今の会社や職場に対して「人間関係に悩んでいる」「会社の将来性を心配している」「サービス残業や休日出勤による体力の限界」「仕事量とは不釣り合いな年収に不満」と悩んでいる。

今の会社に不満らしい不満はありませんが「自分の限界を知るためのキャリアアップ」「違う分野にチャレンジする」「派遣社員、フリーターから正社員になる」と考えてる。

今の会社を嫌で辞める人、挑戦するために辞める人など各人辞める理由は様々ではありますが、自分の理想とする会社に転職するのに、転職サイトやハローワークを利用した転職活動は微妙だと思うんですよね。(その理由はここでは割愛します)

そこでシゴツカ編集部(@shigotsuka)のおすすめする転職活動は「転職エージェント」と使った転職活動になります。

「転職エージェントを使う?」と言われても転職エージェントは零細から上場企業までがありますので、業界のことを知らない人は「どの転職エージェントを使えばいいのか?」と悩みますよね。

転職エージェントの中で一二を争う人気を誇りますのはdodaエージェントサービスマイナビエージェントになります。超大手ですので名前は聞いたことはあると思います。

転職エージェントの利用に関しては終始無料になります。金銭的な問題のある人でも気軽に利用できる点は嬉しい限りですよね。(無料である理由は企業から報酬を貰ってるからです)

転職エージェントを使うメリット

・カウンセリングなどでのキャリア相談
・自分の理想とする企業(求人)の紹介
・履歴書や職務履歴などの添削、作成
・徹底した面接対策
・求人企業との日程調整
・給与・年収などの交渉(自分ではやり難い部分ですよね)

これ以外にも転職エージェントのメリットはたくさんあります。逆にデメリットなし?(笑)

転職エージェントを利用して転職活動をする人の多くは一般的に2~3社の転職エージェントに登録をします。それは各転職エージェントには得手不得手があります。複数社登録しておけば相互補完しあって自分にとってより良い条件の企業に転職を可能とするからなんです。

シゴツカ編集部に「dodaかマイナビエージェントのどっち?」と二択を迫られれば成功実績トップクラスのdodaを推します。しかしマイナビはマイナビで20代の転職サポートに長けてます。ですので、私はこの2社に登録(終始無料)して転職活動をすることが賢明な選択だと進言します。

シゴツカ編集部おすすめの転職エージェント

1位:dodaエージェントサービス
転職サイトと転職支援サービスのハイブリッド

2位:マイナビエージェント
20~30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある

3位:リクルートエージェント
日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績No.1

転職って人生の中で3回ほどだと思うんですよね…ましてや奥さん、子供さん、住宅ローンを抱えた男性の方の転職の失敗は許されません。老若男女未婚既婚関係なく、私は転職活動は失敗してほしくありません。失敗すると色んな点で心身は疲弊しますもんね。

ですので本気で今より会社への転職を考えている人の転職エージェントの利用は必須だと私は進言します。

転職エージェントを嫌だと感じる人は…

シゴツカ編集部(@shigotsuka)の提案する一番の選択は「転職エージェントを利用することです!」しかし人には色々な考え方がありますので、中には「転職エージェントを使っての転職活動に嫌だ。エージェントの存在はウザいんだよね」と嫌悪感を示す人もいるはずです。

そんな人には別の選択肢があります。それが転職サイトを使うことになります。「え?転職サイト?」と思われるかもしれません(冒頭で批判しましたので…)が、大手リクルートの運営する転職サイトであるリクナビNEXTは別格になります。

その理由は「スカウト機能」があるからなんですよね。リクナビNEXTに自分の経歴や希望を登録しておくと、条件のあった企業からオファーメールが来るんですよね。このスカウト機能は便利ですし無料です。気軽に使ってみるといいですね。意外な企業からのオファーに驚愕する人も散見されます。また、リクナビNEXTは大手運営の求人サイトですので全国各地の求人数は量は尋常ではありません。

シゴツカ編集部(@shigotsuka)がリクナビNEXTをおすすめする理由はこの2点になります。

正直言って大手転職サイト「リクナビNEXT」でも転職エージェントには劣ります。しかし待ちの姿勢やゆっくりと地道に転職活動をしたい人にはおすすめですね!

公式サイト:リクナビNEXT
・会員数600万人以上の日本最大級の転職サイト
・掲載求人数5,000件以上、うち87%が他社にない求人