時間はあまり長くないと思われがちです。

業務は銀行が閉まってからが本番であり、大量の事務仕事や照合作業が待っています。

開店の前には様々な準備がありますし、退社時間は閉店の数時間後なので、勤務時間は短くありません。

特に取引が多い「5日・10日・15日・月末」の業務はとてもハードで、長時間の残業は必須です。

ただ、銀行では勤務時間が厳格に決まっているため、過ぎたら残業をしてはいけません。

しかし、個人情報を取り扱う関係上、全ての業務を銀行で終わらせる必要があります。時間内に業務が終わらない事は多いため、勤務時間を誤魔化しながら働く人は沢山いるのです。

パソコンを使用すると勤務時間として記録されるので、電源を切っての仕事です。

時間外の業務は禁止されていますが、公然の秘密として黙認しているケースは多く、上司に相談しても意味がありません。

もちろん、記録の上では勤務をしていない事になっているので、当然残業代は一切なしです。

総合職や一般職に関係なく資格の取得が推奨されているので、休日は勉強をしなければならず、新入社員はなかなか休む事はできません。

また、銀行は給料が高いというイメージがあると思いますが、これは総合職だけです。女性が多い一般職の年収は、300~400万円が一般的と言われています。

初任給は一般企業と同じくらいなのに収入の伸びは悪く、長く働いても給料は安いままです。ハードな業務やノルマをこなしても、最初の10年間は昇給がありません。

業務や新人の指導など仕事や責任は増えるのに、新卒とほとんど同じ給料で働かなければならないため、モチベーションの維持は難しいでしょう。

ノルマを必死にこなしても給料に反映されないので、熱心に働くほど損をしてしまいます。

仕事は大変なのに平均的な一般企業より給料が安く、辞めたいと考える女性は減りません。

頻繁にある異動・転勤

銀行の総合職は「特定の企業との癒着を避ける」「キャリアを積ませる」といった理由で、2~3年ごとに転勤を繰り返します。

住所変更や引っ越しの準備はとても大変ですし、一つの場所に落ち着く事はできません。

転勤するたびに顧客情報は1から覚え直しで、人間関係はすべてリセットです。特に大手の銀行なら支店の数は多く、全国各地を飛び回わる必要があります。

親密な友人関係や恋人関係を結ぶのは難しいので、転勤と共に疎遠になってしまう事は多いでしょう。

発令から1週間くらいで異動を完了する必要があり、引越し先の選定にも時間をかけられません。

結婚をしてもパートナーと別居になる可能性は高く、育児との両立はとても困難です。

育てる環境はほとんど選べませんし、一緒に転園や転校をさせなければならないため、可哀想な思いをさせてしまいます。

母親が子供を置いて転勤するのは難しいので、バリバリ働いていたキャリアウーマンでも、辞めるしかありません。

結婚や育児を理由に退職する方は多く、年齢を重ねて働いている女性のほとんどは未婚です。

銀行で働くなら、「キャリア」「幸せな家庭」のどちらか一方を選ぶ必要があります。

公私混同によるプライベートの侵害

銀行では「打ち上げ」「決起会」「昇格祝い」など、高い頻度で飲み会を開いています。

半期に一度は大規模な人事異動があり、その度に「歓迎会」と「送迎会」を行わなければなりません。

支店や本店など規模によって違いますが、上司によっては週に2~3回ほど飲み会を開くケースも考えられます。

飲み会に誘われた場合は断るのは難しく、大事な集まりならほぼ強制参加です。

過酷な業務の後に飲み会をするのは疲れますし、飲み過ぎで体を壊してしまう可能性は高いでしょう。

女性だとお酌を求められるため、楽しむどころではありません。グラスに入っているお酒の量をチェックしたり、つまらない自慢話をニコニコと笑って聞いたり、ストレスは溜まる一方です。

銀行によっては支店ごとで社員旅行に行かなければならず、新入社員なら宴会の余興を強要されます。

お酒が入る席だと羽目を外しがちですし、酒癖の悪い男性に絡まれる女性は多いでしょう。

「不快な下ネタ」「ボディータッチ」などのセクハラを受けるケースは、少なくないのです。

業務時間外でも様々な苦労があり、プライベートを侵害される事が多いため、銀行で働く女性はとても辛い思いをしています。

女子が多いゆえのイジメ

銀行の一般職はほとんどが女性であるため、イジメやモラハラなど様々な苦労がつきまといます。

男性の目が届かない所で陰湿な嫌がらせを受けて、退職を選ぶ方は少なくありません。

女性は同調圧力がとても強く、無理をしてでも周囲に合わせなければ、すぐに孤立してしまいます。

「先輩の意見に反対をした」「誘ったのに断った」など、ちょっとした事でも周囲の反感を買ってしまうでしょう。

男性や容姿など嫉妬が絡むと女性は怖く、「媚を売っている」「調子に乗っている」といった難癖をつけられる可能性もあります。

なにかある度に嫌味を言われたり、無視をされたり、華やかなイメージとは真逆の世界です。

こういった嫌がらせは上司や男性に見つからないように行われるので、周囲の助けは期待できません。

仮に相談しても信じて貰えない事は多く、告げ口したと思われるとイジメは悪化してしまいます。

仲良が良い相手に陰口を言われているケースもあるため、人間不信になる女性は多いのです。

ちょっとした嫌がらせや嫌味なら証明は難しく、対処法はほぼゼロと言っても良いでしょう。

>>職場のモラハラは嫌ですよね!無視や誹謗中傷などの対策4選

イジメ役のお局様は邪魔

銀行では妊娠・出産を機に退職する方が多いため、40代以上の女性はほとんどが未婚です。

銀行の一般職は長く働いている女性が仕切っています。銀行では年齢による上下関係が厳しく、役職に関係なく年上に従わなければいけません。

もちろん、頼りになる方はいますが、中には自分より若い女性を虐めるような、質の悪いお局様もいるでしょう。

事ある毎に小言を言われたり、仕事を押し付けられたり、あの手この手で嫌がらせをしてきます。

「若さへの嫉妬」「イライラのはけ口」など、辛く当たられる理由は本当にちょっとした事が切っ掛けです。

「必要な仕事を教えて貰えない」「業務を妨害される」など、仕事に支障をきたす可能性はゼロではありません。

特にお局様は、結婚や出産に関する話題に敏感な傾向があります。結婚をするだけで目をつけられてしまい、退職に追い込まれる方だっているのです。

銀行員の転職先を心配する必要はありません

色々な問題があるとはいえ、収入が安定している銀行員を辞める事に、リスクを感じている方は多いはずです。

毎日辛い思いをしながらも、我慢して働いている女性は多いでしょう。

しかし、元銀行員という経歴は、転職市場でとても有利に働きます。一般的に「数字に強い」「仕事が正確」というイメージがあるので、書類選考でもとても好印象です。

銀行で培ったキャリアをしっかりアピールできれば、給料のアップも夢ではありません。高レベルの事務作業が自然と身につくため、転職先でも即戦力として働けます。

高度な事務をこなしていた経験や、窓口でお客様に対応していた経験は、様々な転職先で役立つでしょう。

事務職ならば色々な業種に挑戦できますし、窓口対応やノルマをこなしていた経験があれば、営業職を狙う事だって可能です。

特に知名度が高いメガバンクで働いていたなら、それだけでかなりのアドバンテージがあります。

結婚・出産など将来を考えるなら、銀行で働き続けるのは賢い選択ではありません。メリットはあまりないので、無理をせずに早く転職をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました