大学生活でかわいい彼女を作る方法!彼女のできない理由、出会い~告白までの流れ

恋愛・結婚

執筆:あや姉

サークル活動やバイトなど、勉強以外にもやりたいことがたくさんある大学生活。でも男子諸君は何よりまず、かわいい彼女を作りたいはず!

「大学に入ればみんな彼女ができるものだと思っていたのにおかしい」「何で自分には彼女ができないんだろう」そう不思議に思っている人は、今日から意識を変えましょう。

今まで自然な流れで彼女を作ることができなかった人は、このまま努力せずにいてもまず彼女はできないと思っておいたほうがいいです。

黙っていても女子から告白されて自動的に付き合えるような恵まれた男子はごくわずか。そうでない人が本気で彼女を作りたいのなら、それなりの行動を起こさないと!

何から手を付ければ良いかわからなくても大丈夫!恋愛経験豊富なお姉さんが出会いから告白まで、女子目線でちゃんとレクチャーしますよ。オンナゴコロなんてさっぱりわからなくても、ちょっとしたポイントを押さえるだけで女子受けする男子になれちゃうんです。

かわいい彼女と過ごす楽しい大学生活を手に入れたい、そんなあなたは必見です!

>>【貢がせ@完全ロードマップ】〜非モテが美女に「貢がせて!」と言わせるまでの軌跡〜

>>月収500万円を稼ぐ山中武のツイッター
昨今の企業は簡単に解雇や減給をします。そのために大事なことは自分の力で稼ぐ術を習得することです。

彼女のできない理由を考察する

まずは自分自身を客観的に見て、どうして彼女ができないのかを分析してみましょう!

男子ばかりで女子不在というような物理的に出会えない環境ならともかく、女子との接触があるのに恋愛に発展させることができないのなら何かしらの原因があるはず。どんなにかわいい子を好きになったって、その子が自分を好きになってくれなければ付き合うことはできませんよね。

実は、女子から見てNG対象とみなされやすい男子にはいくつかの傾向があります。当てはまる行動をしていないかチェックしてみてください。

ダメなトーク

女性は男性に比べてコミュニケーションを重視するというのは有名な話ですよね。そしてやっぱり、モテない男子は女子とのトークに難がある人が多いです。

まずは単純に無口な人。挨拶すらロクにしないとか会話を振られてもまともな返事ができない人は、恋愛感情どころか人としての好感すら持たれません。無口な男性がカッコイイと思われた時代はとっくに終わり、今となっては「コミュ障で扱いにくい人」という印象を与えるだけなのです。

しかし喋りすぎてしまうのも要注意ですね。特に自分を良く見せようとして難しいウンチクや専門的な話をまくしたてる、男らしさをアピールしようと上から目線でのアドバイスを繰り出すというような人が結構いますが、これは全くの逆効果と言っていいでしょう。

女子が会話に求めているのは「楽しい時間を共有しようとする姿勢」です。一方的に意見を押し付けるようなトークは見当違いもいいところで、女子にとっては何も楽しくありません。

コミュニケーションは互いに意思疎通をして成り立つもの。喋るにしろ喋らないにしろ、相手を思いやれず不快にさせるだけの人が好かれるはずないですよね。

見た目に気を使ってない

身だしなみや服装に無頓着すぎる男子も女子から嫌われます。ヒゲや髪を整えない、いつまでも中高生の頃お母さんに買ってもらったような子供っぽくてヨレヨレに着古した服を着ている、などですね。

なぜかそういう人に限って「ありのままの自分を好きになってほしいから着飾ったりしたくない」という謎の主張をします。おそらく実際のところは面倒くさいだけなのでしょう。そういうだらしのなさはしっかり女子に見透かされているんです。

逆の立場だとして、髪はボサボサでムダ毛は生やしっぱなし、いつ洗ったのかわからない服を着ている女子と付き合いたいと思いますか?思わないですよね。

男子から見て「かわいい、付き合いたい」と思うような女子は、毎日のムダ毛処理やヘアメイクなど、それなりに見た目を整える努力をしています。はっきり言って男子の身だしなみに比べたら数倍の時間や手間がかかって大変なんです。

そういう努力を毎日している女子からしたら、もっと簡単なはずの努力さえしない男子はどんな言い訳を並べられたって「だらしなくてみっともない」としか見えません。当然、そんな相手が恋愛対象となる望みは低いでしょう。

