30代40代におすすめする転職エージェントと目的別の選び方!転職サイトより転職エージェントを使う理由は?

※この記事は30代向けに書いてますが40代の方でも満足して読んでいただけると思います。

山田鉄男山田鉄男

転職は20代がするもの、30代からの転職なんて手遅れだ‥なんて思っていませんか?実は、30代でも転職している人はたくさんいます。

厚生労働省による『平成29年雇用動向調査結果の概要』にとても興味深いデータがあります。

ここには30代の男女の転職入職率が記載されているのですが、20代後半の転職入職率と比べて数ポイントほどの差しかありません。また最近では、男性だけではなく、女性の転職も勢いを見せているのだそう。具体的な数値は次の通り。

さらに興味深いのは、転職をした理由。厚生労働省の調査によると、30代前半後半ともに転職した理由で特に多いのが下記の2つでした。

  1. 労働時間、休日等の労働条件が悪かった
  2. 会社の将来が不安だった
岩田有也岩田有也

なぜ、30代の転職にこの2つの理由が多いのか?それは、30代の転職はより本気度が高いからです。

労働条件の見直し、会社の将来性などを重視する背景には、「転職先では長く働き続けたい」「結婚・出産・介護などライフプランも考えて環境が良い職場で働きたい」という切実な思いが伺えます。

山田鉄男山田鉄男

そんな30代の転職に活用してもらいたいのが、転職エージェントです。

30代の転職に転職「サイト」を使うのはNGな理由

転職するといえば、転職サイトを使うというイメージがある人は多いことでしょう。現に20代に転職をしたときには転職サイトを使ったことがある人もいるのでは?

山田鉄男山田鉄男

しかし、30代の転職に転職サイトはおすすめできません。理由は2つあります。

・良い求人・悪い求人の差が激しい
・応募者の年代が幅広いため、30代には不利なことが多い

転職サイトは数千~数万件の求人情報がずらっと並んでおり、そこから自分好みに絞り込みをして応募先を見つけるのが一般的な使い方です。

しかしこれだけ多くの求人情報が無作為に並んでいれば、当然条件が悪い求人情報もあります。

山田鉄男山田鉄男

20代なら職場選びに失敗したと、すぐにもう一度転職活動を始められるでしょう。しかし、本気度が高い30代の転職ではそうはいきません。だからこそ、本当に自分に合った求人をピンポイントで見つける必要があるのです。

また、転職サイトを1人で眺めているといまいち実感できませんが、転職サイトは20代から40代以上まで幅広い世代が閲覧しています。

20代ほど若さで勝負できないし、かといって40代ほどスペシャリストといえるスキルもない‥そんな状況で彼らと戦って内定をつかむのは困難なのです。

なぜ30代は転職エージェントで転職するのがベストなのか

ライフプランも考えて、今度こそ長く働ける職場を見つけたい‥!これが30代転職者の願いです。そのためには、好待遇で将来性が見込める企業の求人を見つける必要があります。

良い求人を見抜くとき、必要になってくるのが、エージェントというプロの視点です。

転職エージェントの多くは自分たちで企業に足を運び、求人情報を公開できるかどうかを確かめています。さらにこうして集めた上質な求人情報から、転職者1人1人に適した企業を紹介してもらえるのが転職エージェントです。

つまり、転職エージェントを活用した方が職選びに失敗しにくいといえます。

自分に合った企業をピンポイントで紹介してもらえる転職エージェントなら、転職サイトのように20代~40代の応募者に真っ向勝負を挑む必要がありません。

非公開求人も紹介して貰えるので、30代のあなたが持つスキルや経験を活かしつつ、将来性や伸びしろも評価してもらえる企業に出会うことができます。

>>非公開求人とは何?非公開求人のメリットデメリット

幅広い年代の応募者に埋もれず、自分に合った企業の内定をつかむことができるので、余計な時間をかけずに転職できるのも転職エージェントの良いところ。30代という貴重な時間を無駄にせずにすみます。

30代向け転職エージェントの選び方

転職エージェントとひと口に言っても、さまざまなサービスがあります。その中から最適の転職エージェントを選ぶことが、転職成功の第一歩です。転職エージェントの選び方で気を付けたいポイントは次の3点。

・現時点でのキャリアに見合ったサービスであること
・自分のニーズと転職エージェントの得意分野が合っていること
・キャリアカウンセラーとの相性が良いこと

転職エージェントを選ぶ際は、現時点でのキャリアや収入に見合ったところを選びましょう。今以上の好待遇や高収入を望む気持ちは当然なのですが、あまりにも分不相応な転職エージェントを選ぶと、いつまでたっても自分に合った求人と出会えません。

例えば、転職エージェントの中には高収入の求人のみを集めたサービスがあります。しかし、こうした転職エージェントは管理職を経験した人しか求人を紹介してもらえないことも少なくありません。

30代は、培ってきたキャリアの個人差が顕著にあらわれる世代です。高卒・大卒当時からずっと同じ企業で働いてきた人は特定の業界に強みがありますし、20代後半から未経験の分野に挑戦し始めた人は社会人としての一般スキルは持っていても業界知識はまだまだ足りないという一面があります。だからこそ自分のキャリアを客観的に分析して、サービスを取捨選択する必要があります。

転職エージェントは幅広い職種を網羅しているものもあれば、特定の職種の求人だけを集めたところ、女性向け求人を中心に集めたところ、未経験者歓迎の求人を集めたところなど、得意分野が異なります。こうした個性も理解して、自分に合った転職エージェントを選ぶことも大切です。

キャリアカウンセラーとの相性は実際にやり取りをしてみないと分からないところがありますが、直感で合わないと感じたら利用しないのが賢明です。

多くの人は利用する転職エージェントを1社に絞らず2~3社登録しています。そうすることで、より自分に合ったキャリアカウンセラーを見るけることができるのでおすすめです。

30代におすすめの転職エージェント

転職エージェントを活用するメリットやサービスの選び方を理解したところで、具体的に転職エージェントのサービスや特徴について見ていきましょう。ここでは転職者のタイプや悩み別におすすめの転職エージェントを厳選して紹介します。いずれも30代の転職活動を後押ししてくれますよ。

30代全員におすすめ

複数の転職エージェントを利用する場合、必ず登録しておきたいのが幅広い職種を扱っているサービスです。全国各地の求人を多数掲載しているので、30代の転職では積極的に活用しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートを母体とした国内最大手の転職エージェントです。公開求人・非公開求人の保有数は国内トップレベルで、定番の営業職や事務職のほか、物流関連・医療・調理師・介護士といった幅広い職種を網羅しています。

また、業界や規模をを問わずさまざまな企業を取り扱っているので、転職活動にエージェントを利用したいと思ったらまず登録しておいて損はありません。

なお、登録後は自分専用のページ(Personal Desktop)が作成され、常に新着情報を確認できます。独自にヒアリングして入手した情報も掲載されており、社風や選考のポイントなどもしることができます。さらに高い満足度を誇る面接セミナーも受けられ、転職活動をバックアップしてくれます。

>>リクルートエージェント(人気)

doda

dodaは大手転職サイトで知られる転職エージェントです。非公開求人が全国にわたって用意されているなど情報が充実しており、幅広い職種の人が自分に合った仕事を探すことができます。

エージェントサービスのスタッフはおすすめの求人を紹介する「採用プロジェクト担当」と書類作成など転職活動をサポートする「キャリアアドバイザー」に分かれており、分担制にすることでそれぞれ充実したサービスを受けることができます。

ライフワークバランスを重視したい、未経験の仕事に挑戦したいといった要望を聞いてもらえるので、初めて転職する人にもおすすめです。カウンセリングが実施各地で実施されているのもメリットのひとつです。

>>doda(人気)

パソナキャリア

パソナキャリアは、キャリアが浅い人や未経験の仕事に挑戦したい人に合った転職エージェントです。求人件数の多さは国内でもトップクラスで、取引実績企業には人気の大手企業も数多くあるのが特徴です。