頭にあるのはSEXのことだけ

かわいい彼女ができたらSEXがしたい、それは健全な年頃の男子であれば当然の願望です。でもヤることしか考えてない、下心全開の男子は女子にドン引きされてしまいます。

ちょっと親しくなっただけなのにやたらと密室で二人きりになろうとしたり、承諾なく女子へのボディタッチをしているような人は今すぐやめてください。どんなに相手のことが好きでやっているとしても、女子からは警戒されるだけです。

男子には想像しにくいかもしれませんが、異性から一方的に性的な目を向けられることは女子にとってものすごく怖くて嫌悪感が湧くことなんです。いざとなったら力では敵わないし、そうなる前に逃げようと本能が危険を回避したがるのでしょうね。

女子がSEXをするのは好きな人との愛を交わすため。相手が自分を本当に想ってくれていると認識して安心できてからじゃないと、女子は体を許す気にはならないんですよ。

ハナっから「SEXできたら良いな」という思いがあって恋愛をする男子とは、根本的に考え方が違うのだと覚えておきましょうね。一度「下心しか感じない」と警戒されてしまったら、もう二度と振り返ってはもらえませんよ!

大学生活で彼女を作る方法

自分に今まで彼女ができなかった原因がわかってきたら、今度はそこを改善していきましょう!

「そもそも自分はイケメンじゃないから無理」なんて諦めるのはもったいない!男子が思っているほど、女子は恋愛において顔面レベルを重視していないんですよ。

見た目に関して心がけるべきは相手に不快感を与えないということだけ。普通に清潔にして、シンプルだけどサイズの合った服を選んで着てさえいれば嫌われることはありません。変にオシャレを気取った男子より好感度が高いくらいです。

あとは女子の喜ぶツボを押さえて行動すれば、誰にだって彼女ができるチャンスはあります!

コミュニケーション編

人間関係において第一印象はかなり大切です!初対面はもちろん、毎回誰かと顔を合わせた時には笑顔で挨拶をしましょう。それだけで「感じの良い人」という印象を周りに与えることができます。

自然に挨拶を交わせる仲になったら、共通の話題から少しずつ会話を広げていきましょう。女子との会話においてのコツは、女子の話に上手く相槌を挟んで気持ちよく喋らせてあげることです。

よく「聞き上手はモテる」なんて言いますが、話を聞いているフリで生返事ばかりするのはNG!ちゃんと聞いていないことを女子は簡単に見抜きますよ。実は本当に聞き上手な人はただ話を聞いているのではなく、相手に喋らせるのが上手なんです。

喋らせ上手になるポイントとして、以下の点を押さえましょう!

・相手の話した内容を反復する
・基本的に相手の感情には同調する
・質問で返す

具体的には「そんなことがあったんだ、大変だったでしょ?」「確かにそうだよね、それでどうなったの?」という感じです。話をちゃんと聞いているよ、気持ちを理解しているよ、もっと話が聞きたいよというアピールができます。相手が返しやすい質問をすることで、会話が続く効果もありますよ。

この方法だと自分で面白い話をするトーク力がなくてもほとんど相手が喋ってくれますし、気持ち良く喋れたおかげで「話しやすい人」「話してて楽しい人」だと相手に思ってもらえて、良いことばかりです。

デート編

話していて女の子が楽しそうにしてくれるようになったら、食事やショッピングなどに誘ってみましょう。

男女が一対一で出かけるのなら実質「デート」なのですが、誘う時に男子側からその単語を出さないほうが良いですよ。私にも経験があるのですが、男性から「デートしよう」という誘われ方をすると、下心を感じてちょっと引いてしまいます。

逆に女子のほうから「これってデートだね!」なんて言ってくれたとしたら、かなり好意的に見てくれていると思っていいくらいです。しかし「いい人かな」と思われている程度の段階だと断られる確率が増すだけなので、「デート」と言って誘うのは避けるのが無難でしょうね。

行き先やプランなどはできるだけ女子の希望を聞いてあげてください。以前「行きたい」と言っていた場所に誘えば、「覚えててくれたんだ!」と喜ばれるはず。女子が遠慮して「どこでも良いよ」と言うようなら、いくつか提案して「どれがいいかな?」と聞いてみるのも良いですね。

女の子を楽しませてあげることはもちろん大事ですが、自分が楽しむことも忘れないようにしましょう!女子は感情を共有することで親近感を高めていきます。「一緒にいる時間を互いに楽しめている」と実感できたら、二人の距離はグッと縮まるはずです。

女子と一緒にいて「かわいいなぁ」と思うと触れたくなる瞬間もあると思いますが、堪えましょう。よっぽど良い雰囲気になったり、女子のほうから触れてきたりというパターンでなければ、一気に信用を失いますよ!