またパソナキャリアは、キャリアコンサルタントのカウンセリングが特に親切であることも評判で、年収を重視して仕事を選びたい、子育てと両立できる仕事が良いといった要望をしっかりと聞いてくれます。

対応地域の幅広さがトップレベルであることも特徴で、ほかの転職エージェントでは求人差見つからない人も、パソナキャリアなら見つかる可能性があります。

さらに、転職するかどうかまだ迷ってい段階の人が登録するケースも多く、転職活動になれていない人のニーズにも応えてくれる転職エージェントといえます。

>>パソナキャリア

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、業界・職種別に専任キャリアカウンセリングがいるのが評判の転職エージェントです。そのため5~10年後を見据えたアドバイスがもらえることにあります。

求人のほとんどが非公開であるのが特徴で、中にはマイナビエージェントのみが保有する独占求人もあります。

職種は営業職やサービス系のほか、クリエイティブ食や建築・医療系まで総合的に扱ってしており、企業も大手上場企業から人気のベンチャー企業まで幅広く扱っています。

登録後は退社の手続きや入社後のキャリアパスの相談にものってもらえるので、始めて転職する30代にもおすすめです。

>>マイナビエージェント(人気)

ブランクのある人又は正社員未経験

転職エージェントは実績・スキルがある人しか利用できないというのは間違いです。中にはブランクがある人や正社員未経験者への求人紹介を得意としている転職エージェントもあります。

こうした転職エージェントは、サポート体制にも定評があります。30代の転職者におすすめするのが、「アイデムスマートエージェント」です。

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは求人媒体を40年以上手がけているAidemによる転職エージェントです。その実績によって25万社以上とのネットワークを持ち、幅広い職種を網羅しています。

合同企業説明会と面接会を実施する「転職フォーラム」は特に人気で、ブランクがある人も自分に合ったをスムーズに仕事を見つけられます。

また、就職セミナーやマナースクール講師を長年にわたり担当しているキャリアカウンセラーもバックアップしてくれるので、正社員未経験の30代にもおすすめです。

>>アイデムスマートエージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、営業職やITエンジニア系の求人が主に充実している転職エージェントです。

運営しているのは、転職サイト「@type」などで知られるキャリアデザインセンター社。転職後に年収がアップした人と回答する人の割合の高さは、数ある転職エージェントの中でもトップクラスで、高い顧客満足度を誇ります。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポートも好評で、キャリアプランの相談や自己PRのアドバイスのほか、年収などの相談を企業に代わってしてくれます。

ただし対応地域に偏りが出ることがあるので、自分の地域の求人が充実しているかあらかじめ調べてから登録すると良いでしょう。

>>type転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートを母体とした国内最大手の転職エージェントです。もちろん公開求人・非公開求人の保有数は国内トップレベルで、定番の営業職や事務職のほか、物流関連・医療・調理師・介護士といった幅広い職種を網羅しています。

また、業界や規模をを問わずさまざまな企業を取り扱っているので、転職活動にエージェントを利用したいと思ったらまず登録しておいて損はありません。

なお、登録後は自分専用のページ(Personal Desktop)が作成され、常に新着情報を確認できます。独自にヒアリングして入手した情報も掲載されており、社風や選考のポイントなどもしることができます。さらに高い満足度を誇る面接セミナーも受けられ、転職活動をバックアップしてくれます。

>>リクルートエージェント(人気)

マネジメント経験なし

マネジメント経験がなく、まだキャリアが浅いという人に適した転職エージェントは、「type転職エージェント」と「ワークポート」です。手厚いサポートのほか、収入アップや未経験歓迎の求人の多さなどが30代の転職者に支持されています。

type転職エージェント

type転職エージェントは、営業職やITエンジニア系の求人が主に充実している転職エージェントです。

運営しているのは、転職サイト「@type」などで知られるキャリアデザインセンター社。転職後に年収がアップした人と回答する人の割合の高さは、数ある転職エージェントの中でもトップクラスで、高い顧客満足度を誇ります。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポートも好評で、キャリアプランの相談や自己PRのアドバイスのほか、年収などの相談を企業に代わってしてくれます。