相手が「また誘ってね!」と言ってくれれば、デートは大成功と言えるでしょう。最終目標は付き合うことなのですから、とにかく次に繋げることが大事です!

出会い編

周りにいいなと思う女子がいない、今のままではそもそも出会いがないという人は、まず彼女にしたい女子と出会えそうな場所から探す必要があります。

合コンやナンパスポットでは確かに女子と出会えるかもしれませんが、趣味や嗜好の合う子と出会えるかどうかは運任せ。とりあえず付き合ったとしても、性格が合わなくてすぐに別れてしまったら意味がないですよね。

これから相手探しをする人にオススメの方法は、「付き合った彼女と何を一緒にしたいか」と先に考えてみること。アウトドアや映画鑑賞、スポーツや料理など、人それぞれに色々思い浮かぶはず。

一緒に趣味を楽しめる彼女を見つけたいのなら、それに関連したイベントや交流会に足を運んでみるのも一つの手です。今はSNS経由で開催される小規模なオフ会も多いですからチェックしてみましょう。そういう場で出会った子なら、共通の趣味がある分だけ距離が縮まるのも早いですよね。

ただ、趣味の集まりの中に出会い目的全開で来る人は基本的に嫌われます。あくまで出会いのきっかけと考えて、仲間と趣味を楽しむ中でついでに気の合う子が見つかるといいな、くらいの気持ちで参加したほうが良いかもしれませんね。

理想はマッチングアプリ

ここまで読んで「駆け引きとかめんどくさい」「気長に待つとか無理」と感じた男子には、マッチングアプリが便利ですよ!要はライトなお見合いアプリです。

一般的な出会いって、向こうが恋愛相手を求めているとは限らないのが厄介なんですよね。すでに恋人がいる場合もありますし。その点、マッチングアプリを使っているのはみんな彼氏彼女を探している人だから、話が早いのが魅力です。

使ってみるなら大手の「Paris」や「with」などを選ぶと、登録者数が多いので成功率も高いですね!

告白編

どんな出会い方や手順を踏んだにしろ、彼女になってもらうために必要な最後のプロセスが告白です!いくら距離を縮めて仲良くなっても、気持ちを伝えないままでは友達以上恋人未満止まりであって、彼女ではありません。

女子のほうから告白してくることもあるけれど、それを期待して待っているだけなのが透けて見えると幻滅されちゃいます。出会いから仲良くなるまで努力してきたんですから、最後にもうひと頑張りして勇気を出しましょう!

「どうしたらOKしてもらえるかな」と考え始めると、シチュエーションやらセリフやら色々凝りたくなるかもしれません。でも変に演出された言葉は逆に嘘っぽく聞こえて、真剣さが伝わりにくいものです。

女子が1番喜ぶ告白は、ただストレートに気持ちを伝えてもらうこと。「好きだから付き合って欲しい」という素直な言葉が、1番心に響きます。

OKしてもらえたなら、どうぞカップルとして仲良く大学生活を満喫してください!頑張って作ったかわいい彼女、大切にしましょうね!

そしてもし残念なことに振られてしまった場合ですが…悲しい気持ちはいったん堪えて、相手に対してちゃんと聞いてくれたことと、真剣な気持ちに向き合ってくれたことのお礼を言いましょう。

私の実体験ですが、振られた途端に女性を口汚く罵ってくる男や「冗談を本気にするな」と馬鹿にしてくる失礼な男もいます。自分の悔しさや恥ずかしさを誤魔化すためだとしても最低の行為です。

振る側だって本当に心苦しくて辛いのです。それを汲み取ってフォローできるほどの人間になれていれば、そんなあなたの良さを理解してくれる彼女ができるのは、そう遠い先のことではないはずですよ。

まとめ

真剣な恋をすると、自分でも驚くくらいに人として成長できるものです。特に大学生までだとそれを経験している人としていない人では、人間的な魅力が違いますね。

最初は「彼女がいたら楽しそうだから作りたいな」くらいの気持ちだったとしても、実際にそのための努力を始めると、恋愛の奥深さを知ることができるはず!

誰かに好かれたいと思って、相手が喜んでくれる方法を考えて、自分のことも知ってもらって、互いの気持ちを伝える。恋愛における出会いから告白までの流れは、突き詰めればすべての人間関係において役に立つんです。

「失敗するのは嫌だ」と始めから行動しない人より、不器用でも彼女が欲しいと頑張る人のほうが、結果的に人から好かれるようになります。彼女が欲しいのなら、まずは行動することからですよ!

タイトルとURLをコピーしました