ただし対応地域に偏りが出ることがあるので、自分の地域の求人が充実しているかあらかじめ調べてから登録すると良いでしょう。

>>type転職エージェント

ワークポート

ワークポートはIT系のサービスを展開していた実績から、IT系企業の求人を得意としている転職エージェントです。

もうひとつワークポートの特徴といえるのが、未経験者歓迎の求人が充実していること。「こんな仕事に挑戦したい」「こんな働き方をしたい」といった要望に応え、それぞれに適した企業を選んでくれます。

求人のほとんどは非公開求人であり、中には販売系などIT関連以外のものもあります。そのため、新しい分野の仕事に挑戦したい人は、ひとまず登録しておいても損はありません。

ワークポートで転職をサポートする人は「転職コンシェルジュ」と呼ばれ、おもてなしのように丁寧な対応をしてくれます。時間がない、書類作成が面倒くさいといった場合も優しくサポートしてもらえますよ。

>>WORKPORT

マネジメント経験あり

マネジメント経験がある人は、その実績を活かして高収入の求人が集まっている転職エージェントを活用しましょう。非公開求人も充実していますよ。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系・グローバル企業やハイクラス層への転職を得意とする転職エージェントです。

高収入求人が充実しており、年収800万円以上の求人が主体となっているのが特徴。キャリアコンサルタントは業界・職種別に専任制となっており、ハイレベルなアドバイスをもらうことができます。

応募する職種に対してある程度スキルを積んでいる人であれば、高収入な良質求人を案内してもらえますが、未経験の仕事への応募は難しい傾向でしょう。

>>JACリクルートメント(人気)

ビズリーチ

ビズリーチは、年収600万円以上で管理職や専門職といったハイクラス層を対象とした転職エージェントです。求人数は比較的多く、ときには海外からの求人が取り扱われることもあります。

ビズリーチ最大の特徴は、登録が無料と有料のプランに分かれていることです。無料登録のみではスカウトを受けることができても、応募はできません。有料会員になると、非公開求人を含む求人への応募や返信といったすべてのサービスが使えるようになります。

求められるのは即戦力という傾向が強いので、今の職種でワンランクアップさせたい人には特に向いています。

>>ビズリーチ

女性の場合

転職エージェントの中には、女性に人気の職種を集めたところもあります。こういった転職エージェントは出産・育児も視野に入れ、好待遇な求人が多いのも特徴的。30代女性におすすめする転職エージェントは、「パソナキャリア」と「リブズキャリア」です。

パソナキャリア

パソナキャリアは業界最大クラスの求人件数、取引実績数、そして収入アップ率を誇る転職エージェント。

母体は女性活躍推進を打ち出しているパソナグループであることもあり、特に女性に対するサポートが手厚いと評判です。

女性ならではのキャリアに関する悩みを相談しやすいので、初めて転職する人にもおすすめです。

>>パソナキャリア

リブズキャリア

リブズキャリアは、女性のライフステージに合わせた働き方をサポートすることをコンセプトにした転職エージェント。そのため、育児サポートや保育園の最寄駅に帰りたい時間など女性向けの視点で求人を探すことができるのが特徴です。

また、応募企業の従業員・管理職の女性比率、育休取得率を知ることができます。転職後のロールモデルも教えてもらえるので、自分の将来像を描きやすいのも嬉しいポイントです。

>>リブズキャリア

転職エージェントで転職を成功させるための注意点は?

転職エージェントを利用し、効率的に転職を成功させようと思ったらいくつかポイントがあります。どの転職エージェントに登録した場合も役立つ情報なので、ぜひ知っておきましょう。

同レベルの20代と比較されないようにする

未経験の分野に挑戦する、ブランクがある、正社員歴がない・短いといった場合は、30代であっても20代のスキルと大差ない場合があります。

そういった30代が20代に人気の職種や企業ばかりを選んでいると、なかなか採用されません。同じくらいのスキルしかないのであれば、若い方を採用するのが転職の現状です。

意識して20代に人気の求人は避け、20代と比較されないようにしましょう。不安な場合は、キャリアカウンセラーに応募したい企業の年代傾向を確認したり、希望職種で20代の応募者が少ない企業を紹介してもらったりすると良いでしょう。

過去のスキル・実績を積極的にアピールする

転職する上で欠かせないのが、スキル・実績の棚卸です。自分で自分の強みを分かっていなければ、キャリアカウンセラーはあなたの良さを引き出すことができません。

応募先の業界・職種についてどれくらい知っているのか、これまでどんな仕事に携わってきたのか、些細な事でも振り返ってみましょう。

未経験の分野に挑戦する場合は、業界知識や専門分野のスキルは持っておらず、場合によっては20代のスキルにも劣ることがあります。そんな場合はこれまで培ったスキルで応募先でも使えるものはないか、見直してみましょう。これが業界や企業の研究にもつながります。

そしてスキル・実績の棚卸をしたら、積極的にキャリアカウンセラーに伝えてください。積極性が本気度の高さとみなされ、良い求人があったときに優先して紹介してもらえます。

在職中に転職活動をする

今すぐ会社を辞めたい、転職活動に集中したいという人もいるかと思いますが、転職活動は在職中に行うのが鉄則です。

会社を辞めて収入を断つことは、経済的にも精神的にも大きなダメージを与えます。30代ならなおさらです。

余裕がない状態で転職活動をすると、自分に合った求人を見誤って転職が失敗する可能性もあります。収入を断たず、ゆとりをもって転職活動を始めましょう。書類作成や面接に集中する期間を一時的に設けたいという場合は、有給休暇を活用すると良いですよ。

30代前半と30代後半の転職事情

冒頭で紹介した厚生労働省による30代の転職入職率をご覧いただくと分かる通り、30代の前半と後半で転職入職率が大きく変わることはありません。30代前半だから転職に有利、30代後半は一気に転職が厳しくなるといった傾向はないと考えられます。

しかし30代前半と後半では、転職市場で立場が違うということは忘れてはいけません。

30代前半は、まだ20代と同じようにポテンシャルや将来性も重視してもらえます。そのため未経験の分野に挑戦しやすく、業界に関するスキルはなくても他の長所で補えれば採用される確率は高いでしょう。

一方で30代後半になると、即戦力を求められる傾向が強くなります。

ポテンシャルや将来性を全く評価に入れないとは言いませんが、30代前半の人と比べるとそれほど重視されないのが現状です。そのため未経験の分野に挑戦するのは難しくなりますし、キャリアを1から築こうを思ったら社会人としての自分の強味をより積極的に見せる必要があります。

また未経験の分野に挑戦したら収入が減ることもあるので、そういった面での覚悟も必要です。

こうした立場の違いを理解していないと、分不相応な求人ばかり応募して不採用が続くといった結果になることがあります。

>>34歳~36歳の転職を成功させるポイント!30代半ばの転職は難しいの?

30代女性の転職は難しいの?

冒頭でも触れたとおり、厚生労働省の調査では30代女性の転職は活発になってきております。30代だからといって、転職できない・正社員になりにくいということはありません。

ただし、男女関係なく30代後半になると即戦力が求められるといった傾向は変わらないことを理解しておきましょう。

そして、30代女性の転職でキーとなるのは出産・育児育児ではないでしょうか。確かに一部では、まだ出産・育児を機に退職するのではと‥いう目で30代女性を見る傾向は残っていることは事実です。

だからこそ女性は、求人情報で育児サポートが整っているかという条件をしっかり確認することが大切です。また、すでに子どもがいる女性の場合は、子どもの年齢や送り迎えの有無などを事前に伝えておくことで採用されやすくなります。

>>30代の子持ち女性が正社員に転職するのは難しいの?転職を成功させる方法